本当に定着するのかな?

2016.12.13.Tue.17:51
新聞でもWebでも”プレミアムフライデー”の記事を今日は見かけたのですが…
プレミアムフライデーの実施を歓迎しますか?』マイナビニュース

何でかな?と思っていたのですが、実施方針と統一ロゴマークが決定されたとの発表が昨日あったのですね…
目標としているトコロについては基本的に賛成なのですが、その手段として”プレミアムフライデー”というのはちょっと違うのではなのかなぁ…と個人的には感じています。

例えば…
1)日時の設定:月末の週末なんて、企業の商業活動では一番の繁忙日なのに、敢えてそこにぶつけてくるのはどうなのか。
2)対象者の問題1:月~金勤務のサラリーマンが対象者なのでしょうが、今は「土日が休日」といえる職種も減ってきており、一律に金曜日を早帰り日とするのはどうなのか
3)対象者の問題2:早帰りしたサラリーマンによる消費拡大を期待しているが、結局その受け皿となる業種(サービス業の店員など)はその時間が勤務時間になり、しかもその日は繁忙日となって超過勤務になる可能性も高い
4)格差拡大:そもそもこの制度を導入できるのは余力のある大企業や公務員のみではないのか
他にもまだまだいくらでも考え付きそうなのですが…

政策として示す以上、解りやすくしたかったのは理解できるのですが、一律に日時を指定するのではなく、月内総労働時間にCapを付けるとか、日時は会社ごとの裁量に任せたうえで早帰り日の設定を義務化するなど、他にもやり方は色々あると思うのですけどねぇ(^^A
数か月後から開始予定なこの制度、これからどの程度定着していくのか、ちょっと見物だなぁ…


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する