価格高騰に絶句

2016.12.19.Mon.20:51
ここのところ、新たな賃貸用建物を建設するため、プランを練る仕事をしてきていました。3年前にも1棟新築し、更に来春に1棟着工予定だったのですが…

設計事務所に依頼して新築計画を立案し始めたのがちょうど1年前の今頃。何度かプランを練り直しつつ基本設計が終了したのが今夏で、先月にようやく実施設計も終了しました。そこで前回も建設を依頼している地元の建設業者に見積を依頼していたのですが、出てきた回答(見積)の金額を見て吃驚。なんと、当方が想定していた金額の1.5倍デシタヨ…

3年前に新築した際の坪単価をベースに計画を練っていましたし、今回の計画案件の方が”省コスト”になるような仕掛けもいくつか入れておいたので、今回の金額については全くの想定外。というか、実際にそんなコストを掛けてしまったら、投資案件としては全くペイしない水準です。かといって、建設業者とは数十年の取引実績があるので、彼らが不当なことをしているとも思えません。

東京五輪の影響もあって、資材含めたコストが全部上がっている…という話なのですが、ちょっと異常な水準だなぁと思った次第。東京はさておきながらも、地方景気は停滞が続いている状況なのに、建設工事の単価がバブル期並みになっていたので、何とも複雑な気分デスネ。
これで計画自体もゼロベースからの見直しが必至。う~ん…


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する