FC2ブログ

省略仕様に割り切り

2019.02.23.Sat.20:25
割り切った仕様ながら、これが正解ではと思える新製品が発売に。
RTコアを省略したTuring世代のミドルレンジ、NVIDIA「GeForce GTX 1660 Ti」解禁』hermitage akihabara
レイトレ非対応だけど本命のGPU? 「GeForce GTX 1660 Ti」が登場』IT Media
NVIDIA、279ドルからのTuring GPU「GeForce GTX 1660 Ti」』PC Watch

NVIDIAの現行(Turing)世代GPUではレイトレーシング機能が”売り”でしたが、そもそもレイトレはマシンパワーを喰うので最上位であるRTX2080クラスで「なんとか」というレベル。ミドルローなRTX2060では非実用的な印象でしたから、「どうせOff設定なら省略して」というのもある意味政界ではなかろうかと。事実、レイトレ切った状態でGTX1070並みらしいですから…

3万円台という価格帯も中々戦略的な感じ。性能的にはVega56がいい勝負になりそうですが、Vega56は(時折入る処分セール特価)を除けば5~6万円台と高止まりしたままですからねぇ。北森瓦版さんの記事によれば「対抗値下げ」があるかもしれないようですが、①高価なHBM2を搭載しているのにそこまで値下げできるのか、②下位のRX590/580が3万円台に控えているので玉突き値下げが必至…などを勘案するとAMDもGPU分野は苦戦が続きそうな予感。

そもそも…ですが、AMDはPolaris(RX5*0)を引っ張りすぎですし、Vegaは出荷(流通)量が少なすぎたからこういう事態に至っている訳で、何ともなぁ…と。当面の間ハイエンドはVIIで凌ぐとして、RX5*0系の後継にNaviを早期投入して商品力をUpさせないとシェアは細るばかりでしょう。Vega56を購入したばかりの私としては少しばかり残念な気持ちになってしまいますが、ある程度は織り込み済みだったので仕方がないですね(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ
スポンサーサイト

写「真」

2019.02.22.Fri.21:32
読んで、その内容に共感したというか首肯した記事。
カメラの掟』PC Watch

・数年ぶりにコンデジを買換え
・スマホとの無線連携機能+ファインダーで選択
・ここ数年、コンデジでは「進化」が感じられない

…的な内容。
ファインダー(EVF)をバリアングル液晶に置き換えれば、昨秋にコンデジを追加した私としても、ほぼ同感だったというか、思わず首肯してしまった次第。

進化が感じられないのもそのはずで、私が購入したCyber-shotWX500は2015年春の発売ですし、1つ下のWX350は更に1年前の発売。でも、ともにSONYの現行モデルですし、昨秋にWX800/700が発売されるまで新モデルの投入すらありませんでした(高倍率モデル)。スマホのカメラ機能の進化で市場が急速に縮小した結果、開発投資を回収するためにもモデル寿命を長期化せざるを得ないといった経営側の裏事情も透けて見えそうな感じ。

ここ数年は、「NFCなど無線技術によるスマホ連携」と「4K動画機能」という新たな機能に対して試乗でも多少なりニーズがあり買い替え需要も少しは発生したと思いますが、これから数年はどう考えているのですかねぇ。リンク先記事でも触れられているように、スマホと同様に「ソフトウェア」の力で”修正済み”の作られた絵作り機能を強化していくのでしょうか。そうなると、そもそも写「真」とな何なのか、といった本質的な議論にも繋がりそうな気もしますが…。
カメラの様な小型精密機械自体に関心がある私としては、今後も定期的に買い替え続けていくと思うので、その行方は気になるところです(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ

日本仕様版の情報が公開に

2019.02.21.Thu.20:48
今春に発売予定な新型RAV4の日本仕様版の情報がトヨタのWebサイトにUpされた由。
トヨタ、新型「RAV4」日本仕様プロトタイプモデルを初公開。2019年春発売予定』Car Watch

2001年からクルーガー2.4L⇒クルーガー3L⇒RX450h⇒NX300とトヨタ(Lexus)製SUVを乗り継いできている私からすると、すこしばかり気になる存在。これまでの車歴からすると格下にはなるものの、「遊び車」としてラフに使いやすい(荒い運転をする訳ではなく、使用場所を選ばないという意味)とも言える訳で…。

北米仕様では全長4595mm、全幅1855mm、全高1700mmというサイズ、従来までの同車のイメージからするとかなり大型化した感があります。でも、現行NXは全長4645mm、全幅1845mm、全高1645mmなのでサイズ感はほぼ同一、私からすると”ジャストサイズ”です。非HVに搭載される2.5LのN.A.エンジンには、北米仕様だと200ps超だとか。かつての2.4L直4(170~180ps)で痛感させられた非力さは、この新しいパワーユニットでどう払拭されるのかも興味があります。
新開発のプラットフォームもこれまで定評のあるTNGAベースですし、それは恐らく次期NXにも採用されるでしょうから余計に…

…ということで、発売になったら昔馴染みのNetz店へと実車の試乗に出かけてみたいです(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ

Ver.Up商法だけど好感

2019.02.20.Wed.21:08
あっぱれ…な対応と思った記事。
ボルボ、「90シリーズ」に先進安全機能を追加するアップグレードソフト発売。9288円から』Car Watch

先進安全機能…名前の通り発売時点では「先進」だったのかもしれませんが、この分野は日進月歩で新しくなるもの。これに対して、自動車は年次改良を考慮しても1年以上のモデルサイクルが普通ですし、購入後10年超利用されることも多い(2次3次利用者含め)ですから、そもそも時間軸が違う訳で…。
どうしたって、購入以降に「先進」が「中進」になり、最終的には「後進」になります。いつかは陳腐化するものではあるのですが、かといってこの機能の為だけに数百万円の再投資(買換え)というのも非現実的。バージョンアップでできるだけ対応していくという方針は、現時点での現実解の1つだと思っているのですが、こういうことを中々やってくれないのですよね>>自動車会社。

そういった意味で、今回のVolvoの対応にはとても好感を持った次第。他社も追随して欲しいと思っていますし、私の乗っているLexusNXでも是非取り入れて欲しいと思っています。そういえば、数年前にトヨタでもTSS-C(廉価版の先進安全機能)に対して、「いずれバージョンアップで歩行者対応する」的な報道を見かけていたものですが、どうなったのか気になるところです。その後、特に音沙汰もなく、いつも間にか第2世代のTSS(PやCの表記が無くなった)へと切り替わりつつあるようですが、既存Cユーザーは結局切り捨てられてしまうのですかねぇ(謎


にほんブログ村 PC家電ブログへ

最初からレスな状態で…

2019.02.19.Tue.20:52
ノートPCなのにCPU交換?と矯味を惹かれた記事。
購入後のCPU交換にも対応した15.6型ノートがiiyamaから、GPUはGeForce GTX 1050 Ti』AKIBA PC Hotline

メモリ 8GB、NVMe M.2 SSD 512GB搭載、GPUはGeForce GTX 1050 Ti(メモリ4GB)…とスペックは中々のモノ。欲を言えばキリがありませんが、税込12.4万円なら上出来な部類かも。でも、重量は約2.3kgらしいのでモバイルには不向きなため、個人的には”対象外”ですね。

通常、基板に直付けするBGAタイプが多いノートPCのCPUは交換不可なのですが、PGAタイプなデスクトップ用を流用とのこと。なるほどなぁと思う反面、熱処理が気になります。熱処理に余裕があるデスクトップ代替(据え置き)型ノートPCですらTDP45WあたりのCPUを採用していることが多いのに、通常型(TDP65W)を採用となるとその排熱処理方法が気になった次第。

しかも…
初期採用がi5-8400となると、その先のアップグレードパスが事実上ない様な(^^A
第8世代CoreシリーズでTDP65Wに収まる格上は8500/8600しかないですし、第9世代では9400のみ。第9世代に対応しているのかすら?ですし、その次以降となるとBIOSのUpdateなどが期待できるのかどうかも?な状況。いずれにせよ、8400からの換装は、費用に見合うだけの性能Upかどうかはかなり微妙でしょう。
それなら、最初からCPUレスな状態で販売して、購入者が別途CPUも用意する形にしておいた方がBetterだったのではないのですかねぇ(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ