物理的なセキュリティ対策

2018.07.06.Fri.21:10
物理的なセキュリティ対策用品、近年は縁遠くなっていたのですが、色々な商品が販売されているのですね…。
LANポートを物理的に塞ぐプラグロック製品、サンワサプライ「SLE-12SN」』Internet Watch

かつての古巣では、セキュリティ対策としてFDDやCD-RドライブがないPCを支給されていました(@2000年代前半です)。確かUSBも制限されていたような記憶がありますが、LANポートにはセキュリティの設定はなかったような…。尤も、社内LANへの接続には何段階かの認証を経る必要があったのでアレですが。

リンク先記事で久しぶりにこういった用品を見たわけですが、LANポートを塞いでも他の空きポートの対策ができなくては、穴を塞ぐ意味が薄れるのでは?
↑そう↑思って販売先のサイトで調べてみたところ、やっぱりそうしたものの対策品も売っているのですね。USBやSDスロットなど、穴を塞ぐ栓は別途用意されているようで、よくできているなぁと。

今の仕事場ではこうしたものからすっかり縁遠くなってしまったのでわかりませんが、やっぱり進化しているのですねぇ…(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ
スポンサーサイト

https化へ向けて

2018.07.04.Wed.21:36
現在、Chromeのシェアは4割前後らしいのですが…
今度のGoogle Chromeはhttpサイトを警告する仕様に、一方で国内主要サイトの4割が常時SSL未対応~あとらす二十一調査
Internet Watch

私も現在メインで使っているWebブラウザはChromeなのですが、そのChrome側の方針でhttps未対応のページが「保護されていない」と表示されるようになるとの由。そういえば、このBlogも未対応のままだったけ…とふと思い出した次第。

昨秋ごろにfc2もhttps対応するとの話を見聞きしたことがあったので、ちょっとググってみました。どうやら「環境設定」画面からSSL設定を有効に変更すればよいだけらしい。「これなら簡単!」と、作業を実行してみたのですが…

確かにURLはhttpsに切り替わったのものの、「鍵」マークは表示されません。どうやら、混在コンテンツがあるようですが、その原因を突き止めるのも中々面倒な作業ですなぁ(苦笑
乗りかかった船なので最後まで突き詰めようかどうしようか…まぁゆっくりやってみますかねぇ(^^A



予算削減か容量Upか

2018.07.03.Tue.20:51
これから組む予定の人にとって朗報な記事。
NANDフラッシュ市場、2018年下半期も価格下落が続く見込み』PC Watch

高騰が続いていたDRAMやビデオカードなども、ここにきてひと段落ついた格好ですが、1~2年前の水準対比では依然として割高なな相場が続いています。そんな中での話なので、NANDフラッシュ相場の下落≒SSD価格の下落ですから、一式組む予定の人にとっては上昇傾向が続く総予算の引き下げが可能になるので朗報でしょう。
といっても、SSDの場合だと「容量単価の下落」が素直に総予算削減につながるのかどうかはアレですが…(苦笑

高速だけど容量単価が高い⇒起動ドライブとして必要最低限の容量にとどめる…的な使い方をされることが多いSSDですが、安くなって予算に余裕ができれば浮いた資金を「容量Up」方向へと使うことも多いのですよね(私含めて…汗)
最初期は80GBから始めた私ですが、128GB⇒256GBと使って今は480GB/512GB製品を使用中です。これを1~2GBクラスまで引き上げられれば、我が家の環境ではもうHDDはいらないかなという感じ。

3D TLCを許容すればいつもの予算内で1GBクラスに手が届くような相場状況になってきたこともあって、私としても非常に悩ましいデスナ(^^A



2世代前の製品を無償提供に…

2018.07.02.Mon.20:44
RAW現像ソフトの定番”SILKYPIX”の旧Ver.が無償提供されるとの報。
RAW現像ソフト「SILKYPIX」旧バージョンが無料でダウンロード可能に』デジカメWatch

Nikon党員な私は、純正の有償ソフトであるNikonCapture⇒CaptureNXと使ってきたのですが、同ソフトの対応OSがサポート切れになったことや、Nikonが後継となる純正の有償ソフトを断念したこともあって、現在は特にコレと決めたソフトがありません。とりあえず…ということで、Nikonが無償提供しているViewNX-iやViewNX-Dを使っているのが現状です。

そんな中での今回の話、ある意味渡りに船ですかね…
現行製品対比で2世代前ですから今更感もありますが、私が使用しているデジイチだってD300という”骨董品”。最新モデルのカメラならば旧世代ソフトではサポート対象外でしょうが、当方のカメラであれば(以下ry

いつかカメラを最新世代に買い換えた時点で使えなくなるでしょうし、本件無償提供期間終了後にPCを入れ替えてしまえば再インストールはできないでしょうから、いずれにしても「期間限定の試用」になることは間違いなさそう。
それでも、純正無償提供ソフトと比較してみるという意味でも、今回の市川ソフトラボラトリーさんの無償キャンペーンは利用させていただこうかなと思っています(^^



繰り上げ必至

2018.06.30.Sat.21:15
無線LAN接続の新しいセキュリティ規格である「WPA3」が発表になった由。
Wi-Fi Alliance、セキュリティを高めた「WPA3」発表』ケータイWatch

現行規格であるWPA2は2004年の策定であり、その脆弱性も昨秋あたりに指摘されてたので、そろそろ後継規格が出るのも納得。一方で、恐らく無線LANルーター/アクセスポイントは買換えが必至でしょうから、私含めここ最近で無線LANルーターの買換えや新規導入をした人にとっては複雑な気分でしょうな(苦笑

規格が策定されたことで、親機側/子機側ともにこれから対応機が普及しはじめるはずですが、年内から搭載製品が出回りますかねぇ。我が家の場合、Wi-Fiを色々な機器で利用していますが、子機に限ればスマホは早ければ1年後に、ノートPCはあと2~3年後あたりに買い換えるつもり。
一方、親機(ルーター)側はNEC製の現行品なので、保守期限は完売から7年のはず。あと5年以上は無線LANルーターを使い続ける心算でいたので、困ったなぁというのが正直なところ。しばらくは普及の度合いを様子見をしますが、買換え期は繰り上げせざるを得ないでしょう。

NEC製ルーターも、先日発表になった最新のモデルからIPv6対応の新世代へと切替わりが始っています。WPA3対応を待ちつつ、2~3年後あたりにでもと考えておいた方がいいのかな(^^A