新規参入機は割高なスタート?

2018.07.16.Mon.20:22
数日前のエントリの続き。
Nikon1シリーズと入れ替わる様にフルサイズミラーレス機をNikonが投入するという噂がかねてよりありましたが、某所でさらに詳細な噂がUpされていました。

内容としては…
・今月下旬に2機種発表⇒8~9月に発売
・45MP/50万円と24MP/30万円のフルサイズミラーレス
・メモリカードはXQDとCF Express
・ボディ内手振れ補正採用で9コマ/秒の連写性能
・標準キットレンズは24-70mm/f4
・24mm/35mm/50mmのレンズとFマウント用アダプタも発売
…etc

スペック的にはかなり魅力的な反面、価格帯はかなり高いデスナ。以前より「ミドルハイ~ハイエンドな機種からスタート」という噂がありましたが、それを裏付けるかのような内容です。
使い慣れたNikon機である…というメリットはあるものの、スペック的に似たα7IIIが約10万円位安価であることを勘案すると厳しい勝負になりそうな予感。開発費用の早期回収を目論んでいるのかもしれないですし、レフ機とのバランスの問題などもあるのでしょうが、「他社との比較、相場感」というのもかなり重要なファクターだと思うのですけどねぇ(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ

抜本的な改正には程遠い…

2018.07.15.Sun.17:38
今朝の新聞で携帯電話の「2年縛り」が是正されるとの記事を読みました。

…が、よくよく読んでみると、
1)現状、更新月(期間)は2ヶ月だが、これを3ヶ月にする
  (当該月の前後1ヶ月とする)
2)ドコモの案ではあるがauやSBも同じ方向性で検討
…という内容。

総務省側が今年度中にと「2年縛り」の是正を求めてきていることに対しての回答が、「根本的な廃止」ではなく「一部条件緩和」に留まるのみ。これを「是正」と呼べるのかどうかは正直微妙デスネ。
一方で、au/SBが積極的に導入している4年縛りに対する回答はまだなく、こちらの方向性も気がかりではあります。

料金プランも複雑すぎますし、本体代金の割賦金や毎月割引などの各種割引などが絡まってくるので、現状の料金体系自体が分かりにくいものになっています。このあたりをシンプルにさせ、正常に価格競争が働くような環境にさせる方策を総務省側もしっかりと指導して欲しいところです。


にほんブログ村 PC家電ブログへ

ディスクブレーキの現状…

2018.07.14.Sat.20:54
(ロードバイクにおける)ディスクブレーキをとりまく現在の状況を確認出来た記事。
「解禁されるも、まとまらない」 ディスクブレーキを取り巻くプロトンとサポート体制の現況』cyclowired.jp

自分でロードバイクを運転するものの、ロードレースにはほとんど興味がないこともあって、レースをTVで見ることもほぼない私。尤も、視聴率の関係もあってか、TV中継する番組自体も(特に地上波では)少なくはありますが…
一方で、ここのところ発表が続く2019年モデルではディスクブレーキモデルが相次いでいますし、UCIのレギュレーションが変わってディスクブレーキが解禁になったということぐらいは私でも記事で読んで知っていました。

そんなこんなな状況なので、ってっきりレースの世界では全面的に各チームでディスクブレーキ採用へと舵を切ったのかとばかり想像していました。リンク先記事を読んで、各チームで結構ばらつきがあるのだと初めて知った次第です(汗
ディスクブレーキの普及はMTBの方がずっと先行していることもあって、悪路/悪条件こそディスクブレーキだと思い込んでいたのですが、「ホイール交換を考えると…」という視点も自分には抜け落ちていました。

スルーアクスルやローターの径の違い等、結局のところ規格としても統一しきれていない部分があるのですよね。個人的にも、「興味はあるものの、まだ手が出せない」ということを再確認した次第デス(尤も、予算の問題の方が大きいのですが…)(苦笑


にほんブログ村 PC家電ブログへ

Nikon1シリーズが終了に

2018.07.13.Fri.21:25
商品である以上、売れないもの(シリーズ)は淘汰されるのが必然ではありますが…
ニコンがひっそりとNikon 1シリーズの販売を終了。フルサイズミラーレス機投入への布石か?』engadget

本体は2015年4月発売のJ5が最後、交換レンズは(色違いの追加を除けば)更にそこから約1年遡るVR 10-30mm f/3.5-5.6が最後のはず。つまり、ここ3~4年はシステムとして無更新な状態が続いていた状況でしたし、Nikonもフルサーズミラーレスを投入との報もありましたから、ある程度「想定内」でした。
軽量コンパクトを第1希望に考える私としても、本来であれば本シリーズは選択肢にあがるはずなのですが、「いずれフルサイズが出ると…」ということをDXで経験してきている以上、候補から早々に外していましたし…

レンズのマウントが異なるのでDX/FXレンズをCX(Nikon1)用にそのまま流用することはできませんし、アダプタを介して使うなら他社製でも良い訳ですから、小さなフォーマットを採用するNikon1シリーズはどうしても他社との競合で劣後するはず。だからせめてDXと同等のAPS-Cでミラーレスに参入すればよかったと思うのですが、既存DXとの喰いあいを恐れたのでしょうかねぇ…

その点、APS-Cサイズでミラーレスに参入したSONYは現在のラインナップも充実していますし、恐らくシェアも…。Nikon1で採用している1型センサーを使ったコンデジRXシリーズも(下手をすればNikon1より高価なのに)高い人気を誇っています。どこで歯車が狂ってしまったのですかねぇ…


にほんブログ村 PC家電ブログへ

お咎めなしなのか?

2018.07.12.Thu.20:27
Appleの独禁法違反容疑についての記事。
Appleに独禁法違反の疑い、審査中にキャリアとの契約改定で調査は終了』ケータイWatch

上記リンク先以外にも各所で同内容の記事が昨日/今日とUpされているようです。
個人的にもいくつかの記事を読んでみたのですが、何処を読んでも釈然としない気持ちになるのですよねぇ…
今回の公取からの発表で、Appleが独禁法違反の容疑をかけられて調査されていたことがわかったのですが、既に一昨年の秋からのこと。随分時間がかかっての発表ということも含めて違和感があるのです。

いくつかの論点に基づいて容疑をかけているのですが、要するに今回はお咎めなしという着地。その理由が「既に是正されたから」という様に読み取れるのですが、一時期違反を犯していたのであればその期間対応で罰則を与えるというのが「筋」ではないのかと。是正するまでの時間をかなり長く与えておいて、「もう是正したから…」ということが許されるのであれば、「やったもん勝ち」になるのでは?
かなり以前から噂されていた内容なのに調査に入るのが遅すぎたというところも引っかかります。

元々林檎社と同社製品が好きではないですし、iPhoneの販売手法に疑問を持っていたので、余計に強く感じた次第。


にほんブログ村 PC家電ブログへ