FC2ブログ

世代は変わっても…

2021.04.14.Wed.20:59
Zen3ベースの新型APUが発表になったそうです。
AMD、Zen3ベースのAPU「Ryzen 5000G」シリーズの情報を公開』ASCII.jp

Zen3ベースなのでCPU部分の能力については優秀なはずですが、GPU部分は相変わらずVegaベースのままと噂されています。無論、Vegaベースだとしても他社製内蔵GPUよりは高性能なのでしょうが、既にdGPUでは次の次であるNavi2に移行しつつあるので、せめてNaviベースにして欲しかったよなぁ・・・と。

ここで敢えてVegaにしたのはコスト面を意識してという理由付けであればある意味納得できる部分もあるのですが、そもそも一般小売をしない(基本的にOEM向けのみ)のであれば何とも。Zen2コアな4000シリーズ同様に「バルク品」で少量流通してくれるのかもしれませんが、消費者としてはキチンとBOX品(正規品)で売って欲しいよなぁと思います(バルク品と正規品の価格差なんて微々たるものなのに、保証内容他では差が付きますからねぇ…)

APU希望≒dGPU分を安くしたい≒コスト重視…という発想だと恐らくシリーズ最安となるRyzen 3 5300Gあたりが狙い目でしょうが、これとて4C/8TあるのでCPUの能力的には困らなそう。でも、動作させるためには500シリーズのチップセット搭載M/Bを用意する必要があるので、結局コスト高なのはイタイところ。入手性の問題もありますが、GPU内蔵型だとやっぱりIntelにしておくのがいいのかもしれないなぁと感じた次第です。


にほんブログ村 PC家電ブログへ
スポンサーサイト



信義則

2021.04.10.Sat.18:50
NEC製無線ルーターの脆弱性に関する記事。
NEC製Wi-Fiルーター「Aterm」シリーズに複数の脆弱性報告』ケータイWatch

自宅や仕事場で同社製無線ルーターを3台使用中なので記事を読んでみましたが、今回は個人的には対象外デシタ。(2600HP2/同HP3を使用中)

今回対象となっているモデルは17機種ありますが、これらのうち「アップデートの提供予定が無い」と切り捨てられたのは7機種。そのうち5機種は2012~2014年発売とかなり古いモノなので、サポート終了となるのもまぁ首肯できます。残る2機種は2015年発売なので、同社が以前から提示している「完売から7年が経過した製品を「サポート終了」とする」方針とは微妙に抵触している様な(^^A

2015年発売の2機種も今となっては性能的に?ですし、稼働年数を考えるとそろそろ引退させてもいい時期だと個人的には思っています。とはいえ、一応公式にサポート期限を提示している以上、それより早くサポートを一方的に打ち切るのも、どうなのですかねぇ…。
稼働期間や残年数(残月数)などからやむなしという判断も無論あり得ますし、販売単価とサポート費用の関係、若しくは技術的/仕様的に不可能な場合もあり得ますが、一応「サポート期限前だけどどうしても対応ができなくてゴメンね」的な仁義の切り方はして欲しかったなぁというのが率直な感想です。


にほんブログ村 PC家電ブログへ

お前もか…

2021.04.06.Tue.21:45
Zen3系CPUの脆弱性に関する記事が海外サイトで取り上げられている様です。
tom'sHARDWAREEXTREAM TECHTECHSPOTなど

Zen3で実装されたPSF機能に関する脆弱性なので、Zen2以前の世代に関しては対象外な模様。
3800Xな私はとりあえず一安心といったところですが、AMDがメジャーに、そして高性能になればなるほど(従前のIntel同様に)こういうリスクは高まるのでしょうなぁ(^^A

①投機実行関連の脆弱性を塞ぐ⇒性能Downという流れはIntel製CPUでの対応から類推できるのですが、今回のZen3でもそうした対応になるのか
②性能Downが生じる場合、どの程度のものになるのか
③Intel陣営ではどうなのか
④Intelの最新世代対比での性能比較はどうなるのか
⑤BIOS更新で対応する場合、その提供時期はいつ頃なのか
…あたりは気になるところです。

暫くすると続報やら、検証記事やらが出回るはずなので、ある程度情報が見極められてからZen3への載せ替えを検討しようかと思っています。
(昨年1月に3800Xを調達しているので今夏以降であればまぁいいかなと思いますし、チップセットがX570なのでZen3系を問題なく載せられる点でも…)


にほんブログ村 PC家電ブログへ

出藍

2021.04.05.Mon.20:43
国内M/B市場でのトップシェアメーカーが交代した由。
ASRockがASUSを逆転。国内マザボ市場で約10年ぶりの首位交代』PC Watch

元々はASUSからのスピンアウトだったASRock、当初は所謂”変態”M/Bのベンダーとして認識していました。
チップセットの仕様上ではサポートされていない機能を(無理やり)実装させていたところ等から”変態”と呼ばれていましたが、裏を返せばそれだけ技術力があるということ。近年ではすっかりマトモなメーカーになった感があります。

同社製品だとSteel LegendやTaichiが有名ですが、個人的にはスタンダードなProシリーズばかり購入していました。仕事場用PCなどでは過剰な装備は不要で、必要最低限のスペックを備えつつコスパがいいものをという観点で選ぶと、同社のProシリーズがちょうど良かったのですよねぇ(^^A

ASUSは割高、GIGABYTEはBIOS更新が遅い…と消去法でもASRockかなぁと思いつつ、最近はMSIもコスパが優秀で結構頑張っている印象。個人的には、次に買う場合もこの2社かなぁ(^^


にほんブログ村 PC家電ブログへ

売るに売れない…

2021.04.03.Sat.21:08
旧x3世代GPUにかなり高値がついている様です。
価格は昨年の2.5倍以上!玄人志向のRadeon RX 580が驚きの49,800円』AKIBA PC Hotline

RX580懐かしい…というか、実はまだ使ってます(苦笑
流石にゲーム用途ではなく、内蔵GPUがないZen2で組んだ仕事場用PCの画像出力用ですが…
2017/秋に約3.8万円で購入し、時期的にそろそろ買い換えたいのはヤマヤマなのですが、買い替え対象となるようなビデオカードが(まともな価格では)入手できず、そのままになっている次第。
っていうか、今コレ壊れたらどうしよう((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

リンク先記事での製品は昨年6月の発売だそうですが、その時期でもまだ「新」製品としてPolarisを扱っていたんだ?!というのが率直な感想です。何しろ2~3世代も前の製品ですから。
Polarisはマイニング性能が高くて当時は人気だった記憶がありますが、それは今の世代の他の製品と比較してもどの程度なのですかねぇ。まぁ、現行世代が軒並み大台超えみたいな価格帯に推移していることを勘案すると、コスパとしてはマシなのかもしれませんが。

RX580の新品がこの価格!!→中古の買取価格も上がるかも?!→手持ちのRX580も売りたい…となるのですが、手持ちに他のビデオカードがないので売るに売れないのが辛いところ。う~ん(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ