FC2ブログ

直管も…ですか。

2021.01.07.Thu.20:59
管理物件の外灯の調子がおかしくなったので、馴染みの電気屋さんに相談しました。⇒本件はグローランプの交換で何とかなるのでは?ということになったのですが、一方でまた頭を悩ませる問題が(^^A
その店ではついに20W直管蛍光灯の在庫がなくなったとの由。問屋経由では入手ができなくなったそうで、要するにメーカーが国内向けには作っていないとのこと。

量販店では買えるけど? と問うと、入手ルートが異なっているのではとの回答。いずれにせよ、もうじき電球型蛍光灯で起きたことと同じような感じに直管型もなるのではないのかということでした。
今後は「直管型の仕入れができない=当社での外灯蛍光管交換なども請負えない」とのことで、困ったなぁ…と。直管型、40Wをたくさん仕事場の照明器具でも使っているのですよね。

外灯は高所作業を含むため外注せざるを得ないので、業者が薦めるようにLED照明器具への切り替えも考える必要がありそうです(結構数があるんだよなぁ>>蛍光灯器具)。一方で、仕事場用は自分で交換しているので、蛍光灯の在庫を積み上げておけばまだなんとか凌げるかも。ちょうどストックも1本しかなくなったので、そろそろ(最後の)纏め買いをしておこうかな。


にほんブログ村 PC家電ブログへ
スポンサーサイト



産みの苦しみ

2020.10.20.Tue.21:25
今年は大規模イベントが軒並み中止になっていますが、こちらはonlineで開催する模様。
「CEATEC 2020 ONLINE」が大混雑、アクセス集中で一時入場制限も』Internet Watch

CEATEC、懐かしいなぁ。前職の頃、担当先で電気や機械関係の会社(上場~中堅~小規模まで)がいくつもあったので、出展企業から毎年「ご招待」されていたのですよね。同じ会場で一堂に展示されているので、当方としても挨拶回りが1回で済みました(^^
当時は出展企業の人から「エレショー」と教えられていたのですが、私が行き始めたころにちょうどCEATECへと名称変更された記憶があります。エレショーも初めて聞いたときは何のことだかわからなかったのですが、”エレクトロニクスショー”の略だと教わりました(汗

withコロナの関係でこうしたイベントは中止となるケースが多いのですが、流石に出店企業の分野が分野だけに、オンライン開催というのも首肯できます。製品を手に取ることはできませんが、一方で幕張まで出かける手間が省けるのはメリットでしょう。もしかすると、こういうスタイルの方が、これからの時代には即しているのかもと思ってみたり。

今回はオンライン開催としては初回でしょうから、受け入れ側でのトラブルが発生しているようですが、これは「産みの苦しみ」なのかもしれないなぁと感じた次第です。


にほんブログ村 PC家電ブログへ

3rdParty製で復活

2020.10.07.Wed.22:22
来春、nasneが他社製品として復活するとの報。
「nasne」'21年春復活、バッファロー継承。PS5ロンチ時torneアプリは非対応』AV Watch

個人的には使用した経験がないものの、使用者からは強い支持があったnasne。昨年に終了が発表された際には、Web上でも結構反響があったように記憶しています。それだけに…なのでしょうが、3rdPartyが製品を受け継ぐなんていう解決策がでてくるのですね(^^
市場にまだニーズがあると見て手を挙げたBuffaloも大したものですが、自社で終了と判断したものに対して他社で復活させることを承諾したSIEもまた(以下ry

”torneオンラインサービスおよびtorneアプリケーションはPS5ロンチ時は非対応”という点について…
これまで「nasneは終了」という判断を下していた訳ですから、PS5で非対応なのは整合性が取れています。一方で、他社製とはいえ復活を公式に認めている訳なので、将来的に対応させてくるというのも当然あるべき流れでしょう。そのあたりで、「ロンチ時は非対応という表現になっているのでしょうなぁ。

現状、我が家での導入予定はありませんが、ゲーマーな長女が1人暮らしを予定しており、家電製品もこれから買い集め始める予定です。PS3/4を使い、PS5も購入予定ですから、もしかしたらそちらではnasneを使うことになるのかも(^^


にほんブログ村 PC家電ブログへ

対象外だった件

2020.09.29.Tue.20:21
ビエラ&ディーガの気になる記事。
パナソニック、4Kビエラ&ディーガ購入で最大70,000円キャッシュバック』AV Watch

我が家にもビエラ&ディーガの組み合わせが2セットあるので、つい気になって記事を読んでしまった次第。
リビングに設置しているのはプラズマTVとWチューナーレコの組み合わせですが、各々2010年の購入品なのでもう10年選手になりました。寝室にも液晶TVとシングルチューナーレコの組み合わせで設置していますが、こちらも2014年と2012年の組み合わせなので長期保証はもう切れてしまっています。

今回、リビングに設置している方がプラズマTVなため、買換え特典で旨味が大きそうです。でも購入対象機種がちょっとなぁ…。
有機ELは確かにキレイですし、画質的にもプラズマの代替にちょうど適しているらしいのですが、パネル寿命や焼き付き、消費電力といった面でも「悪い意味で」プラズマTVの特徴を受け継いでいるのですよね。次に買うなら液晶モデルを考えていましたが、対象となるHX950は55型と65型しか用意されていないので、50型前後を考えている私としてはちょっと対象外orz

そうそう上手くはいかないものですね(苦笑


にほんブログ村 PC家電ブログへ

抽選予約の受付開始

2020.09.18.Fri.20:52
昨日はSONYの新製品発表がいくつかありましたが…
プレイステーション 5、ついに予約受付開始!今世代は店舗受付なし、オンラインでの抽選予約が基本に』GAME Watch

Xperia 5IIの発表と被りましたが、注目度は断然↑こちら↑が上でしょう(^^
価格がいくらになるのかが注目ポイントだったのですが、ある意味予想通りでもあり、サプライズでもあり…

これまでのPSシリーズの価格帯からすると、初代と「2」が約4万、「3」はHDDの容量違いで約6万と約5万、「4」は約4万円というのがスタート時の設定だったので、そのラインに概ね沿う感じですから「予想通り」という判断ができます。

一方で、H/Wのスペックから見ると、CPUはZen 2コアの8C/16TでMax3.5GHzとされていますからRyzen7 3700Xとほぼ近似(正確には動作クロックが若干下回りますが…)。3700Xの価格は約4万円で流通していますが、スペックダウン分を考慮しても市価3万円以上はしそうです(実際には低TDP仕様なのでしょうから、もっと高いはず)。また、GPUは最新のRDNA2なのでまだ市販されていませんが、能力的には現行Radeonだと市価約5万円前後なRX5700XTに近いはず。新世代なので一段安くなったとしても3~4万円はしそうです。SSDにしても仕様上はかなり高速なカスタム品なので、1TB未満であることを勘案しても市価で約2万円はするはずです。システムメモリは一般的なDDR4ではなくGDDR6というGPU用の超高速メモリなので、もう価格は?です。コスト積み上げ方式で行くと、これはもう完全にバーゲンプライスというしかないような(^^A
仕様だけ見ていると、年初に組んだ自宅のメインPCにかなり近い感じですが、価格を見比べるとため息が出る感じです(苦笑

PS3以降では記憶に残っているのですが、いつも本体の最初の販売価格は「赤字覚悟」だったような。ハードの赤字をソフトからの収益で補填しつつ、徐々に各種部品の調達コストの減少や生産設備の償却が進むのを待つスタイルを継承しているのでしょう。
今回の発表で割安感は大いに感じましたが、個人的にはゲーマーはほぼ卒業してしまった感があるので、調達は現役である娘に託そうかと思っています。長女は光学ドライブ付きのモデルに応募しようか大いに悩んでいたので、そっと背中を押してみるつもり(^^


にほんブログ村 PC家電ブログへ