FC2ブログ

圏外継続は予想外

2019.12.05.Thu.15:30
2019年3Qの国内スマホシェアが発表になっていたのですが…
2019年7~9月の国内携帯出荷、前年から3.2%減 iPhoneの8.8%減が響く』IT Media

iPhoneのシェアが圧倒的なのはいつも通りというか想定内なのですが、2位以降5位までに続くシャープ、富士通といったメーカー群の中にSONYが入っていません。Xperiaの知名度からしたらBest5までには入っていないと…と思い2Qの情報も探してみたのですが、そちらでも入っていませんでした。

2018年4Qでは3位に入っていたのですが、2019年1Qで4位に転落し、2Qで圏外脱落となった模様。
発売時期の関係上、圏外落ちした2019/2Qの主力はXZ3で、型落ちとしてXZ2が併売されており、2Q期末にXperia1登場といった時系列。XZ2/3はハイエンド端末としてはデザイン的に不人気で、型落ち化して叩売り状態になってから数が出た記憶がありますので、2019年2Qの圏外脱落はある意味首肯できます。でも3QはXperia1がフル寄与していたはずですし、型落ちXZ3もかなり売れていたような気がするので、個人的には意外な感を持った次第です。

こういった目線で捉えると、3~4QでSONYがXperia5/8を投入してきたのも改めて「なるほどなぁ」と。4Q以降は法令改正で値引き額に上限が導入されたため、ハイエンド端末の販売台数はこれまでより鈍化していると予想されています。その影響で必然的にミドルクラスが増えると想像しているのですが、結果はどうなっているのか、3か月後の発表が少しばかり楽しみになってきました(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ
スポンサーサイト



リーク情報にぬか喜び

2019.12.04.Wed.21:08
昨日、Web上で話題になっていた楽天モバイルのMNO向け料金の件ですが、Googleのキャッシュで見つかった情報は「ダミー」という公式見解が発表された模様。
楽天モバイルの流出した料金プラン、「ダミーページで事実とは異なる」』ケータイWatch

話題になっていた昨晩の情報では、
【データのみ】
5GB 100円/20GB 500円/50GB 700円
【通話+データ】
5GB 300円/20GB 700円/50GB 900円
といった内容デシタ。

既存の3大キャリアの料金体系を勘案すると、多少前後の差や容量の差こそあれ、ざっと10分の1程度な水準。そりゃぁ色めき立ちますがな(苦笑
本来のサービスインの時期がずれ込んでいますし、利用者を限定した形で開始したサービスも聞こえてくるレビューでは「つながれば速い」という微妙な内容。じゃぁ、価格体系で大幅に差をつけてくるのか?!とも思ったのですが、まったくのダミーなのであれば(以下ry

楽天カード、楽天ペイとここのところトラブル続きな感もある、同社グループが提供するサービス。MNOについても先行きは不透明なままの中で、しかもネット関連企業菜緒なのにこうした情報管理もできていないのかという不安感もある訳で、個人的にはまだ手を出したくはないなぁというのが現時点での率直な感想です。
(同社のサービスインで価格競争が発生して欲しいなぁとは思っていますが)


にほんブログ村 PC家電ブログへ

ドコモ×Amazon

2019.11.27.Wed.19:20
ドコモと×Amazonの記事が各所で散見されました。
ドコモのスマホユーザーなら「Amazonプライム」1年間無料、12月から
Amazonで「d払い」を使ってポイント5倍、12月から』ともにケータイWatch

私自身、ドコモへは8/末にMNP転入済(ギガライト契約)ですし、Amazonは概ね月1~2で利用していることもあって、本件についてはとても関心があります。Amazonプライム自体はすでに会員登録済ですが、実際には「家族会員」の立場なので、そろそろ本会員にしようかと思案していましたし。
加えて、d払いでの利用についても、既に期間限定dポイントがかなり溜まっていることもあって、その消化先としてAmazonを考えていたので、そのあたりからも…

プライム会員の料金については、キチンと明示的に記載されている箇所は発見できませんでしたが、おそらく1回(1年限り)の無償対応なのでしょう。公式ページ(プレス発表)の記載によれば、ギガホ等の対象特典は”Amazonが提供する「Amazonプライム」の1年間分の利用権”で、注釈に”適用可能な回数は1回線につき1回のみ”とあります。これについてはかなり重要な説明事項になるので、もっと明示的にわかりやすく説明が欲しいところでしょう。

Dlifeの終了に伴い有料放送を検討していることもあって、プライムビデオに興味を持っています。家族会員の立場だと自由度が低いため本会員への移行を考えている私としては、仮に1回(1年のみ)であったとしてもメリットは十分に享受できますから、これは前向きに考えた方が良さそうですね(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ

解除の義務化ではなくて…

2019.11.24.Sun.21:44
SIMロックの即時解除が義務化される由。
SIMロック即時解除、総務省が義務化 ガイドラインを改正』IT Media

端末と回線契約の関係を分離していくという方向性からすると、至極当然な流れだなぁというのが率直な感想。Softbankとauが先月に「法の網目を抜ける形」で端末価格の割引施策を発表したのも、元を辿ればSIMロックによる抜け穴を利用したものなので、いよいよ穴を塞いできたかという見方もできそうです。

そもそも論として、高い端末代金を支払って購入したにも拘らずSIMロックがかかっていることのを方が個人的には「おかしい」と思っています。それ故、「即時解除を義務化」するのではなくて、「原則SIMフリー、割賦購入時などの例外運用としてSIMロックも認める」というのが筋だと思っているのですけど、今回もそこまでは踏み込めなかったのかと少々残念な感じですな(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ

トヨタも参入

2019.11.20.Wed.21:19
トヨタもWallet事業に参入するとの報。
トヨタのスマホ決済アプリ「TOYOTA Wallet」、iOS版が登場』ケータイWatch

記事を読んでまず最初に思い浮かんだ疑問は、トヨタ関連の授業なのにKDDIではなくドコモと組むのか?でした。iDはドコモのサービスですが、元々トヨタはKDDIとの関係があるので、組む相手はauだとばかり…
流石に、クレカ関連ではTS3を入れていますが、まぁ当然でしょうなぁというか、もっとTS3が前面に出てきてもいい様な(^^A

そもそも論としては、トヨタの様な事業会社がキャッシュレスサービスにも乗り出すのかという驚きの方が大きいかも。
販売店(ディーラー)で整備を頼んだり小物を購入したりする際くらいしか思いつきません〉〉トヨタに絡む小口決済。それでもWallet事業に参入してくるのですから(以下ry

PayPayなどは新規参入時に20%還元などの大判振る舞いをしながら知名度を上げてシェア獲得を図りましたが、トヨタは周回遅れでの参入なので、そのあたりはどうなのでしょう。トヨタ車購入時にTS3カードを利用すると還元率が大幅にUpしますが、Walletでも似たようなことをしてくるのですかねぇ(謎
(長年、トヨタ車ユーザー&TS3カード保持者を続けているので、個人的には少しばかり気になるところです)


にほんブログ村 PC家電ブログへ