FC2ブログ

いずれAndroidでも…

2020.06.23.Tue.21:03
WWDC2020でiOS14が発表されました。
我が家では妻子が使用中のiPhoneXR3台がUpdate可能ですが、第6世代のiPod Touch2台は現行iOS13の時点で切り捨てられているので(以下ry
個人的には、車載オーディオ用にiPod Touchを使用しているだけなので、大勢に影響はないのですけどね(^^A

今回のiOS14の機能で少しばかり気になったのが下記の記事。
「iOS 14」新機能、iPhoneが自動車の鍵に』Car Watch

NFCの機能を使うのであれば、Android製品でも原理的にできなくはないはず。
AppleのCarPlayに対するGoogleのAndroid Autoの様に、いずれGoogleも同様のサービスを準備してくれるのではないのかなと期待しています。Lexusでは、リモコンキーの他にカードキーも用意してくれてはいるのですが、財布に入れるにしては厚みがあるので結局リモコンキーを持ち歩いています。これをスマホに一元化できるのであれば便利だよなぁ…


にほんブログ村 PC家電ブログへ
スポンサーサイト



接触アプリが公開に

2020.06.21.Sun.21:20
新型コロナウイルス接触確認アプリがリリースされたそうです。
「新型コロナウイルス接触確認アプリ」のiOS/Android版が公開』PC Watch

IT Mediaの別記事によれば、「公開から約8時間で約85万件、24時間で179万件ダウンロード」とのこと。
海外の事例ではドイツが24時間で650万件ダウンロードなのに対して、イタリアでは16日間で270万件。ドイツの人口約8300万人に対してイタリアは約6000万人ですから、人口比も勘案すれば国民の関心度の差が見て取れるような。両国における被害状況の差もあるので興味深い結果ですね…
一方で、米国ではアプリを利用しないという意向を持つ人が7割との記事も読みました。被害状況との奇妙なリンク具合も気になりますが、デジタルリテラシーの高さと評価すべきなのかは何ともな感じ。

個人的には…
普段の生活で電車通勤もしていないですし、対外的な他者との接触回数もかなり低いので、所謂「三密」とは程遠いライフスタイルですから、正直あまり意味がなさそうというのが率直な感想。最初の公開日から1カ月間はプレビュー版とのことなので、敢えて急ぐ必要もないかなと、しばらく様子見するつもりです。


にほんブログ村 PC家電ブログへ

事態は混迷

2020.06.12.Fri.22:12
昨日のエントリの続き。
楽天ミニの件、情報が錯綜していてアレですが…

①『「Rakuten Miniの周波数変更」、総務省認証推進室の見解を聞く
②『「Rakuten Mini」対応周波数変更で同一技適番号を取得、ソフト更新や回収なし
③『総務省、「Rakuten Mini」の周波数変更で報告求める

ケータイWatchでの記事を時系列で並べてみました。
”技適マークにおいて同一番号の取得””なんて可能なんだ…という素朴な驚きがまずありました。1つの番号で複数の仕様があるというのも、おかしな話だと個人的には思うのですけど(^^A

そもそも論として、「Band 1を外してBand 4へ」という仕様変更自体が消費者の立場からすると?です。米国対応を強化するためといいう理由もどこぞで見聞きしましたが、そのために削られるのが国内で利用できるBand 1だとすると、ある意味非合理的。楽天ではBand 1が利用できないので、確かに楽天「だけ」で考えれば合理的ですが、MNPなどを利用して他社に移行した後にその端末を使い続ける場合には(以下ry
穿った見方をすれば、安く売った端末を他社で流用しにくくするための囲い込み政策とも見れる訳で、そうだとすれば何とも姑息でしょう。
(そもそも、MNPにより利用するキャリアを流動化して通信料金の引き下げを図りたいがために色々政策も打ち出されている中で、そうした状況にある意味乗っかった同社が別の部分で流動化の障壁を作った格好になる訳ですから…)

どうせ、自社網のみへの接続はしばらく期待薄で、現実的にはauローミング利用による容量上限付きとなるのであれば、ここは素直にUQでも使った方がストレスが少ないのかも。6月からの新プランだと10GBまで2,980円らしいので、価格的にも楽天対抗には充分なりそうな感じ。まぁ、au自体に嫌気がさしてドコモへ移籍した私的には、どう転んでもアレなのですが(苦笑


にほんブログ村 PC家電ブログへ

確認中でも販売可?!

2020.06.11.Thu.22:00
今春より正式にサービスインした楽天モバイルのMNO事業は、これまでの道程で二転三転が続いていた印象があります。
それでも、ローミングエリアでのデータ容量上限を2GBから5GBまで増量し、端末は「Rakuten Miniを1円」キャンペーンで入手が可能になったことから、「サブ」として持つのもありかなと思い始めてきていました。

ところが、数日前の記事で同社のCSに疑問符が付くようになり…
楽天モバイルは本当にお付き合いしても大丈夫?
昨日の記事で、それに追い打ちが…
「Rakuten Mini」、実は対応周波数を変えたバージョンになっていた―技適マークは確認中
ともにケータイWatch

YahooBBの頃から個人的にはSBグループに関してはあまり良いイメージを持っていませんでした。楽天に関してもそれと同じような匂いがしていて近寄りがたかったのですが、これらの記事を読むと「やっぱりなぁ」という感じ。安くても手を出しにくいなぁというのが、現時点での個人的な率直な感想です。


にほんブログ村 PC家電ブログへ

中華系メーカー

2020.06.03.Wed.21:10
中華系のスマホメーカー2社が揃って新製品を国内発表した由。
シャオミ、「Mi Note 10 Lite」と「Redmi Note 9S」を発表
「P40 Pro」「P40 lite」「P40 lite E」を国内発売』ともにケータイWatch

コスパに優れていることで知られていたファーウェイ製品ですが、米国からの制裁の関係で最近の製品ではGMS(Google Mobile Service)が使えなくなっています。一応、代替手段としてHMSなるものが用意されているようですが、どんなものなのかは自分の周囲の人でも使用者がいないのでサッパリ。中華圏での使用では問題がないのでしょうが、Googleのサービス各種にどっぷり浸かっている日本の様な場所では不便を感じることがあるのだろうなぁと想像しています。
加えて、最近のファーウェイ端末、ちょっと高くなったような。あまり積極的に選ぶような類のものではなくなってきている印象です。

一方で、同じ中華でもシャオミのほうには「まだ」GMSがOKなので、使用上の安心感はコチラの方がマシな感じ。価格的にもちょっと割安なイメージがありますし。とはいえ、今後米中対立が更に激化すれば第2のファーウェイとして別の中華企業が槍玉に挙げられる可能性も否定できなくないですし、そうなった場合にシャオミなどは格好のターゲットになりうるような気もします。「現」時点では大丈夫でも、(最低)2年間使用している途中で何か規制がかかった場合に不利益を被る可能性はないのか(補修部品がないとか、GMS打ち切りとか)など、余計な心配を抱えながら使い続けるのも個人的には…

性能が良いわりに比較的安価なのは理解しているのですが、なかなか手を出しにくいのだよなぁと思ってみたり(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ