fc2ブログ

グローブの買い替え

2024.04.07.Sun.19:00
今日もいつもの週末Rideでロードバイクに乗ってきました。
暖かくなってきたので春(秋)物な薄手のグローブを選んだのですが、手にはめたところ左手の掌の部分がスッパリと切れていることに気が付きました。

その切り口や場所を見てハっと思い出したのですが、やはり暖かかった先々週末にRideからの帰宅後の入浴中、左手の掌に切り傷があり傷口がしみていたのですよね…。その時、グローブがあったから薄い切り傷で済んでいたのかと、今になって胸をなでおろしました。

グローブの本来の役目は身体(手)を保護することなので、今使っているグローブは役割を全うしたとも。切れたままでは「次」があったときに困るので、これを機会に新しいものへと買い替えるつもり。そういえば、冬物の厚手のグローブも5年使って古くなっており、漬け置き洗いに失敗したせいで左右の色が異なってきてしまっているので、併せて調達しておこうかな(^^A
(尤も、冬物はもう売り切れてしまっている可能性も大ですが…)


にほんブログ村 PC家電ブログへ
スポンサーサイト



420の事実上の後継?!

2024.03.06.Wed.18:37
Bryton製サイコンの新型が発売になるとの報。
ライドをシンプルに! 大型白黒スクリーンで直感的なナビゲーションを実現する「Rider 460」|bryton』BicycleClub
ブライトンのGPSサイクルコンピューター「Rider 460」発売』CycleSports

某巨大掲示板の書き込みによると、最近Amazonで”Rider420”を安売りしていたのだとか。個人的には未確認でしたが、かなり安価だったらしく、「こんな価格で安売りするのであればモデルチェンジ間近なのでは?」という書き込みも先週末には見かけていました。そんな中だったので「やっぱりなぁ」…と。

420対比で画面サイズが若干大きくなった半面、電池の持続時間は若干減少。新しい分だけ機能面は420より充実している他、USBの規格がMicroからType-Cへと変わった点もGoodです。460は代理店のWebサイトで確認した限りではANT+/Bluetoothで接続できるセンサーの種類に制限がありそうですが、私の使い方では特段問題はなさそうです。

サイコンのナビ機能に興味がない私としては、上位機対比でナビ機能が弱い点は気にならないですし、約3時間/日程度しか乗らないので電池の持続時間も気になりません。1画面に複数の情報を表示させたいニーズがあるので、画面サイズの大型化は好ましく思います。…と考えると、私のニーズに合いそうなんだよなぁ。
上位の750SEあたりを有力候補に考えていましたが、半額以下で入手できるのならば460でも私には十分かもしれません(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ

魅力的な電動ポンプ

2024.02.28.Wed.22:04
自転車関連で見かけた新製品の紹介記事。
CYCPLUSの超小型電動ポンプが進化! バッテリー容量UP&液晶付きでさらに使いやすくなって登場』BicycleClub

スポーツバイク乗りにとって空気入れは必需品で、自宅用のフロアポンプ型と携行用の小型ポンプの2種類を所有している人が多いはずです。毎週末にロードバイクへ乗っている私も、フロアポンプを1つ持っている他、携行用は何種類か…。
携行用として最初は小さなハンドポンプ型を持ち歩いていましたが、利便性から現在はCO2ボンベとインフレーターにしています。インフレーターを利用することで空気入れの時間は大幅に短縮されますし、作業も簡単なので疲れないのが大きなメリットです。一方で、ボンベは使い捨てな他、何本も持ち歩くと流石に邪魔になる点がデメリットかと。

その点、上記リンク先記事で紹介されている新製品の場合、交換可能本数に制限がある点や比較的短時間で楽に作業が終わりそうな点はインフレーター式と同様なものの、充電式なので消耗品代含めたランニングコストをあまり考慮しなくてもよい点はGood。
しかも、空気圧まで指定できる点や、充填するものがCO2ではないので帰宅後の空気の入替作業が不要な点は大きなメリットでしょう。

私の場合、空気圧は約7.5bar≒約110psiにしているので、今回の新製品は仕様上も最適。約1.6万円という価格が難点ですが、Amazonや楽天などで貯まっているポイントの消化先には良さそうです。でもこれを買ってしまったら自宅用にも大きいサイズの電動ポンプが欲しくなりそうな予感。
とりあえずは、在庫でストックしているCO2ボンベを使い切ってしまってから考えますかね(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ

5度目の交換

2024.02.03.Sat.21:15
約1年前のエントリの続き。
どんどん延びてきていたブレーキシューの交換期間ですが、今回は約1年2ヶ月での交換でした。
過去の記録を見直してみると…

2ヶ月/約940kmで1回目、それから5ヶ月後/1,400kmに2回目、3回目は7ヶ月後/2,950km、前回(4回目)は1年/約4.3千km、そして今回は1年2ヶ月/約4.6千km。前回は異音がするくらいに使い切っていましたが、今回はまだ余力を2㎜程度残しての交換なことも勘案すると、交換サイクルというかブレーキシューの寿命はやっぱり延びてきているなぁ(^^

私のロードバイクの現在のホイールは2020/9に個人輸入したカンパ/シャマル・ミレですが、リムのブレーキ面がPEO(プラズマ電解酸化処理)処理されているので、高価な専用ブレーキシューの使用が必須になっています。この専用シューが指定されているホイールは私のミレの他、姉妹ブランドであるフルクラムのレーシング0ナイトのみ。ミレは数年前に生産終了になっていましたが、いつの間にかレー0ザイトも廃番になっていたことをシュー交換作業を依頼した店主から聞きました。
ホイールが廃番になった以上、シューの供給もいつまで対応してくれるのか少々心細くもありますが、ホイールの寿命到来と競争ですかね…(^^A

にほんブログ村 PC家電ブログへ

fi’zi:kのワイドラストモデルの新製品

2024.02.01.Thu.21:20
フィジークの新型シューズについての記事。
フィジーク VENTO OMNA WIDE 人気のレーシングシューズにワイドフィットが登場』cyclowired.jp

私も同社のシューズを今履いていることや、私自身の足幅が広いこともあって、Wideモデルな新製品が気になった次第。同社のロードバイク用シューズはVENTO(レーシング向き)とTEMPO(ロングライド向き)の2ラインがあり、私のシューズはTEMPO系なのですが、今回の製品はVENTO系なのだよなぁ。
今のシューズは価格帯がほぼ同じで、WIDEモデルではないもののロングライド向け。今回のモデルはレース向けだけどWIDEモデル。どちらが私の足にFitするのか、また新製品を購入するならばサイズをどうするのか。やはり試着してみないと判断できないのが面倒なトコロです(^^A

今のシューズは2019年秋に購入したものですが、いつの間にか約4年半が経過しています。その前に履いていたシマノのシューズは約5年で買い替えていますし、今のシューズも実際のところ両足の甲の部分の革にひび割れが発生してきます。そろそろ買い替えを考えていたので、3/末あたりの決算セールを待って購入しに出かけようかな…。

にほんブログ村 PC家電ブログへ