FC2ブログ

3rdグレードまで拡充

2021.04.16.Fri.19:45
SRAM社製電動コンポのラインナップが拡充される由。
Rival eTap AXSデビュー スラム第3の電動無線/油圧ディスクブレーキロードコンポ』cyclowired.jp

ロードバイク用電動コンポへの参入はシマノやカンパの後塵を拝したものの無線化では先鞭を付け、しかも今回の製品で上から3番目のグレードまでの電動化となった格好。上から2番目(Ultegra)までどまりで、かつ有線式なシマノは「追いつかれ」たどころか完全に「追い越され」た感があります。(まぁそれでもシェア的には圧倒しているのでしょうが)

電動シフトの楽チンさを一度味わってしまうともう従来の「紐式」には戻りたくない(私の場合ですが)のですが、2ndグレードでも価格面では割高になってしまうため、普及グレードたる3番目のクラスにまで電動化が拡大してくれるのはちょっと羨ましいです。
一方で、①RivalとUltegraの電動同士では価格差が数万円程度しかない②コンポメーカーとしてはやっぱりシマノの方に安心感がある③パーツ等の入手性もシマノの方が良さそう といった感じなので、SRAMへの切り替えは個人的には悩ましい感じ。

そんなこんななので、シマノのモデルチェンジが待たれる訳ですが、Dula→Ultegra→105と通常ペースでは最低2~3年かかるはずです。それでも今年は創業100周年イヤーですし、昨年はコロナの影響でモデルチェンジがスライドしていることを勘案すると、今年あたりに一気に2~3モデル出してこないかなぁ(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ
スポンサーサイト



ロードのランフラット化

2021.04.08.Thu.20:28
国内未発売らしいのですが、ちょっと気になる新製品。
ヴィットリアからロードバイク用タイヤインサートが登場』CYCLE SPORTS

"時速20km以下、走行距離50km以内"という制限付きですがロードバイクのタイヤを「ランフラット」化できるのはちょっと魅力があります。私もロードバイクに毎週末に乗っていますが、距離的には概ね50km/回程度なので距離制限に関しては全く問題なし(目的地まで往復していることを勘案すると、むしろ制限距離30km程度でも構わないです)
速度制限20km/hはちょっとゆっくり目で流す感じですが、それでも一般的なママチャリの速度よりは速いので我慢できる範囲ですし。

外出先でのパンクの経験は何度もありますが、いつもは持ち歩いているスペアのチューブを交換することで対応しています。本製品を使う場合にクリンチャーからチューブレスへの移行が必要になりますし、一方でクリンチャー専用ホイールを昨夏に購入したばかりなのですけれど、早晩ディスクブレーキ仕様へと一式買い換える際にチューブレス対応へ移行すればいいかと。

時期的には走行時の感触に違和感がどの程度あるのかなどレビューが出揃ってくるのを十分に待てるので、じっくり待ちながら検討してみるつもりです(^^A

にほんブログ村 PC家電ブログへ

永久保証だけど…

2021.03.27.Sat.21:20
Mavic製ホイールの保証期間が延長されるとのこと。
マヴィックが2021モデルからカーボンホイールの新しい永久保証を実施』CycleSports

①永久保証、②クラッシュリプレイスメント、③ロイヤリティプログラムからなる”LIFETIME WARRANTY”…いずれもTREK/Bontragerで見たことがある様な(^^A
カーボン製品は軽量で人気がある反面、高額かつ破損しやすいのが難点。そこに充実した保証が付与されるというのは、個人的には魅力を感じます。実際私自身、TREKでクラッシュリプレイスメント/ロイヤリティプログラムを利用してフレームセットを2回購入しているので、その有難みを重々知っていますから。

一方で…
昨年前半辺りから問題になっていたフランス本社の経営不振の件はどうなったのですかねぇ。昨夏頃にBourrelierグループによる買収の方向と見聞きしていましたが、以降はとくにNewsを見かけていません。
アルミニウム/カーボン製のリム、ハブ、ホイールに絞り込んで再建していく方針とも漏れ伝わってきていますが、経営状態が万全にならないと「永久保証」も画に描いた餅になってしまいます。そのあたりもキチンとアナウンスして欲しいよなぁ…と。

私自身、昨秋まで約4年間Mavic製ホイールを使用していましたし、最後の方ではスペアパーツの入手性に悩まされた経験もあるので、つい懐疑的な視線も持ってしまいます。このあたりが明確になってくれば、また買ってもいいかな(^^
(↑その位、キシエリは気に入っていましたし、何事もなければ次はキシプロ/コスカボあたりを買っていたかもしれません…)


にほんブログ村 PC家電ブログへ

うまい組み合わせ

2021.03.26.Fri.21:01
ペダル型パワメの新商品記事。
ワフーがSpeedplayペダルをリニューアル パワーメーター搭載モデルも発表
SPD-SL対応ペダル型パワーメーター Rallyを発表 ガーミン2021モデル展示会』ともにCyclowired.jp

パワーメーターも各社から色々な方式のものが発売されるようになり、ここ数年で普及具合がかなりUpしてきている様な気がします。もう事業売却してしまいましたが、以前のパイオニア製のものなどは個人的にも憧れていました(でも、高くて買えなかった…)。
今だと、GIANTがアッパーミドルクラスの完成車に予めセットして販売しているものが、割とコスパは良さそうな気がします。

今回の新商品もそうなのですが、パワメとサイコンは密接に関係しており、どちらを優先するのかで選択肢はかなり絞られてくる印象。加えて、計測方式(ペダルなのか、クランクなのか、チェーンリングなのか)でも制限が出てきています。理想としては、計測方式やメーカーを問わずにどの組合せでも過不足なく計測したデータを表示できるといいのですが(^^A

今回の2社の製品だと、Wahooのパワメが比較的安価で良さそうですし、サイコンもWahooなら使ってみたいと思うのですが、①ペダルがSPD-SLではなくスピードプレイ対応②そもそもWahooの取扱店が自宅周囲にない ことが引っかかります。GARMINだとサイコンでは鉄板メーカーで安心感はありますが、サイコンもパワメも価格帯としては高いのが難点。

なかなかうまい組合せのものは見つかりませんなぁ(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ

危うきに近寄らず

2021.03.12.Fri.20:17
昨日読んだ偽物についての注意喚起記事。
マヴィックが偽造ホイールに関する注意喚起を発表』Cycle Sports

つい半年前までMavic製ホイールを使用していたので、思わず記事が目につき読んでしまいました。
といっても、私が使用していたのはキシエリなので、国内定価でも10万円前後。ホイールとしてはミドルクラスで普段履き用の位置付けなモデルですから、偽物が出回る心配は少ないと思うのですが…(^^A

基本的に一定水準以上の差益がないと、偽物は作る意味も買う意味もないですから、本物の定価がさほど高くないモデルだと偽物は少ないのだろうなぁ…と思っています。それでも、ヤフオクなどで怪しげなものは過去に見かけた記憶がありますが、明らかにデザインや仕様がおかしかったので…(以下ry

それにしても…
時速30km以上出せるロードバイクに生身で乗っているのに、命を預ける道具によく偽物を選ぶよなぁ?!というのが率直な感想。本人は真贋に気付いていないのかもしれませんが、それでもあまりに入手価格が安ければ疑うでしょうに…。国内正規品の定価設定が高すぎるのも一因なのでしょうが、それならガイツーという手もあります。WiggleやCRC、PBKなどのメジャー処ならば、まさか偽物は販売していないと思うのですけどねぇ(^^A
まぁ、怪しげなところでは買わないのが一番なのでしょうな。


にほんブログ村 PC家電ブログへ