FC2ブログ

次世代TVの動向

2014.05.25.Sun.20:58
昨日の折込チラシを整理しつつ、ヤマダ電機のチラシを見ていたら、4KTVの欄で目が止まってしまいました。3,000円とか6,000円という、「らしくない」数字が躍っていたので注目してしまったのですが、よく読むと60回分割払いの金額だそうで、しかもボーナス時10,000円とか20,000円の増額支払が6回分含まれていたり、別途頭金が必要だったり。「まるで住宅ローンみたいだ・・・」なんて、横で見ていた妻と2人して思ってしまった次第。耐久消費財は即金もしくはクレカ1回払いがモットー、それが無理ならそもそも身の程を超えた買いモノだ…と親から教えられて育ってきたので、とても自分では手が出せませんが、今年はW杯イヤーなので電機屋的にもメーカー的にも4KTVが売れないと困るんでしょうねぇ(^^A

大型化と3D化を数年前までひたすら追い続けたTVですが、次世代TVというと4KTVの他に有機ELパネルの話もあったけど、国内メーカー製であまり話を聞かないなぁ…とも話していたトコロ、タイムリーに今日の共同通信の記事で取り上げられているようです。記事によると、PanasonicもSONYも事業/研究を売却方向だとか。そうなると、4Kの次はどこへ進むのかなぁ。単純に8Kなど高解像度追及になるだけなのでしょうか?!

我が家のTVは2010年購入のプラズマTなので、来秋で丸5年となり延長保証期間も満了。昔のTVは10年位使えましたが、安売り仕様になってきているので耐用年数もそこまで期待するのは酷だと思ってます。今後2~3年で買い替え時期が到来してもおかしくはないと考えているのですが、その頃はどうなっているのかなぁ(^^A

 
スポンサーサイト