FC2ブログ

収斂の見通し

2014.10.27.Mon.17:16
auが冬モデルを発表したようで各所で取り上げられていました。既にXperiaZ3とGalaxyの新型が先行発表されていますし、残りの機種についてはあまり興味がないこともあって、個人的には注目度が低かったですケド(^^A
同じグループの会社であるUQの発表の方が、どちらかというとインパクトが強かったデス…。
UQがWiMAX 2+でキャリアアグリゲーション、2015年春から下り220Mbpsに』ケータイWatch

後継規格である「2」が既にサービス開始から数年経過しており、投資効率勘案するといずれWiMAX2への収斂は避けては通れないところだと思うのですけど、かつてDIGNOでWiMAXユーザーだった身からすると少し寂しい気も。そういえば、娘のスマホは今でも現役でWiMAX対応機(HTC J)だったっけ(汗
どうせこの春には買替予定なのでアレですけど…

しかし、既存の「WiMAX」を利用しているユーザーに対しての今回の対応策ですが、モバイルルーターだけを対象にしており、「+WiMAX」利用者への視点がないのが残念。今回の事案はUQ側でのことであり、一方「+WiMAX」はau側のサービスであるため、事業者が違うから…という理屈はあるのでしょうけどネ。UQは事実上au含めたKDDIグループですし、もともと「+WiMAX」サービスも下り40Mbps対応を売りにしていた訳ですから、au側も何か策を打ち出して欲しいトコロ。

このあたり、auも追加で施策を今後打ち出してくれるのかなぁ?


 
スポンサーサイト