FC2ブログ

LX発表に…

2015.08.21.Fri.20:29
気が付かなかったのですが、昨日はLXが発表になっていたようで…
レクサス、8名乗車仕様のフルサイズSUV「LX570」』Car Watch

道理で昨日RXを持ってきてくれたレクサス店の社員がLXについて話題に出したワケだ…。
LXというと昔の”シグナス”をつい思い出してしまうのですけど、アレは100系がベースだったので、ランクルが200系に進化して以降は国内に”相応”のモデルがラインナップされていませんでしたから、久々の国産高級SUV…ということになるのデスネ。
フロントマスクもセダンのLSに似た感じですし、内装もなかなか立派な感じで、流石に(SUVの)最上位車種だなぁという印象。

3rdシートを利用しての8人乗り…という設定もこれまで国内レクサスの各車種には用意されていなかった内容なので、個人的には魅力を感じますねぇ。反面、全幅1980mmやJC08モード燃費6.5km/Lという仕様は、国内事情を鑑みるとなかなか実運用が厳しくなりそうです。285/50 R20というタイヤサイズもランニングコストが高くでしょうなぁ。
そもそも論として、1100万円という価格設定では、私の懐事情的にも手も足も出せませんケド(^^A

RXの車検証と、クルマのフロントガラスに貼る車検のシールは次週半ば以降に用意ができるそうなので、それらを受領しがてら今度レクサス店に”冷やかし”に行ってこようかなぁ(^^


 

代車としてNX受領 その2

2015.08.20.Thu.21:38
昨日のエントリの続き。昨晩、そして今日とNXを乗り回してみたので、その感想を…

高速道路や山道を走らせてエンジンに負荷をかけてみましたが、パワーとしてはまずまずな感。元々の素性が2.5L/4気筒エンジンですから高い望みは持てませんけど、通常の使用方法では困らないなぁと思います。
また、負荷をかけた時のエンジン音ですけど、車内の静粛を保つような仕組みになっているからか、余り気になら無かったデス(RX450hは6気筒ですけど、負荷をかけた時の音が残念な感もあるので…)。

安全装備ほか
RXより新しい世代ですから、見慣れない装備も多いのですけど…
斜め後方の死角をドアミラーが光ることで警告してくれる「ブラインドスポットモニター」は、初めて経験しましたけど実に便利。車庫入れ時には「パノラミックビューモニター」も便利に使えますけど、欲を言えば液晶画面がもっと大きい方がいいのでは(画面が分割されるので…)。試乗車には付いていませんでしたが、RXで使い慣れている「ヘッドアップディスプレイ」は是非とも付けたいトコロ。
NXは装備が標準ではなくオプション扱いになっているモノが多い様に感じますけど、このあたりは賛否両論分かれると思いますネ(^^A

他にも、ナビ等の画面操作が「マウス方式」から「タッチパッド方式」に変更された点や、室内の収納部が少なくなっている点、時計はデザインが良いものの色合いの関係で見にくい点など細かな不満点はいくつかありました。総じてみて、意外と今乗っているRXが自分としては気に入っているのだと再発見できたのも良かったかな。
…でも、そうなると「次」が困るのですよねぇ(苦笑

ちなみに車検自体は問題なく終了し、夕方に車を無事に入れ替えできました(^^

 

代車としてNX受領

2015.08.19.Wed.19:19
愛車RX450hを車検に出したため、代車としてNXが届きました。

事前に担当SCと打ち合わせていた内容では200tとのことだったのですが、実際に今日受領したのは300h…。
200tは試乗中に発生した事故による破損の修理中とのことで、急遽変更になった由。
とりあえずNXに乗ってみたかったので、これはこれでヨシ。クラウンや新型ハリアーで採用されている2.5L/4気筒エンジンのハイブリッドシステムは以前から興味があったので、今回の変更はある意味ラッキーだったのですけど、同じく興味があるダウンサイジングターボの出来具合が確認できなくなったのはチョット残念。ソレはソレで、次回6ヶ月点検の際にでも試乗させて貰いますかネ(^^

はてさて、そんなこんなで明日まで手元にあるNX300hですが、ちょっと乗ってみた印象をRX450h対比で…。
燃費:近場をちょっと走ってみただけですが、同条件のRX対比で概ね1㎞/L程度はイイ感じ。高速道路を使うとまた結果が違うのかな?
パワー:近場を走ってみた限りにおいては、必要十分。エンジンの唸りも大人しい感じ。街中を走るならRXよりNXの方がイイ?
質感:明らかにRXより劣ります。価格差があるから仕方がないのかなぁとは思うのですけど…
空間:サイズが小さい分のしわ寄せは、後部座席の足もとのゆとりやトランク容量に現れてます。…が、後部座席に乗せている父からは「特に問題なし」との回答も。

ハンドルを握って、車を動かした印象としては全般的に「軽い」感じ。ハンドルはクルクル回る感じだし、車重も軽く感じます。だから、パワーがRX対比で約100馬力劣っても「必要十分」だと感じられたのかも。
明日の返却までにはまだ時間があるので、高速道路もちょっと試してみたいなぁ…(^^A


 

タイミング的に間に合わない…

2015.08.18.Tue.18:27
次期型のAndroid(Ver.6.0 Marshmallow)が発表になった模様。
次期AndroidはAndroid 6.0に! コードネームはマシュマロ』ASCII.jp
「Android M」の正式コードネームは「マシュマロ」、Android 6.0として今秋リリース』InternetWatch
次期Androidの正式名称は「Android 6.0マシュマロ」、SDK最終版を公開』マイナビニュース
Google、「Android 6.0 Marshmallow」を発表 ファイナルSDKもダウンロード可能に』IT Media

Ver.4台は4.0から4.4までの約3年間以上も続いていたのですけど、現行Ver.である5台は5.0⇒5.1で通算約1年程度でのメジャーアップデートになる形。早いなぁ…というのが率直な感想デス。

機能が充実して、よりセキュアな環境になるのであれば歓迎したいのはヤマヤマではあるものの、問題は最新版へのUpdateが可能な既存端末が非常に限られているという現状にあると思います。
折角OS側が進化しても、実際に自分の端末に適用できなければ、(既存端末を最新型に買い替えない限り)全く意味がないですからねぇ…。
セキュリティ管理上、常に最新版が望ましい…とされるAndroid端末ですけど、キャリア側が余計なアプリを搭載したことに起因して最新版にUpdateできないというのであれば、正に本末転倒以外の何物でもないような(^^A

もうじき購入から丸2年を迎える私のXperiaZ1ですが、そろそろ買い替え時期到来ということで今後発表になる「冬モデル」をじっと待っている状況デス。でもこれから数か月後くらいに出てくるモデルだと、Ver6.0は間に合わないので非搭載なんだろうなぁ…(涙


 

CPU-Zを最新Ver.へ

2015.08.17.Mon.19:53
CPU-Zの最新版がリリースされたとの報。
CPU-Zにベンチマーク/負荷テスト機能が実装される』PC Watch

PCを組んだ時とか、BIOSのVer.やメモリの動作クロックなどを確認したい時…くらいしかCPU-Zを起動させていないので、私のPCに入れてある同ソフトのVer.は2010年のものでした(汗
新機能も付いたことなので…と、改めて最新版をDLしてインストール。とりあえず、自宅と会社の計2台のデスクトップ機に入れてみることに。

CPU-Z Core i5 4670CPU-Z Core i7 3770K

早速Benchも走らせてみたのですが、最近のCPUとの能力比較が簡単にできるのはGoodデスネ。
ちなみにi5は会社用で来年あたりに更新期、i7は自宅用で近々リプレイス予定。買い替えるにあたっては、”最新”のCPUとの比較ができればもっと良かったのですケド、そのあたりは今後に期待…ですかね?!

 

気の長くなる話

2015.08.16.Sun.20:25
「お盆の終わりにでも顔を出してね」
と聞いていたつもりだったので、近所のTREK販売店へと先程出向いたのですが…

今月初めに2016年モデルが発表になり、納期やトータルコストの算出をお願いしていた経緯もあったため、その回答を聞きに行ったのですが、結論的には「まだ」デシタ(汗
「お盆が終わったら顔を出してね」との聞き間違いだったようデス(汗

というか…
9/1以降にならないと、メーカーと小売店間の2016年モデルも関する受発注システムが稼働しないとのことで、在庫や納期すら現段階ではわからないとの由。「お盆明け」どころか、来月以降に在庫状況を確認の上、発注して取寄せ…という気の長い話になってきました(苦笑
しかもロイヤリティプログラムの適用対象なため、通常ラインではなくメーカーの営業担当を経由させることになるとのことなので…(以下ry

今月末までには乗れるかなぁ…なんて考えていたのですけど、実際には9月の連休すら怪しい感じですなぁ…orz


 

輪行バッグ思案中

2015.08.15.Sat.19:11
ここ2週間、週末のサイクリングは諸般の事情もあって見合わせています。次期戦闘機をどうするのかについては、大分考えが煮詰まってきつつあるのですけど、それとは別にここのところずっと考えていたことがあります。

元々はずっと前からも思いついてはいたのですけど、そろそろ”輪行バッグ”を買おうかなぁ…と。

基本的に、周遊コースを取らない限り、自宅スタートでサイクリングに出かけると、目的地との往復コースになってしまうことが私の場合は多いデス。時間と距離(運動量)を優先させて考えると、道中の景色とかは2の次になってしまうのですよねぇ。その点、輪行をするようになれば、スタート地点もしくはゴール地点を任意に変えられるのではないのかなぁ…なんて。

↑そんな↑ことを以前から考えてはいたのですけど、先日の一件以来「これは必需品化も?」と思うようになってきた次第。トラブル発生となった場合にでも、輪行できればスムーズに帰宅が可能になりますからねぇ。
(先日は約5kmの道のりを牽いて歩かされましたから…)

幸か不幸か、昨年の自転車雑誌の付録別冊で輪行特集があったのを保存していたため、ここ数日読み返してはいるのですけど、方式やサイズなど色々あるので悩み中デス。何がいいのかなぁ(^^


 

百聞は一見に…

2015.08.14.Fri.20:17
この春に母が他界したため今年は”新盆”になるのですが、今まで「お盆」の準備は母が行っていたこともあって、父含めて「お盆」の準備を行うのは「初めて」の経験となりました(^^A
子どもの頃に手伝っていたこともありましたし、この時期になれば「完成」された状態を例年見慣れてはいるのですけど、いざ自分で用意するとなると…ネ。

いずれこんなこともあろうかと、7~8年前に私と妻が母に呼ばれて説明を受けたこともあったのですけど、その時のメモを探し出して読み返してみたものの、まだわからない部分もあります。そんな中、ふと思い出したのは、当時説明を受けた時に写真を撮っていたのではないのかなぁ…ということ。

PCのフォルダーを遡って探してみたところ、やっぱり10枚前後を記録用に撮影していました。
改めて写真を眺めてみるとメモ書きの不足部分などが理解でき、何とかかんとか昨日の「お迎え」までは無事に完了できました。記録用に写真を残しておくのも大事だなぁ…と改めて感じている次第デス(^^A


 

明示的なサイン

2015.08.13.Thu.20:04
PCの電源をONにして、Webを巡回しようかとFirefoxを開いたトコロ、軽い違和感が…
「あれ、タブのところのデザインが変わった?」
疑問を抱きつつ、いつもの巡回先で記事を見ていたら…
Firefox 40」を試す - ついでにリーダーアドオンのReadbleを標準リーダーと比較してみる』マイナビニュース
Windows 10対応の「Firefox 40」正式版が公開』InternetWatch

…あぁ、なるほどね。
意識していないトコロで急にU.I.が変わると、ちょっと吃驚しますよネ(苦笑
そういえば先日も、いつの間にやらセキュリティソフトのU.I.が変わっていたので驚いた記憶があります。そのときは理由が解らなくてググったところ、メーカー側のサポートページに辿り着けた次第。

ここのところ、Windows10絡みで各種ソフト側でもUpdateの必要が出てきているのは理解できるのですけど、事前に何らかの通知を”明示的”に示してくれてからの変更をしてくれた方が戸惑わなくて済むのですけどねぇ。”自動更新”というのも考え物だよなぁと改めて思った次第デス(^^A


 

御三家の残る1枠 その2

2015.08.12.Wed.20:03
昨日のエントリの続き。

カーボンバイクは素材の特性上”軽くて堅い反面、脆い”と思うのですけど、それだけにメーカ側でも保証プログラムを用意してくれている場合が多々あるようです。
ちなみにTREKの場合だと、”TREK CARE ロイヤルティ・プログラム”という名称でサービスが用意されているようですが、その内容は…
”不慮の事故などにより、保証が適用されない損傷が原因でフレームやコンポーネントを交換する場合に、割引価格で買換えられる制度”
…といったような感じ。
買替対象は同等製品などという縛りもないデスし、フレームセット/完成車のいずれでもOKとのこと。ちなみにメーカー希望小売価格の20%OFFで買替ができるとの由(メーカー側に直接TELして確認済)。

在庫処分時を除けば、基本的に定価販売というのが自転車購入時の通り相場なので、2割引っていうのは助かりますネ。
たとえばEmonda SLのフレームの場合、2015モデルでは25万円だったのが2016モデルでは約20万円に値下がりしているので、更にそこから20%OFFだと約16万円。つまり前年モデル正規価格対比で約9万円安デスヨ…。アルミ製CAAD12とほぼ同等価格でOCLV500なカーボンバイクが入手できるというのは、実に魅力的ではあります。

折角の買替なのだから、好きなモデルを選ぼう!!なんて考えも正直頭を過ぎってはいたのですが、実際に価格を見比べてしまうと保証を利用してTREKを再度購入というのが現実的な感じですかねぇ…。