FC2ブログ

CS1位に疑問

2016.05.21.Sat.20:12
週末になったので、今週の記事を読み直していたのですが…
データ通信端末・サービスの総合満足度1位はau、J.D.パワー調査』ケータイWatch

顧客満足度第1位がauという内容にちょっと驚いてしまったので…
MNPの制度がまだ無かった10年以上前にD社から移籍してきた私ですが、当時のauについては確かに満足度第1位というのも首肯できました。数年前にスマートバリュー割引を導入した頃も「第1位」というのは納得できたのですが、その後は…

au 4G LTEのエリア表示で広告表示不正があった際の対応も歯切れが悪かった記憶がありますし、Android端末のOS Upgrade対応が3大キャリアで最も遅いというのも×。料金体系においても、社長自ら「高い」と認めつつも3社横並び姿勢で押し通しています。ここ数年、基本的に”革新的”な”独自”のサービスの提供もできていないと思います。市場2位で追いかける立場にあるはずなのに、ここのところサービス面ではD社の方がよっぽど…(以下ry

私自身、契約歴が14年目に突入し、良くも悪くも”隣の芝が青く見える”状態になっているのかもしれませんケドネ(苦笑


 

あと半年早ければ…

2016.05.20.Fri.20:36
AMD製CPUでは久々の明るい話題。
“Zen”は“Skylake”と同等の性能と電力効率を有する・・・らしい』北森瓦版

Athlon64から暫らくの間だけはIntel製CPU対比で性能上優位に立てていたAMD謹製のCPUですが、Intel製CPUの主力がPentiunm4/DからCoreシリーズへと入れ替わる過程で逆転されて以来ずっと後塵を拝し続けているワケです。そうした中にあって、Skylakeと同等の性能を有しつつ、消費電力と価格面でも張り合える…とくれば”いつもの眉唾ネタでしょ”と思いつつも、ついつい期待してしまいますネ(苦笑

仮に↑それ↑が実現できたと仮定して、あとは製品の投入時期がいつになるのかというのが大きな問題。「Zenは2016Q4の市場投入」というのが大方の予想ではあるのですが、それでは若干遅いのですよねぇ…。
自作er的には、(どうせ新規で組むのならば、)既に所有している旧OSのライセンスを活かしつつ、Windows10への無償Upgradeが狙える7月下旬までに欲しいトコロ。あと半年早く市場に出せていれば、もっと面白くなっただろうになぁ…と。どの分野の新製品でもそうなのですが、性能/価格はもちろんのこと、リリース時期というのも重要なのですよネ(^^A


 

ロールアップパッケージ

2016.05.19.Thu.18:42
Windows7関連で久しぶりに明るい記事。
Microsoft、Windows 7 SP1を一発で最新にするパッケージを提供』PC Watch

Windows10の発売以降、無償Upgradeの対象になっていることもあって、その件ばかりがクローズアップされてきた感があります。会社的にもWindows7ユーザーを早くWindows10へと移行させたい意向があるのに、旧OSに対してサポートを強化するというのもなかなかデスナ(特に、米国企業はこういうところが割とドライにも感じていたので)

最盛期には4台ほどWindows7で運用していましたし、その後も入れ替えやらで何度かWindows7をインストールしているので、もっと早くからこうしたサービスを提供して欲しかったとも思いますが、いずれにせよここ数年は”7”の新規インストールはしていないので…(以下ry

”7”と”8.1”が各1台で、残る4台は全て”10”を導入済な私のPC環境。1台だけ残っている”7”機もあと1か月以内には”10”へUpgradeするつもりなので、個人的には「今更」感も強いのですが、引き続きしばらく”7”で運用を続けていく向きには朗報でしょう。
個人的には…”7”のライセンスをUpgradeに使用しているのですが、どのPCにどのライセンスを使っていたっけ?!的なところが目下の悩み。安易にUpgradeすると管理も大変ですね(苦笑
(旧OSのパッケージを捨てられない…)


 

残2ヶ月余り

2016.05.18.Wed.20:00
PCの調子が悪い…ということで、実家に呼び出されました。
スイッチを押してもWindowsが起動せず、何か注意メッセージ的なものが出て、そこで止まってしまっているとのこと。とりあえず駆け付けたのですが…

案の定?!Windows10への無償Upgrade関連でした。どういう訳か、(本人が無自覚のうちに)Upgradeに承諾してしまっていた様で、状態としてはUpgrade済の状態からの初回の起動だった様子。「本当にUpgradeして良かったのですね?」的なメッセージが出ていて、それに承諾をすると起動しました(^^

なんでこのタイミングなのか?と疑問に思っていたのですけれど…
Windows 10へのアップグレードが実行される日時が表示されるように』PC Watch

…もしかすると、この関連だったのかもしれないなぁと、記事を読んで思った次第デス。

幸か不幸か、実家のPCもこれでWindows10になったので、会社にある父用のPCもこれでWindows10へと切替ができる恰好になりました(高齢なので、PCの環境を自宅/会社で極力統一する様にしています)。現状、私が管理しているPC6台のうち4台がWindows10へと切替済であり、会社の父用PCを切り替えると残1になる計算。これで、7月の期日までには(残1含めて)全て移行させる目途が立ちました(^^A


 

再転用問題について

2016.05.17.Tue.19:43
3月期末における「フレッツ光」契約数が発表になった由。
フレッツ光は1925.9万回線、うち469万件が「光コラボ」~NTTグループ2016年3月期決算』InternetWatch

数年前にauひかりへと切り替える前は長らくフレッツ光を利用してきましたし、サービス内容の変化次第ではいずれまたフレッツ光へと戻すことも十分ありえるので、フレッツ光関連の記事にはどうしても目を通してしまいます(^^A

今回の発表で気になったのは、光コラボの利用率なのですが…
光コラボの導入から1年余り、シェアとしては全体の約1/4が移行したとのこと。この数字をどう評価するのかは、見方によって異なるので何ともですが、個人的には微妙というか絶妙な水準だなぁという感想デス。

従来型と比較すると、光コラボにする経済的(コスト面での)メリットは間違いなくあるでしょう。この点で考えると、契約方式を移行する人が多く出るのは想定内のはず。一方で、光コラボを利用すると”再転用”不可という足枷が現状はあるので、単純に経済的理由だけでは移行しにくいという面もあります。加えて、契約の相手方がNTTであることに安心感を覚えたり、既存契約を移行させることに面倒くささを感じる人は一定数いるでしょう(特に高齢者)。そのあたりを勘案すると、現状の1/4という水準は微妙というか絶妙というか…

ウチの取引先(つまり店子さん)でも固定回線の契約がない人が増えています。携帯回線の高速化が進むと、固定回線を敢えて用意するメリットも減少するので、これから先は弱含みなマーケットだよなぁ…と思いつつ、そうした狭まりつつある市場でシェアを維持していくためには他社顧客を奪い取るしか方法がないのだとすれば、いずれ”再転用不可”の問題は避けては通れないと思うのですよねぇ…。
携帯回線でも長らく時間がかかってMNPの仕組みができたワケですから、固定回線の契約にも同様の仕組みを早いトコロ用意して欲しいものですネ(^^


 

2016春イベ 折り返し点

2016.05.16.Mon.18:26
月初から始まった、”艦これ”の春イベ。
事前情報で”総力戦”を謳っていただけに、なかなか歯ごたえのある(ありすぎる)内容に楽しんで(苦しんで)います(^^A
とりあえず、イベント期間も折り返し点となったので、現時点での攻略状況を…

【進捗】
先週、E-4甲クリアしたものの、E-5は未進出。
天井に張り付いている鋼材はさておき、燃料/弾薬/ボーキ全て6万からのイベント突入でしたが、E-4クリア時点で弾薬が2万台へ大幅減。そんなワケで、とりあえず資材の回復を待っているトコロです。

【レアドロップ】
未所持では”能代”、既所持では”鹿島”程度がめぼしいトコロ。いつも激レアな秋月/照月はまだしも、伊401やUちゃん、雲龍、香取あたりは欲しいトコロなのですがねぇ…。イベント終盤で間に合えば”掘り”をしてみようと思います。

【雑感】
E-2甲でド嵌り。ゲージ消滅後に延々とボス撃沈できず、資源の大量消費で断念⇒泣く泣く乙クリアへ方針転換。Uちゃん未所持組でWG42が1つのみ…では甲クリアは無理ゲーでしょう。今回初導入の基地航空隊はE-4で試したのみですが、なかなか面白い。でもかなり撃墜されるので、資源には優しくないですな(苦笑

戦艦/正規空母は全てLv.95以上、重巡は全てLv.89以上、軽巡は全てLv.73以上。駆逐艦とて、2/3以上をLv.60にし、改2勢はLv.80以上まで育っています。司令部Lv.112の”大将”なのですが、イベント序盤でも甲クリアは中々厳しいデス。ここから先の進路は省エネも考えて乙ないし丙も要検討です(^^A


 

コンパクトカーの選定 その8

2016.05.15.Sun.21:01
昨日のエントリの続き。

試乗も済ませたので、今日は見積書とオプション表を見ながら、必要なものの見落としがないかチェックしてみよう…なんて思っていたのですが、こういうときに限って肝心の見積書が見当たりません。ここ1ヶ月、色々なクルマに試乗しては見積書を受け取っていたため、どこかに紛れ込んでしまった様デスネ(汗
昨日の今日でアレでしたが、ディーラーに夕方出向いて再度プリントアウトしてもらうことにしました。ところが…

つい数日前に特別仕様車が発売になったとのことで、見積書の内容がそちらに切り替えとなっていました。
日産、「ノート」に特別仕様車「V セレクション+SafetyII」』CarWatch

当初の見積書でMOPとして選択していたものが全て標準装備になり、Total価格的には約2万円安になる由。安価にはなるものの、通常の”値引額”に比べると微妙な金額デスネ。どちらかというと、メーカー側のディーラー支援策なのでは?と思ってみたり。

購入者側としては、最終的な支払額が予算に収まればイイ話なのですけどね。
さて、オプション関係をじっくり検討してみますか!!


 

コンパクトカーの選定 その7

2016.05.14.Sat.19:30
久しぶりに午後から試乗してきました。

約3週間前にも試乗し、これで3度目となるNoteですが、今日は高速を走ってみようかと(^^A
検討中の”DIG-S”グレードが用意されていたので、アクセルを踏み込んだ時の1)速度が伸びていく感じと2)騒音の状況、加えて3)エコモードのOn-Offによる変化の具合あたりを確かめたいなぁと思った次第。

結果としては…
エコモードOn状態ではSuperChargerOffなため、高速道路は力不足な印象。アクセルを踏み込んでも速度の伸びが鈍く、その割にエンジン音は騒々しい。エコモードをOffにするとSuperChargerはOnになり、排気量1.2L車とは思えない動力性能になりますから、やはり購入するならSuperChargerが付いたDIG-Sグレード以上デスネ。
ちなみに街中を走るだけならエコモードOn状態でも十分デシタ。

おまけとして…
Fitでも気になった塗装の仕上がりをNoteでも確認したところ、やはりボンネットを開けた内部の塗装はFit同様に省略されていましたorz この部分の塗装を省略しても実害は少なく、メーカーとしてはコストダウンが図れるということなのでしょうけど、購入者側からすると気分的にイイものではないですな。

それでも、後席や荷室の広さ、安全装備の充実具合、そして価格面からすると一番バランスが取れていると感じているのが現状ではNote。今のところ納期も短いそうですし、当方としても急いでいないので、4半期決算にあたる来月にでも価格交渉をしながら決めようかと思ってます(^^V


 

決算発表に思うこと

2016.05.13.Fri.20:50
3月決算の会社がプレス発表を行う時期になりましたが、ここ数日自動車会社の報告についての記事を読みました。
日産、2015年度通期決算を発表。営業利益は前年比34.6%増の7933億円』『スバル、2018年にPHV、2019年に新設計ダウンサイジングターボ、2021年にEV投入を予告』ともにCarWatch

【日産】
国内の落ち込みを海外(米国+中国)でカバーする形で販売台数を微増させた様ですが、肝心の国内販売についてはテコ入れの具体案は出ず。「プロパイロット ドライブ」採用車の発売と「e-POWER」システム搭載の新型コンパクトカー導入というところまでは発表されていましたが、具体的な車種/クラスや目標販売台数と導入時期については不明。米国と中国での発売予定車種については発表しているのに、なんというか(以下ry

【スバル】
こちらも国内販売減を海外(米国)で補うという、↑と同じような展開。2018年からPHV/ダウンサイジングターボ/EVと1年毎に投入する計画なのだそうですが、”遅い”の一言に尽きるかと。ダウンサイジングターボは欧州車で数年前から顕在化しているのに、更にあと3年待たないと乗れないなんて話ですから…。レヴォーグで1.6Lターボ車を投入済みですけど、税制の関係上どうせなら排気量1.5Lにして欲しかった…なんて意見も散見されてますし。

少子高齢化が進み、またクルマ離れが進む中で国内市場が窄んでいるのも理解できますが、供給側の出すモノと消費者側の求めているモノのミスマッチがありすぎるというのも、国内販売が低迷している一員じゃないのかなと。加えて、車がモデルチェンジの度にどんどん値上がっているのもどうなんですかね。私の最初のクルマ”カレン”は2LNAでしたけど、当時100万+α/Lという感じだったのに、今では予算200万円ではせいぜい排気量1.2~1.3L程度。物価水準はこの20年余りで横ばい以下のはずなのに、車の価格が右肩上がりでは購買意欲だって衰えるのは自明でしょう。

国内の市場規模が小さくなってきたのに、それを大きくする努力はせず、安易な海外拡大策を採るだけではいずれジリ貧になるのではないかと思うのですけど、どうなんですかねぇ(^^A


 

新色追加

2016.05.12.Thu.19:18
WD社製HDDにまた新商品が出る由。
業界最高レベルの信頼性」をうたうHDD「WD Gold」が13日に発売』AKIBA PC Hotline

個人的には、以前は黒や青も使用していましたが、現在手元で稼働しているのは赤(無印)のみ。
従前からラインナップとしてあったのは(自分の記憶では)赤/青/緑/黒。緑は青に統合されたものの、全体としてはいつの間にやら増殖して、今や紫と金がある他、赤も細分化して無印/Proがあるなど各色内での細分化もあって…(以下ry

一つ一つのスペックを比べて見るとMTBF値や保証期間に差を付けている様ですが、わかりにくいなぁ…というのが率直な感想。監視データ用もデータセンター用も24時間/365日稼働という状況が想定されるのは同じなわけですし、データセンター用とNAS用などは(使用者側の規模の差こそあれ)用途はほぼ同一かと。そうした中で色分けを細かくされても、購入者側としては悩んでしまいますネ(^^A

かつて数多くあったHDDメーカーは淘汰されながら数社に集約化されたものの、現在では安価になったSSDとの競争状態に突入しているので、用途の提案をしつつの商品開発が必要になってきた…っていうことなのですかねぇ…。