FC2ブログ

501→503

2016.12.18.Sun.20:09
TEACのDAC内蔵アンプ”AI-501DA”の後継が発表になった模様。
TEAC、AK4490×2搭載USB DAC兼プリメイン。アナログメーターやLDAC対応Bluetoothも』AV Watch
ティアック、ハイレゾ時代のDAC付きプリメインアンプ「AI-503」を発表』CNET Japan

昨春、自宅のPCまわりのオーディオ環境を構築する際に”501”は有力候補の1つだったので、ふと気になって思わず記事を読んでしまった次第。

まず気付いたのが価格なのですが、定価約10万円だった現行世代から、オープンプライスへと変更になっており、店頭予想価格が13万円だとか。現行世代機はひところ4万円前後で購入できた時期もあっただけに、すごい値上げだなぁ…。
とはいえ、同社から単体DACとして発売されているUD-501(定価約11万円)の後に出たUD-503(OPEN)も、発売当初であった昨夏は13万円程度で、現時点では約10万円程度になってきていることを勘案すると概ね想定内とも言えるのかな。

自宅の音環境を変更したので、次は仕事場を…とも考えているのですが、501の価格ならまだしも新型となると到底予算Over。でも、501とて市場在庫もほぼ払底しているようですから、ちょっと縁がなかったのかなぁ。
弟分である”AI-301DA”はまだ販売中の様ですが、3万円という価格帯だとより小型なKENWOOD製品とも悩ましいトコロ。年明けにどこかへ試聴しに行ってみようかな…


 
スポンサーサイト