FC2ブログ

もはや2強ではなくなった…

2017.04.17.Mon.20:27
SONYが米国でシェア2位に浮上したとの報。
ソニー、35mmフルサイズ機で米国シェア2位に』デジカメWatch

SONYがシェア2位に浮上したということは、NikonとCanonという両巨頭の一角を崩したということであり、現時点での製品ラインナップや市場シェアから想像するなら恐らくNikonが3位以下へ転落したということでしょう。
Nikon党員的には寂しい限りではあるのですが、そもそも個人的にはフルサイズユーザーではないので何とも(^^A

そもそも現行αのラインナップってどうなのよ?と同社のWebサイトを見てみたところ、
α7RII > α7SII >α7S >α7R >α7II >α7
と高価な順に計6機種もフルサイズ機が用意されています。
12MP機なα7SII/α7S、24MP機なα7II/α7、36MP機なα7RII /α7Rと、3系統で新旧ともに販売を継続しており、価格帯も(Bodyのみで)約10~30万円程度と比較的手頃。最近の機種はBody内手振れ補正(しかも5軸!!)まで付いているのですから、そりゃ売れるよなぁ…と。

かたやNikon、現行ラインナップこそD5 > D810A > D810 > Df > D750 > D610と同じく6機種揃えていますけど、D810Aは天体観測用という特殊用途向けですし、D5は約60万円と完全なる”プロ機”、Dfはマニュアルチックな懐古調を売りにしているマニア向け機なワケで、実際のところ一般向けとなるとD810/D750/D610の3機種のみ、いずれも800g超~1kgと重いです。

現行ラインナップを見比べるだけでも、どちらが一般ユーザー向けに充実しているのかは自明なワケで、こんなところでもNikonの不調さが何となく解ってしまうよなぁ…と思った次第デス(^^A


 
スポンサーサイト