FC2ブログ

無線LANルーターの調達 4

2017.08.11.Fri.20:15
昨日のエントリの続き。

ポチったルーターが届いたので、早速入れ替えを実施してみました。
既に自宅でも同機種を導入しているため、目新しい部分もなく作業自体もスムーズに終了。こういう部分、慣れている機種はイイですね(^^

さて、入れ替えてXperiaZ5で試してみた結果(10回試行の平均値)なのですが…
11a⇒11acで下り83.8Mbps⇒91.1Mbpsへと約1割Up。リンク速度が270⇒866MbpsへとUpした割に実測の伸びが悪いのはその先の固定回線とNTTルーターの性能によるボトルネックなのでしょう。
また11nでは下り54.9Mbps⇒66.7Mbpsと約2割のUp。リンク速度は130Mbps⇒144Mbpsと大差ないのですけどネ。

ちなみに、上りについては交換の前後を問わず、いずれの場合も、概ね2~3Mbps。PCで試すともっと速度が出るので、これは子機側のボトルネックなのでしょう。上記内容を踏まえると、2.4GHz側の理論値速度に拘る必要性もないので、機能面でWG1900HPより比較優位な2200HPでも良かったのかな?!(結果論ですけど…)
あとは、元の回線(といういか、ひかり電話対応ルーター)をいつ交換するか?デスネ(^^A


 

無線LANルーターの調達 3

2017.08.10.Thu.20:20
先日来悩んでいた仕事場のWi-Fiルーター新調の件ですが、結局自宅と同じNEC製のWG2600HP2をポチりました。

今春に購入した際と比較して約1割の価格下落がありましたが、それでも1万円台半ば。ほかに検討していた機種は殆どが1万円前後なことを勘案すると若干割高な感は否めませんが…
1)自宅でノートラブルな運用実績
2)実売価格で約5千円の差のみ
3)下位WG1900HPやWG2200HPでは何かしらの機能が削減

Buffalo製品と対比した上でNEC製品を選択したのですが、1900/2200は悩んだところ。接続機器の現状を勘案すれば1900/2200で十分なのですが、これから4~5年は使用予定なので子機側の更新も避けられないですから、価格差に納得ができる範囲であればなるべくハイスペックにしておいてもいいのかなと。

元々の接続回線(固定回線)がNTTの旧「B FLET'S ハイパーファミリータイプ」で、数年前にNTT側で「フレッツ 光ネクスト」サービスへと切替が完了したのですが、回線自体の理論値最大通信速度はNTT貸与のひかり電話対応ルーター側の制約もあって上下100Mbps。本来であれば、ボトルネックになるココにも手を入れない限り無線LANルーターをいくら速くしても意味がないのですが、契約変更を伴う可能性もありますし、ルーター側の再設定作業なども予想されるため面倒なので現状はスルーしてます。
でも、ひかり電話対応ルーターも考えてみればもう11年超な感じですから、そろそろ”覚悟”をしておいた方がいいのかもしれませんネ(^^A


 

DAP考 2

2017.08.09.Wed.20:12
前回エントリの続き。

”入手性や価格面を考慮すらば現実的な解はiPodかWalkmanあたりになりそうな感じ”…と書いたのですが、その後も少し調べてみました。
NX300は発売どころかまだ正式発表すらされていない車種なので、当然ながら公開されている公式データはありません。担当SCに相談しようにもお盆休み中ですし(苦笑 そんな訳で製造元へ直接TELして、相談してみた次第。

やはりNX300についてはまだ回答できないとのことでしたが、現在乗っているRX450hについてはある程度教えていただけました。
1)Bluetooth接続については、公開できる検証データはない
 ⇒手持ちの機器で個別に試すしかない
2)仕様としてBT接続の場合だと、5台までの登録は可能
 ⇒5台までの接続は可能
3)USBでの有線接続はiPod nanoやTouchシリーズで確認済
 ⇒Walkman含め他機種では未確認とのこと

車側(ハンドルにあるリモコンやナビ画面上)での操作を前提に考えた場合にAUX接続という選択肢は消滅、必然的にUSB/Bluetoothになります。USB/Bluetoothでの接続となった場合、再生能力はあくまでも車載オーディオ側に依存してくる感じになるので、DAP側での音質改善機構は殆んど意味をなさなくなるのだとすると、そもそもハイレゾ対応だのDSEEだのと謳うWalkmanはオーバースペックとも言える訳でイヤハヤ。
⇒…などと考えると、動作確認の件を含めてもiPod系にしておくのが無難ということなのでしょうかね(^^A

なるべく林檎社製品を使わない様にしてきているのですが、iPadに続きiPodもか…という点が個人的には引っかかります。もっと言えば、microSDHCの様な外部メモリが使えない点や非ハイレゾなのに割高な点、iOSのUpdate含めて賞味期限(≒サポート期限)がメーカーに決められてしまう点なども引っかかるのですよねぇ。
はてさて、どうしたものかなぁ(^^


 

SKYACTIV-X

2017.08.08.Tue.20:30
今日はマツダから注目すべき発表が…
マツダ、ガソリンの圧縮着火を世界で初めて実用化した次世代エンジン「SKYACTIV-X」を発表!』autoblog

「SKYACTIV-X」や「SPCCI(Spark Controlled Compression Ignition:火花点火制御圧縮着火)」という名称が出てきましたが、以前から同社が開発中と噂されていた「HCCI (Homogeneous-Charge Compression Ignition)予混合圧縮着火」のことなのでしょう。
市販車搭載が2019年予定で、同年にシャシーとBODYもSKYACTIVの第2世代を投入ということは、フラッグシップであるアテンザのFMCに合わせての導入ということなのですかねぇ。現行アテンザ(GJ系)も2012年のFMCから既に5年経過しているので来年あたり?!と思っていたのですが、更にもう少し先(2019年)の話になるということなのかな(^^A

CO2の排出面でも、燃費面でも、またパワー面でもイイこと尽くしな感もありますが、投入時期が2019年というのはちょっと気になるところ。海外勢の動きを見ている限りではEV開発へとシフトしているイメージなのですが、いかに高性能とはいえガソリンエンジンを開発しているというのは時代の流れ的にはどうなのかと心配に感じる部分もあります。
でも、この開発が順調に推移すれば、2021年以降と予想しているデミオのFMCでも小排気量版が搭載されるかもしれませんし、そうなると我が家のデミオの買換え時には当然ながら対象になってきますから、そういう意味ではちょっと楽しみでもありますネ(^^


 

DAP考

2017.08.07.Mon.19:41
週末のエントリでも書きましたが、RX450hをNX300へと買い換えることになりました。

そこで問題になってくるのが、RX450hのHDDナビに貯め込んでいた音楽データについて。自分なりに調べた限りでは、RXのHDDから音楽データを抜き出すことは出来なそうです。また、NX300はSDナビなので、ナビにmicroSDHCをセットすればこれまで同様に音楽データを貯め込んでいけるらしいのですが、どうせならこの機会にDAP(デジタルオーディオプレイヤー)を導入してみようかと。DAPなら同じくSDナビなデミオにも持ち込めますからねぇ(^^

DAPとナビをつなぐ方法は、AUX or Bluetooth or USBあたり。音質が一番良いのはAUX接続なのでしょうが、操作はDAP側からの身になりハンドルやナビ側からの操作はできません。残る2つだと操作面では便利ですが、音質の劣化や接続切れの可能性もあるので悩ましいトコロ。またBluetooth接続はスマホでも行っているので、そのあたりの兼ね合いがどうなるのかも試してみる必要がありそうです。
またUSBからの出力に対応している機種はどうやら限られるみたいなので、そのあたりも調査が必要そうですが、入手性や価格面を考慮すらば現実的な解はiPodかWailmanあたりになりそうな感じ。

まだ納車まで半年あるので、年内一杯はじっくり調べて、年明けにでも調達⇒データの再構成という流れになるのかな(^^A


 

両車を所有していますが…

2017.08.06.Sun.21:17
数日前の記事ですが…
トヨタとマツダ、業務提携で合意。EVやコネクティッド技術を共同開発』Car Watch

スバルとトヨタの際も感じたことではあるのですが、「永年のマツダファンからすると複雑な気持ちだろうなぁ…」というのが新聞の朝刊記事で本件を知っての第一印象。
コアなマツダファンやスバルファンからすると、トヨタはアンチの対象でしかなかったでしょうから…
個人的には、トヨタ(レクサス)とマツダの両方を所有していますし、(結局購入には至らなかったものの)スバルを乗り換えの対象に考えていたりもしたのでアレですが…(^^A

HV一本鎗からPHV、FCVという展開を描いていたであろうトヨタ、HVなどは出遅れておりクリーンディーゼルに軸足を置いたマツダ。相互を補完するにはいい組合わせな感もありますが、一方で海外ではクリーンディーゼルに逆風が吹きつつあり、またHVですらエコカー優遇対象から外す動きもでてきたため、自動車業界全体としての方向性はEVへと向かいつつあるような印象。

自動運転とEVにより異業種からの参入も出てくる中だと、多額の投資負担もあるため必然的にグループ化がされてくるのでしょうが、そうなると現状出遅れている感のあるホンダの動向が俄然気になりますなぁ(^^A


 

そして契約へ

2017.08.05.Sat.17:10
昨日のエントリの続き。
Lexusへ出向いて、提案された条件の最終確認を済ませてきました。

金額的には昨日Telで報告を受けた通りでしたが、DOPで「無料サービス」になる部分が完全に抜け落ちているという落とし穴もあって…(以下ry
当然ながら下取りUpの金額の方が無料サービスの抜け落ち額より大きいのですが、少し残念な感じ。結局、一部割引くというトコロで妥結することになったので、DOPとMOPを若干追加しつつハンコを押してきました(^^A

確認できる実車もなく、納車も半年先…という条件の中で契約するのも何だかなぁと思う反面、来月半ば以降に実車を確認してから注文となると納車は早くても来春になってしまうでしょうし、そうなると下取り価格の下落も免れません。そう考えれば、好条件提示を受けた今というのもまぁイイところなのかもしれません。

現車RXは下取り評価が中々良かったですが、今回注文したNXの方が更に下取り評価が高い様ですし、今後5年で車は(自動運転やEVなどにより)更に進化するでしょうから、(RXは元々7年は乗るつもりでしたけど)次も5年間隔になるのかもしれません(^^A


 

まさかの好条件

2017.08.04.Fri.19:58
先週末のエントリの続き。
期日が設けられていたこともありましたし、話を聞いたままな状態だったこともあるので、提案への回答を昨晩にしてみました。

1)購入するならVer.L、納期半年は了承
2)予算超過を伝えて、下取り価格の大幅上昇を依頼

これでダメなら買い替えを急がずに別の車を探してもイイか…と、かなり高めのボールを投げ返してみたつもり。当然ながら難色を示されて、その場では返答が出ず翌日回答するとのことに。まぁ無理だろうなと思っていたのですが…

今朝、電話で返事が来て、ほぼ満額回答に近い水準で本社決裁がとれたとのこと。じゃぁ最初の提示額は何だったのよ?!と言いたくもなる様な価格Upだったので、ちょっと驚いてしまいました(苦笑
現在のRXの取引相場の8掛け水準、その価格をこれから半年間(納車まで)維持してくれるというのですから、ディーラー下取りとしてはかなりな好条件でしょう。相変わらず本体値引きはゼロですが、下取りUpやDOPの無料サービス分を実質値引きと考えれば、まぁ納得できる範囲。

そんなこんなで、とりあえずOKを出してしまった次第。
正式には明日、もう一度出向いてサインという流れなのですが、今のうちに何か計上モレがないかチェックしておいた方が良さそうですね(^^A


 

協議はいつ終わるのか?

2017.08.03.Thu.20:29
先日、Flashの終了が本家本元であるAdobeから発表になりましたが、気になっていた「艦これ」について続報が…
Flash終了へ DMMの「艦これ」「とうらぶ」は「対応を協議中」』IT Media

続報と思って読んでみたものの、「対応を協議中」という内容だけでは何ともなぁ…という印象デス。
対応するのかしないのか、最終的には結論が出てくる話ではあるのですが、(度合こそ低いものの)”課金ゲーム”な訳ですから早く結論や方向性を出してほしいトコロ。課金を重ねて行ったのにある日突然「打ち切り」報告では泣くに泣けない状況ですからねぇ(苦笑
打ち切りが決まっているのに、その方向性や結論を出し渋ることによって極限まで課金による収益を上げたい目的なのか?!…という穿った見方も可能になってきますしネ。

方向性が見えなくて悶々とする中ですが、次週からは”夏イベ”が開始とのアナウンスも運営サイドからは発表になっています。今回の作戦規模は「大」と発表されていることもあり、またしても課金して母港を拡張しておこうかなどと考えている(大汗)のですが、こうした投資が無駄にならないといいのですけどねぇ(^^A


 

サブスクリプションモデル考

2017.08.02.Wed.20:19
月額課金(サブスクリプションモデル)での販売について、ちょっと考えてみた記事。
「Microsoft 365」とは何なのか? 』IT Media

リンク先記事における「Microsoft365」というサービス自体は企業向けのものなので、個人使用においてはまだ関係ないのですが、私の様に①個人事業主や②法人形態にしているものの実質個人経営といった場合には「全く無関係」とも言い切れないので、興味をもって読んでみた次第。

300人以下の企業をターゲットにしたMicrosoft 365 Businessの場合、月額20ドルという料金体系。仮に6年間契約した場合だと1,440ドルなので現在の為替水準では約16万円弱な計算。一方、これまでWindows(@2万円)は約3年に1回、Office(約6万円)は6年に1回の間隔で買換えてきていたので、6年間では合計10万円支払っていたことになります。

単純計算ではサブスクリプションモデルへ移行すると損な感じですが、仕事場の1台と自宅の2台で計3台を運用していることを考えると「人に紐づけ」されるのであれば逆にかなり割安になるとも言える訳です。
でも、「人に紐づけ」となった場合に、「私と家族」や「私と従業員」のような形で共用しているPCについての扱いがどうなるのかが疑問ですな。
将来的には”永続ライセンス”から”サブスクリプションモデル”へと個人も含めて変わっていくというのが全体としての方向性な気がしますが、上記の様な場合にどうなってくるのかは興味がありますネ(^^A