FC2ブログ

公式アプリ

2017.09.13.Wed.20:07
auの公式アプリがまた1つリリースされたとのこと。
「au STAR」アプリ配信開始、会員制プログラムの特典やポイントを確認可能』ケータイWatch

このアプリを使うことで、auSTAR関連の情報がすぐにわかる様になるらしいのですが、便利になるなぁと思う反面「またか…」という思いも。
My auやデジラアプリ、サービスTOP、スマートパスなど、公式アプリはこれまでもかなりの数が用意されていて、それぞれ個別には「便利だ」と思えるものもあるのですが、如何せん数が多すぎる気がします。
1つ、キーとなるアプリを用意してくれて、そのアプリ経由で全てのサービスが網羅出来るような仕組みにしてくれた方がスッキリするのになぁ…と。

ポイント付与時のプッシュ通知は現在でもCmailで連絡が来ますし、現在の所有ポイントについてもMy auから確認できます。My auのUIを変更して「より使いやすく」という方向性なら理解できるのですが、公式アプリばかり増えても(該当するアプリをイチイチ探す必要がありますから、)肝心の使い勝手が悪くては本末転倒でしょう。そのあたりの改善を期待したいのだけどなぁ(^^A

 

夏イベ2017を終えて

2017.09.12.Tue.19:55
夏イベ2017が1ヶ月間の日程で終了しました。
これまでの航海録は、開幕/序盤戦/中盤戦/後半戦/E-8でUpした通りですが…

【レア艦の捜索結果】
新規実装組: 狭霧、天霧、旗風、Richelieu、松輪、Luigi Torelli、ArkRoyal
実装済未所持組:藤波、山風、嵐
既所持組:天津風、阿賀野4姉妹、天城、Libeccio、Commandant Teste 、Littorio ほか

未所持救出失敗組:野分、照月、親潮

Luigeは比較的短期で掘れたものの、松輪捜索に計5日かかったのは計算外。結果的に照月堀りには2日しか残っていませんでしたorz
Commandant Testeや藤波、朝雲など堀りで人気の稀少組が各々複数ドロップした一方、狙っていた艦には中々邂逅できないというのも、最早お約束デスネ(苦笑

【雑感】
資材8万スタートで最後は3桁まで使い切ったのに完走できなかった春イベでしたが、今回も8万からスタートして結果的には4千程度まで減少。バケツも夏イベ開始時から600程度の△になりました。それでも(前回の反省から海域難度は落としましたが)、完走かつ新規実装7艦をコンプできたのはヨカッタかな。夏イベ突入までの間に大型建造は何度か試したものの、結果的に今回も「大和」「ビスマルク」は不在のまま。次回までに用意できるかなぁ…と毎度のボヤキです(でも、大体何とかなっているのですけどね)
これまで取りこぼしてきていた艦を今回いくつかGetできましたが、これから育成が大変になることを考えると複雑ですな(^^A


 

QUOカードでの対応

2017.09.11.Mon.19:42
先週のエントリの続き。
その後、先週末に結論が出たようで…
日本AMD、Ryzen Threadripperの早期購入者に最大18,000円分のQUOカードを配布』AKIBA PC Hotline

対象となるのは…
1)8月30日(水)までに、旧価格で購入した人
2)日本国内のAMD正規代理店シールが貼られた製品
…という条件を満たした場合にQUOカードで返金対応とのこと。

振込み対応だと振込先の確認作業が必要になりますし、手数料も馬鹿になりませんから、こういう場合にはQUOカード対応というのが一般的になるのですかね。
対象となる条件については常識的な範囲なのですが、一方で並行モノを購入した人は気の毒だなぁ…と。尤も、CPUで並行モノが出回っているのかどうかは正直?なのですケド。

以前、準大手PCショップでM/Bやビデオカードを購入した際に、期せずして並行モノが届いた経験があるので(以下ry
こういうことがあると、多少高くなったとしても正規代理店扱いのモノを大手ショップで購入というのが安心なんだよなぁ…と思ってみたり(^^A


 

モデルチェンジで手が届かぬ場所へ

2017.09.10.Sun.20:27
オーディオ関連で気になった記事。
B&W、ミドルクラス新スピーカー「700 S2」。CMシリーズ似だが“中身は過激に進化”』AV Watch

”CMシリーズの後継”という文言に思わず注目してしまったのですが、調べてみたところ今年の初夏の頃からCM1やCM5などで「生産終了のアナウンスが入っている」という記事やBlogが検索に引っかかってきました。しばらくこの分野の記事を追いかけていなかったのでちょっと驚いた次第。個人的には、CMシリーズ(CM8/9)の音を試聴して、とても憧れたというか欲しくなった(そして、予算的に泣く泣く諦めた…)記憶がありますので、ちょっとショッキングなNewsです。

新たなモデルとして700シリーズに切り替わるそうですが、特徴的だった黄色いケブラー製のコーンがシルバーに替わってしまうそうで、これもまた少し寂しい気分(まぁ、本質的には「音」がどうなるのか…なのですけどね)
エントリー向けで600シリーズ、上位に800シリーズが既に展開されていることを勘案すれば、ミドルレンジで700という名称になるのはある意味わかりやすくなったのかもしれません。

かつてのCM1(ペア約11万)の代替が707S2でペア15万、価格的にはかなり跳ね上がった感もあるのですが、いずれ多少は落ちてくるのですかね。CM8/9あたりの代替になる704/3S2で単品17万/22万ですから、こちらもかなり割高になっています。いつかは欲しいなぁ…と思っていたのに、更に遠くへ行ってしまいましたか(苦笑


 

次週、CX-8が正式発表に

2017.09.09.Sat.20:11
CX-8の発表日が9/14へと正式に決まった模様。
マツダ、新型クロスオーバーSUV「CX-8」の発表会を9月14日11時よりライブ配信』Car Watch

CX-8を年内に発表/発売しますヨ…的なアナウンスが公式に流れたのは今年のG.W.頃の話ですから、もう5ヶ月近く経過しているのですね。ここまで随分”引っ張られた”感がありましたが、一方で情報統制が厳しくてNewモデルの詳細な情報がなかなか流れてこずにヤキモキさせられました(^^A

既に受注は開始しているので、価格帯については販売店側で(社内用として)既に用意されているカタログを見て知っていますし、そのあたりの情報は雑誌やWebでも掲載されいますから、今日の時点でも調べようと思えばまぁ誰でも…(以下ry

最上位にあたるLパケは6人乗りしか選ぶことができず、しかもキャプテンシートでセンターコンソール仕様な関係で2列目から3列目へのウォークスルーが不可になることや、2/3列目を折りたたんで荷室を最大にしたときにセンターコンソールは邪魔になる可能性がある…など、個人的には気になるトコロがあったのですが、このあたりは今月中旬以降に実車がキャラバンで回ってくるらしいですから確認してみてもいいかな…と思っています。
尤も、既にNXを予約してしまっている身なので、早々にコレを購入する可能性は皆無なのですけど、いずれガソリンターボ車あたりが追加されればMC後あたりに乗り換えも面白いかな…と考えているのですよね(^^A
(米国CX-9で用意されている2.5Lターボなんて追加してくれないですかねぇ…)


 

夏イベ2017…そしてE-8へ

2017.09.08.Fri.20:40
艦これ”夏イベ”も残り数日、当鎮守府では既に完走して”掘り”での巡回(E-8)にシフトしていますが、その航海ログです…。

【進捗】
先週土曜日に完走し、日曜日から”掘り”開始。
まずはE-6でLuigi Torelli捜索を始めたのですが、翌月曜日に無事に発見。火曜日から松輪捜索@E-5に切り替えました。ドロップ率2%程度らしいLuigi Torelliは計15周程度で邂逅できましたが、松輪はS/A勝利で計3~4%と緩いはずなのに何故か難航。難易度もE-6は丙でしたが、E-5は乙クリアしてしまったことも影響して、道中大破を時折くらうことも影響しています。それにしても…どうやら物欲センサーが強力な様です(苦笑

【レアドロップ】《前回エントリ以降》
新規実装組:Luigi Torelli
実装済未所持組:
既所持組:長波、朝霜、風雲、藤波*2、島風、鈴/熊、瑞鳳、5航戦、長門etc

【雑感】
現時点での資源残は燃料1.7万/弾薬1.7万/ボーキ4.9万/バケツ620程度。連合艦隊運用とはいえE-6は補給部隊でしたし、E-5は非連合艦隊なので、資材消費はバケツを除けば比較的少なく済んでいます。
実質的には今度の日曜日までと残数日な状況ですが、何とか早めにE-5周回を終えたいデスネ。そしてその次はE-4で照月狙いにするのか、最後にE-7へまた舞い戻って予備用のプリン/Uちゃん狙いにするのかは悩みどころです(^^A


 

Felicaの異常?!

2017.09.07.Thu.20:40
コンビニ等で普段からモバイルSuicaを利用していますが、久しぶりにJRで使ってみたところ、思わぬ不具合に遭遇してしまいました…

地元の駅で入場する際はOKでしたし、併せてスマホのアプリ経由で購入したグリーン券を車内で搭乗手続き(天井部にタッチ)した際もOKだったのですが、降車駅でトラブルが発生した次第。どうにもエラー連発で改札から出られません。降車駅のみどりの窓口でスマホを預けて対応してもらったトコロ、Felicaチップの反応が弱いとのこと。試行錯誤の末「こちらで対応しました」とスマホを返却していただいたのですが、今度は帰路で改札に入場することができません(苦笑

「出場処理が未済」とエラー表示されたため再度窓口へ出向いたのですが、窓口の端末では私のスマホが読み取れない(つまりスマホのFelicaが壊れている)と告げられて、現金で切符を買って帰宅することに。
(Felicaチップが壊れているとの)説明が腑に落ちず駅構内売店で再度お財布ケータイを利用してみたところ、全く問題なく使えています。また自宅近くのコンビニでも、その後に立ち寄った書店でも同様デシタ。

それならと、再度地元の駅へ出向き調べて貰ったのですが…
先程の往路の出口で出場手続きと精算は(駅員の説明とは裏腹に)まだ済ませていないので要精算、Felicaは問題なく駅の窓口端末で読めている…との由。

結局のところ、目的地の入/出場で利用した改札と窓口計4か所でのみ使用不可という不可解な状況。当該XperiaZ5は先日機種交換(電源不良により交換対応)したばかりなので、全く使えないのであれば「不良品を送ってくるな!!」とauにクレームを入れたいトコロですが、他所で使えているとなるとそうした対応もどうやら難しそうデス。

幸か不幸か、JRは数ケ月に1度程度しか利用しないので、こうした状態でも実害はほとんどありませんが、やっぱりキモチワルイ。ということで、あと半年Z5で我慢することができるのか、少しばかり忍耐を試される事態になってきました(苦笑


 

公式対応するとのことですが…

2017.09.06.Wed.20:13
一昨日のエントリの続き。
Threadripperの価格改定の件、AMDがどうやら公式対応するみたいです。
発売2週間で値下がりのThreadripper。AMDが公式対応を行なう事態に』PC Watch

Vegaの方が期間的には短期での価格改定でしたけど、価格ではThreadripperの方が下落幅が大きかったので、ユーザー側としたら当然ながら(Vega同様に)キチンとした対応を求めたいところでしょう。
そういう点では、今までの様に「購入店に連絡してね」という対応や、「対応する購入店が一部にとどまる」という状況は必ずしも十分な対応ではなかったワケですから、これで一応改善は見られた恰好かと。

でも・・・
1)組み込み済で購入した場合(BTO製品など)の対応
2)レシート等を全て紛失/処分してしまった人への対応
3)正規ルートで購入していない人への対応
4)初期購入後、諸事情で既に売却してしまった人への対応や、それを購入した人への対応(新品の値下げは当然に中古取引価格へ影響するので)
…などは不透明(というか、多分ムリでしょう)ですし、そもそもいくら補填してくれるのか?など不透明な部分が現段階では多すぎる気がします。また、(Twitterをやっていない人など)こうした情報の入手ができない人がいる可能性もあることを考えると、返金の有無で不公平が生じる可能性もあって何だかなぁ…と。

競合他社製品対比でようやくまともに勝負できそうなモノが揃いつつあるのに、つまらないトコロで欲張ってしまった結果、余計な出費を強いられ、かつ自社の評判も落としてしまうあたり、何とも2番手企業らしいというか…(苦笑
これでコアなファン層が離れてしまったりしないといいのですけどね(^^A


 

A40シリーズ、国内発表に…

2017.09.05.Tue.20:28
Walkman Aシリーズの新作が発表になったとの報。
ソニーの「ウォークマン A40」- カラー刷新、DSD再生や外音取り込みに対応』マイナビニュース
他にもASCII.jpAV Watch

IFA2017で数日前に発表されてはいましたが、国内でも正式発表になった由。
「16GBのみ」という噂もちらほら見かけてはいましたが、結局16/32/64GBと用意されるみたいです。イヤホンが付属するのかどうかで、組合せ的には4種類になるようですが、個人的にはイヤホン無しな64GB版が気になります。

近年、ポータブルオーディオを使用することは皆無でしたが、車の買い替え(納車は来年早々の予定)を機に必要性を感じてきているので、ここのところ色々思案中です。といっても、現実的なところではこのAシリーズかiPod Touchの2択になるのでしょうけど…

車載オーディオとの親和性が高そうというか、安心して使えそうなのはiPodシリーズなのでしょうが、個人的な好き嫌いで言えば林檎製品は(以下ry)なので、どうしてもWalkmanが気になる次第。車載での使用を前提にしているだけに、イヤホン不要だし、もっと言えばハイレゾとかMQA対応とかLDAC云々もほぼ関係なくなってしまうのですよねぇ(苦笑
そんなことより、USBでキチンと繋がるのか、車載モニタに曲名/アルバム名が表示できるのか、車のステアリングボタンから操作が可能なのか…といった部分の方が余程重要度が高いデス。

このあたり、発売後しばらく様子見をしながら、先行購入組の情報をしっかり収集していった方が良さそうデスネ(^^


 

価格改定は必然だけど…

2017.09.04.Mon.20:25
約1週間前のエントリの続き。

プレミアムの載せ方が異常だ…と思っていたら、案の定で価格改定が入ったとの報。
混乱が続くRadeon RX Vega 56の国内価格、SAPPHIRE以外の製品も5,000円以上値下がり』AKIBA PC Hotline

約5千円下がったようですが、それでも税込6.5万円。他国での価格と比較するために税抜にしたとしても約6万円ですから、事前にアナウンスされている「$399」と比較するとまだまだ高いでしょう。輸入品なので多少なり為替相場的に割高になるのは理解していますが、一方でPCパーツは足が早い商品で為替感応度も高い(為替水準に合わせてすぐに相場が上下する)ことから、為替相場のリスクヘッジのために必要なプレミアム料は本来もっと低くてもよいはず。要するに、中間に入っている輸入代理店もしくは製造元の国内現法などが利幅を必要以上に確保しているだけなのですよね…( ゚Д゚)

そもそも論として、性能的に競合する製品(GTX1070)が約5万円程度で現実に入手可能であり、GTX107の価格を見据えての”$399”であったはずなのに、国内に入ってきたら何故か約7万円(苦笑)というのが消費者を馬鹿にしすぎですし、こういう商売をしていたら(マニアによる初期購入組を除けば)早晩行き詰まるのは目に見えていたはず。
Threadripperでも発売後2週間という早さで価格改定を余儀なくされているのに、Vegaでも繰り返すというのは何というか…(以下ry

基本的にRadeon党員ですし、AMD製CPUも応援したい気持ちは十分にあるのですが、こういうことをやっている様だと顧客の気持ちも醒めていくというか離れていってしまうよなぁ…と思った次第デス。