FC2ブログ

第2世代待ち

2018.06.03.Sun.21:12
ちょっと便利そうかなと思った新製品の記事。
初のリアルタイムタイヤ空気圧センサー「TyreWiz」発売』CYCLE SPORTS

自動車では上位車種で標準装備化が進みつつある”リアルタイムタイヤ空気圧センサー”ですが、そういえば自転車用は見たことがなかったですね。
私が使っているクリンチャータイヤ+ブチルチューブの場合でも、8.5bar≒120psi入れていた空気圧は1週間後に7bar強程度まで低下してしまいますから、1~2週間ごとに空気を入れる必要があります。これがラテックスチューブの場合だと1bar低下するのに24時間かからないとの話も聞いていますから、自動車以上に空気圧にシビアなのがスポーツサイクルの世界です。それ故、ニーズは結構あるのではないのかなと思ってみたり(^^

とはいえ、空力性能を気にしながらホイールメーカーは製品を企画している中で、これだけ大きな物体が外周部付近に付くとなるとどうなのかなぁという思いも。毎回On-Offの設定を切り替えるのも面倒ですし、Onのままにしておくと2週間足らずで電池を買い替える必要が出てしまうのも、ちょっと面倒かもしれません。それにちょっと(いや、かなり)お高い価格設定も気になります。

本品はとりあえずの第1世代と考えると、いずれ出てくる改良型や他社の追随商品見てからの検討ですかねぇ>>私の場合(^^A


 
スポンサーサイト