FC2ブログ

半年前に買っておけばよかった…

2018.08.21.Tue.21:40
ロジクール製新型マウスが発表になったとの報。
ロジクール、握手するように使えるエルゴノミクスマウス「MX Vertical」』PC Watch

我が家のマウスパッドが大分草臥れてきたので、次に何を買おうかと色々考え始めています。購入履歴をちょっと調べてみたところ、現在使用中のAir Pad ProIIIは2007年8月に購入していたので、寿命でしょうね…
マウスパッドと同時にロジ製マウス(MX-620)を購入していたこともわかり、そういえば現行マウス(M705t、2015年)もそろそろ寿命が近そう(概ね3~4年で故障)ですから、この際マウスも一緒に調達しちゃおうかと。ちょうどそんなことを思いついた矢先の発表だったので、気になった次第。

エルゴノミクスデザイン…という言葉に惹かれて過去に何回か変わった形状のマウスを購入してきましたが、本機はバッテリ内蔵型な充電式なのが引っかかります。過去に充電式マウスを使用した経験からすると、充電管理が面倒なのですよね。最大4ヶ月持つらしいのですが、マラソンマウスの長寿命に慣れてしまうと(以下ry

大きな不満もないので、またM705シリーズを購入しなおそうかと思うものの、現行M705mはセンサー部が従来品から変更になっているのが気になるのですよね。旧型になったM705tは順調に市場在庫も捌けたようで、今は安価に入手することも困難な状況の様です。半年前に購入しておけばよかったなぁと思いつつ、M705mで妥協しようか思案中デス(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ

延長保証の内容は?

2018.08.20.Mon.21:26
マウスコンピューターの新規保証サービスが記事になっていたのですが…
マウス、ノートPCにも対応する“破損盗難保証サービス”を開始』AKIBA PC Hotline

記事を読みましたが、保証の仕組みは複雑ですね。
本家の公式サイトを何度か読み返してようやく理解できました…
最初に支払う保証料(6/9/13/18千円)に応じて、保証額(5/10/15/20万円)も変化するということの様です。適用期間は保証サービス期間に準じるとのことなので、個人3年/法人5年ということですかね(謎
参考情報として、故障内容ごとの最低修理料金が明示していたのは好評価。

一般的な保険商品の様に、保証額に応じた保険料を選択できるというのは従来はなかった(と思う)仕組みだと思いますが、保証金額の設定に悩みそうです(汗
例えば、3年間センドバック修理保証で破損盗難保証を付保した場合、レノボのThinkPad X280なら約3.5万円かかりますが、修理上限15万円(1回あたり)で全損時は交換対応(1回限り)という保証内容の様です。マウスの似たような機種の場合、15万円プランでは計2.6万円ですから約1万円保証料が安くなる反面、保証を複数回利用すると追加請求金額次第では逆転する可能性も高いデス。このあたり、運次第ですね。

この機会にNECなど他社の保証規約も調べてみたのですが、”拡大”保証してくれるところは多々あるものの、細かな保証条件を調べるのは中々骨が折れました。「詳細は保証規約を読め」と書いてあるのに、そこへのリンクが貼られていないので上限金額や自己負担額が解らないケースなどetc
そういう意味では、今回のマウスはある程度つまびらかにしてくれているので、良心的なのかもしれないなぁと思った次第です(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ

8C/16T

2018.08.19.Sun.19:21
北森瓦版さんの記事で第9世代Core iシリーズが取り上げられていました。
第9世代Core i seriesの“K”モデルはソルダリング仕様となる

リンク先記事で初めて第9世代Core iシリーズの細かな仕様を見ましたが…
1)Core i9の投入、Max 8C/16T
2)Core i7はHTTが無効になった
3)相変らず内蔵グラフィックスがUHD 630 ?
4)ソルダリング仕様
…あたりが注目点ですかね。

私の場合、いつもならi7-*700系狙いなのですが、その上位に8C/16T版が用意されるとなると、しかもi7-9700KはHTT無効かつTDP95Wとなると悩ましいトコロ。i9-9900Kにするのか、i5-9600(無印)の2択でもいいような気がしてきました。まぁ、価格次第での判断になるかな(^^A
というか、以前からあるCPUの例のバグの件、どの世代からネイティブで対応されている格好になるのですかねぇ(謎


にほんブログ村 PC家電ブログへ

第2期スタート

2018.08.18.Sat.19:48
先日のエントリの続き。

毎度のごとく…でしたが、予定時間をやや超過した後、昨晩に無時メンテが終了した模様です。私自身も昨日21時頃からログインして、せっせとデイリー任務の消化をしていました。
一見して解るのはHTML5化と高解像度化でしょう。ブラウザーで同サイトにアクセスした際に、Flashの警告がでなくなりましたし、Mapも高解像化されていますから。表示画面全体の大きさが大きくなったので、ノートパソコン等縦方向の画素数が少ない液晶モニターだとむしろ使い勝手が悪くなったかも(苦笑

事前情報通り、各方面海域の第2海域以降は初期化されていたので、E-0は全てやり直し。というか、全ての海域においてn-1から攻略していく必要があるため、ウィークリー任務(東方やろ号など)は実に面倒ですね。とりあえず1-1~4、2-1~3までは解放したのですが、今週末はウィークリーの消化をあきらめて3-1~4、4-1~4の開放を目指すか思案中デス。
いつかはやらなくてはいけないのですが、面倒なんだよなぁ…
(どうせリセットなら、メンテ前にE-0をできるだけクリアして、勲章を稼いでおけばヨカッタのかも)


にほんブログ村 PC家電ブログへ

リマーク品騒動

2018.08.17.Fri.21:13
ここ最近、激安なSSDが販売されているようで、記事でもよく見かけていました。そうした安価なものは大概「安い理由」があると考えた方がいいのですが…
ドスパラオリジナルSSD「Z1」はRITEK製、リマーク品問題に関して回答』AKIBA PC Hotline

”DRAMキャッシュレス”にして製造コストを下げたSSDが出回るようになっていますが、こうしたモデルは殆どが非メジャーブランド。当然ながら、性能や保証期間などで「一流品」とは差が付きますが、そのあたりは価格を勘案して割り切るところでしょう。
また、ショップがオリジナルブランドとして安価なモデルを提供するのもよくある話で、件の会社はその典型例かと。
ある意味「胡散臭い」印象をアキバ系ショップのオリジナルモデルには持っていましたが、個人的には「それを承知の上」で何度か購入しています(苦笑

それ故に、今回のリマーク騒ぎを聞いても、何というか「意外感がない」というのが正直な感想です(汗
本家のマークを書き入れるあたり悪質さが感じられますし、セカンドブランドを「生産地域識別のため」というのにも無理を感じますが、安価な”ショップオリジナルブランド”にどこまで求めるのかということに尽きるのではないかと思うのです。結局のところ、性能と保証期間が正しければ、まぁいいんじゃない的な…。

Transcend製という説明なのに実はJetRam(セカンドブランド)だったとか、店頭で購入したM/Bが実は国内正規代理店経由品ではない並行モノだったり…と、アキバ系のショップでの買い物で過去に色々経験してきているので、この手のショップに関しては大分スレてしまったのかなぁ(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ

チラ見せはあと1回?残っている

2018.08.16.Thu.20:34
Nikonの新型ミラーレス機?のティザーサイトがまた更新された模様。発表会まであと1週間というタイミングですが、まだもう1つ”予告”も残っているようです。
ニコンのフルサイズミラーレス、ティザー動画「LENS」が公開』デジカメWatch

公式サイトを何回か見直してみたものの、新たなレンズについての直接的な情報は見あたりません。敢えてこじつけるのであれば、”Noct Nikkor 58mm F1.2”を冒頭にだしてきたところに何かしら意味があるのでしょう。とっくの昔に生産終了となっているものの、ニコン党員では(特にMF機世代では)伝説的な存在になっているレンズですし、個人的にも「純正のF1.2」な伝説の大口径レンズとして知っています。ここでノクトを見せるということは、「新マウントではF1.2クラスのAFレンズも視野に入れているのだ」ということを仄めかしたいのですかね(謎
↑そんな↑様な事を考えながら上記リンク先記事を読んだのですが、やはり誰しも同じ様なことは考え付くものなのかも(^^A

現代版”Noct”を考えると、ナノクリ仕様になるでしょうから実売価格で20万円台になることは覚悟した方が良さそう。(焦点距離が)標準域な単焦点レンズとしては破格に高額ですが、C社のEF50mmF1.2Lで約14万円しますし、Nikonなら58mmF1.4Gで約16万円(いずれも実売価格)することを勘案すると、そんな予感しかしないのですよね。
でも、そんな大口径レンズが付けられるとなると、マニア層は喜ぶだろうなぁ…

私の場合、プロ/ハイアマ機に現代版Noctみたいな仕様ではとても手が届かないですから、「その下」のクラス待ちという感じ。重量的にも軽くなるでしょうし、予算的にも抑えられますから、なるべく早い段階でラインナップを拡充して欲しいなぁと思っています(^^


にほんブログ村 PC家電ブログへ

ようやくHTML5化へ

2018.08.15.Wed.20:44
”艦これ”が54時間という超長期のメンテに突入しました。
「艦これ」Flash→HTML5に 大規模メンテスタート』IT Media

Flash終了の話を聞くたびに「艦これはどうなるの?」的なことを考えていた時期もありましたが、これでようやく安心できる感じです。HTML5への移行計画については発表されていたものの、結構待たされた印象。何しろ、今年は春イベが未開催でしたし、この時期なので夏イベとて(以下ry

今回のメンテを挟んで、HTML5化と高解像度化が図られる訳ですが、同時に各作戦海域は一部変更/追加もあるようですし、第2海域以降は初期化との話もあるので、1-1からの「攻略しなおし」になる可能性もあり得そう。そうなると、ミニイベントの攻略どころではなくなりますから、ちょうどいいのかも。

第二期への移行に伴って、期間限定で大型建造の成功率も面倒を見てくれると嬉しいのですが、そのあたりは期待薄かな。個人的には、いい加減に大和/大鳳が欲しいところなのですけどねぇ(苦笑
(資源をどれだけ溶鉱炉に溶かし込んだことかと…)


にほんブログ村 PC家電ブログへ

32C/64T!!

2018.08.14.Tue.21:02
最大32コア/64スレッド!!となる第2世代RyzenThreadripperが発売になったので、各所でレビュー記事がUpされているようです。
驚異の32コア/64スレッドCPU「Ryzen Threadripper 2990WX」がデビュー、実売23万円以上』AKIBA PC Hotline
32コア/64スレッドの「Ryzen Threadripper 2990WX」が発売』PC Watch

第2世代で予定されているのは、2990WX(32C/64T 250W)、2970WX(24C/48T 250W)、2950X(16C/32T 180W)、2920X(12C/24T 180W)の4つで、このうち2990WXが昨日発売になった格好。2950Xが今月末で、残りは10月だとか。
末尾WXはワークステーション向けですし、末尾Xにしても一部のハイエンドゲーマー向けでしょうから、基本的には”一般人”向けの製品ではないです。それでも、32コアなどという数字からして、なんというか惹き付けられますネ(汗

現実的に考えると、ゲーマー向けの方でもTDPが180Wですから、排熱をどう処理するのかでまず悩みそう。水冷導入を考えたいところですが、自分には経験がないので液漏れリスクがどうしても怖いなぁ(^^A
いつもならばTDPが100Wに近付くだけで躊躇うのに、こうも桁が違うとイヤハヤ何とも。

扱いやすさの観点や、そもそもCPUにかけられる予算の面からも、自分ならメインストリーム系(Core i7やRyzen7)からの選択となりますが、いずれにせよAMDの元気がいいと選択肢も広がるのでいいですね。Athlon64シリーズの頃を思い出して、自分でも1台Ryzenで久しぶりに組みたいなぁ(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ

UXの情報もそろそろ?

2018.08.13.Mon.21:20
しばらくぶりにLexusUXの記事を見かけたので…
レクサスがコンパクトSUV『UX』をアジア初公開、『ES』の発売も発表…インドネシアモーターショー2018』Response

3月頃にあったジュネーブショー以降、個人的には久し振りにUXの情報を読みました。
G.W.に担当SCが異動で変更になったのですが、まだ1回しか顔合わせもしていなので、人間関係が構築できていないのですよね。そのため、情報提供とかは(以下ry

少しばかりググってみたのですが、スタート価格は3.5万ドル(約390万円)からで年内発売(11月?)という内容がチラホラ。RX/NXのスタート価格はそれぞれ約460万円/410万円ですから、車格的には妥当そうな価格。N.A.2Lの素の価格と考えるとアレですがね(苦笑
後期型NXの場合、9月に正式発表でしたが7月の時点で先行予約を開始していました。この例に倣うなら、来月辺りにはそろそろ細かな情報がディーラーに降りてきていてもおかしくはないはず。
自宅から購入店まではちょっと離れているのですが、今度顔を出して色々聞きだしてこようかな…
年明け早々の1年点検のタイミングで、代車として借りてみるのもいいかもしれないデスネ(^^


にほんブログ村 PC家電ブログへ

意外と面倒見がいいのかな

2018.08.12.Sun.22:04
デノンとマランツでちょっと驚いた記事。
デノンとマランツ、AirPlay 2対応ファーム公開。AVR-X4300HやNA6006など』AV Watch

AirPlay2への対応を目的としたファームUpらしいのですが、気になったのは対象機種。
デノンではミドルクラス以上なら2016年モデルから、エントリクラスでも2017年モデルからを対象にしています。マランツでも2017年モデルから対応とのこと。
現行品のみを対象にするというケースが割と多いと思うのですが、AVアンプなどは早々買い換えるような品物ではないのですから、過去に遡って対象機種にしてくれるのは消費者側から見ると安心ですな。

我が家のAVアンプは現在ヤマハ製品ですが、導入後からもうじき丸7年。4KやAtmosなど規格面でもかなり変化がみられるので、いずれ買換えたいとは思っているのですが、こうした記事を見聞きすると面倒見の良いトコロの製品に次はしたいなぁと思いますネ(^^


にほんブログ村 PC家電ブログへ