FC2ブログ

価格上昇

2018.09.15.Sat.20:26
B&WとDALI、人気の高い欧州のメーカー2社がボトムラインのスピーカーをモデルチェンジするそうです。
B&W、中低域ユニット一新で9万円からの新600シリーズ。黄色のケブラーコーンは終了
DALI“再構築”の新スピーカー「OBERON」。ZENSORから刷新、ボーカルなど向上』ともにAV Watch

両社の旧型(というか現行型)については、(以前自分でも購入候補に考えた時期もあって、)ともに何度も試聴済。Zensorは同社の他のラインナップ製品(全て格上機種になりますが…)と比較して「薄味」感が強かった印象。また600シリーズはAV用途に向いていそうな傾向で、やはり同社の上位機種とは方向性に違いを感じたのを覚えています。

新型600シリーズについては現行686S2が実売で7万円を切る水準なのに対して、新型は概ね9万円だとか。発売当初の定価販売と、モデル末期の処分価格の差があるとはいえ、高いなぁ。その昔(価格改定前)の600シリーズの価格帯を知っているだけに、余計に高価に感じてしまう次第。
Zensor1も3万円を切るような価格帯の製品なのに、後継となるOBERONでは6万円弱との由。こちらも定価と売価の差はありますが、随分と敷居が高くなった感。

どちらもエントリモデルとして気軽に買えるような位置付けだった記憶があり、手持ちのコンポでスピーカーの入替用にもいいかなlなんて考えていたのですが、何となく1ランク上の価格帯へと移って手を出しにくくなりました(苦笑


にほんブログ村 PC家電ブログへ
スポンサーサイト