FC2ブログ

入門機への言及

2018.12.19.Wed.18:50
Nikon党員の私からすると他党の話ですが…
キヤノンがEOS Rの説明会を実施「フルサイズの入門機も検討中」』マイナビニュース

他党の話とはいえ、NikonとCanonは3つ巴の競合関係の中で出遅れた2社同士にあたるので、やっぱり動向は気になるトコロ。ミラーレス化によってマウントも変更になり、既存レンズ資産はどうせ「アダプタを介さないと使えない」訳ですから、(これからミラーレスに手を出す自分からすると)事実上「どこのメーカーを選んでも差はない」状態とも言えますし…

そんな中ですが、記事本文中最後の”フルサイズセンサーを搭載した一般向けのエントリーモデル”が気になりました。
(APS-Cサイズとはいえ)最下層にKissM(本体価格6万円前後)があるので、EOS R(本体価格約20万円)とのバランスを考えると12~15万円程度ではないのかなぁと想像しています。この価格帯だと、4~5年型落ちになるα7シリーズ「しか」競合相手がいないので、画像処理エンジンに最新技術を盛り込んでくれば十分に勝算はありそうな感じ。その分、Specは控えめになるのでしょうが、秒間5コマ程度の連写性能とKissシリーズクラスのAF性能が確保されていれば十分でしょう。

↑こう↑なるとNikon Zシリーズの入門機にも期待がかかるのですが、こちらはまだ噂をあまり目にしません。いずれ出さざるを得ないと思いますし、どうせ出すなら早期に対応して市場を固めるべきとも個人的には思うのですが、まぁ無理なのだろうなぁ(遠い目

にほんブログ村 PC家電ブログへ
スポンサーサイト