FC2ブログ

次期Legacy、正式発表に

2019.02.09.Sat.19:19
先日のエントリの続き。新型LEGACYが正式発表された模様です。
スバル、2.4リッター直噴ターボ「FA24」型を搭載する新型「レガシィ」を「2019 シカゴオートショー」で世界初公開』Car Watch

ボディサイズは4840×1840×1500mmとのことで、現行型対比で全長のみ40mmストレッチした格好。ホイールベースは変更ないそうですが、全長の増加が後席居住性のUpにどこまで寄与できているのかは実車を見て確かめたいところです。この寸法がアウトバックにも適用されてくるとなると、アウトバックの全長は4860mm程度でしょうか。前車RX450hに+90mm、現行アテンザワゴン+55mmと流石にデカイですが、CX-8対比では▲40mm…う~む。

エンジンがN.A.2.5Lと2.4Lターボの2種類になる様ですが、ターボモデルは現行の北米向けN.A.3.6Lのリプレイスでしょうから、国内投入は期待薄かも。どうせならN.A.2.5Lもダウンサイジングして2Lターボにしてくれた方が(以下ry 200~240hp程度の1.6~2Lターボを用意して欲しいと切に思っています。
アイサイトアシストモニターも導入されるそうですが、個人的には(そんな中途半端なものよりも)HUDにして欲しかった。HUDの便利さを知ってしまうと、もう無い生活には戻りたくない的な…。相変わらず、「アイサイトのシステムに悪影響が…」的な回答になるのでしょうけどね。
縦型の大型液晶も「ウリ」にしたいのでしょうが、視線移動的にはツライところ。こういう部分、むしろスバルの方が(車の設計上)気にしているトコロだと思ったのですがねぇ。

普段から気になっている車だけに、「次期」の候補としても注目してしまうので、つい辛い点を付けてしまった次第ですが、、最終的には「実車に乗ってみて」の判断ですかね。


にほんブログ村 PC家電ブログへ
スポンサーサイト