FC2ブログ

シェア確保に向けて

2019.02.15.Fri.19:41
CP+2019が月末に控えているからか、カメラ各社はニューモデルの発表が相次いでいます。昨日も富士のX-T30やPanaのS1/S1Rなどの発表があったようですが…
フルサイズミラーレスでもトップシェアを狙う
キヤノン、カジュアル志向のフルサイズミラーレス「EOS RP」』カメラWatch

個人的にはEOS-RPが一番”ズドン”ときました。
フルサイズとしては価格的にもかなりこなれていますし、何より本隊のみで約440gという軽量さがスバラシイ。カジュアルモデルということで連写はAF追従で約4コマ/秒程度になりますし、EVFは約0.7倍になるなどそこかしこにコストダウンの影響は見受けられるのですが、エントリーモデルとしてはこんなものからのスタートでしょう。Mk2などいずれ代を重ねればスペックアップはしてくるはず。

カメラの形状的にはかなりカッコ悪いと感じていますが、このあたりは好みの問題なので…。個人的には先行した”R”の方が好みですし、もっといえばNikonのZ7/6の方が見た目としては好みです。でも価格やサイズ感を考えるとねぇ…。

周回遅れでの参入ですが、矢継ぎ早に新商品を投入してきたところを見ると本腰を入れてきた感があります>>Canon。利益確保のためからか上級機から投入したNikonですが、更なる低価格普及機を投入しないと先行SONYどころか、同一周回遅れのCanonにまで決定的な差を付けられてしまう気がします。今年後半あたりにZの普及モデルを出してくれないかなぁ(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ
スポンサーサイト