FC2ブログ

写「真」

2019.02.22.Fri.21:32
読んで、その内容に共感したというか首肯した記事。
カメラの掟』PC Watch

・数年ぶりにコンデジを買換え
・スマホとの無線連携機能+ファインダーで選択
・ここ数年、コンデジでは「進化」が感じられない

…的な内容。
ファインダー(EVF)をバリアングル液晶に置き換えれば、昨秋にコンデジを追加した私としても、ほぼ同感だったというか、思わず首肯してしまった次第。

進化が感じられないのもそのはずで、私が購入したCyber-shotWX500は2015年春の発売ですし、1つ下のWX350は更に1年前の発売。でも、ともにSONYの現行モデルですし、昨秋にWX800/700が発売されるまで新モデルの投入すらありませんでした(高倍率モデル)。スマホのカメラ機能の進化で市場が急速に縮小した結果、開発投資を回収するためにもモデル寿命を長期化せざるを得ないといった経営側の裏事情も透けて見えそうな感じ。

ここ数年は、「NFCなど無線技術によるスマホ連携」と「4K動画機能」という新たな機能に対して試乗でも多少なりニーズがあり買い替え需要も少しは発生したと思いますが、これから数年はどう考えているのですかねぇ。リンク先記事でも触れられているように、スマホと同様に「ソフトウェア」の力で”修正済み”の作られた絵作り機能を強化していくのでしょうか。そうなると、そもそも写「真」とな何なのか、といった本質的な議論にも繋がりそうな気もしますが…。
カメラの様な小型精密機械自体に関心がある私としては、今後も定期的に買い替え続けていくと思うので、その行方は気になるところです(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ
スポンサーサイト