FC2ブログ

大人の事情

2019.05.21.Tue.21:49
昨日のエントリの続き。

各所でファーウェイとGoogleに関する記事が出ていますが、Google側の発表内容に基づいて「大丈夫そうでは?」的な論調が多いようです。Twitterなどでも既存ユーザーと思われる人からのTweetで「一安心」的なものが多い様子。
そんな中ですが、昨日の私の書込みと同じ様な心配をしている記事もチラホラと…
GoogleがHuaweiのAndroid端末向けサービス停止を検討か─Reuters報道』IT Media
GoogleがファーウェイAndroid端末へのアプリおよびサービス提供中止を検討か(Reuters報道)』engadget日本版

特に2つ目のリンク先記事では、かなり踏み込んでいる内容のところまで確認している様子(リンク先記事の中段あたり)。OSのUpdateがされない端末を使い続けるリスク…これは個人的には決定的な要因になりうると思うのですが、他社の記事ではまだここまで明確に報道されているものが少ない印象。
でも、一番大事なトコロなので、キチンと確認をして報道してくれないと、「知らずに買った」人がこれから続出する可能性も否定できません。

そのあたりを曖昧にすませた記事が多いのは、大人の事情もやっぱりあるのですかねぇ(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ

やっぱり要注意?!

2019.05.20.Mon.21:10
ここのところ話題になっているファーウェイ製品の問題ですが、今日また進展が…
米産業安全保障局、中国Huaweiを輸出規制対象リストに追加』PC Watch
ファーウェイの既存製品でサービスは今後も使える――グーグルがコメント』ケータイWatch

ファーウェイ製品が米国当局から目を付けられていたこと、そして制裁対象になりそうなこと…はしばらく前から周知の内容でしたが、ようやく(?)というかついに(?)実施される方向みたいですね。
制裁実施⇒同社と米国(関連含む)企業は取引継続に大幅な制限が発生する…ということはすぐに連想できたので、昨秋くらいから「今の段階でファーウェイ製品を購入するのはリスク大」だと個人的には考えていました。

今回のグーグルの発表を見て、杞憂だったのかなと思う反面、どこまでの制限がかかっているのかについて発表内容からだけでは正確には理解し難いとも感じています。”Google Play Protectによるセキュリティ保護機能は、既存のファーウェイ端末で引き続き機能”とのことですが、セキュリティホールを塞ぐ月例パッチには対応してくれそうですけど、8⇒9の様なOSのメジャーUpdateには対応してくれるのかなど肝心な点がボヤけているような(苦笑
肝心の詳細が不明な以上、個人的にはやっぱり”要注意”認定は外せなさそうかなと感じている次第です。


にほんブログ村 PC家電ブログへ

Supraが発売に

2019.05.19.Sun.20:51
かねてより話題になっていたSupraがついに発売になった由。
トヨタ、BMWとの提携で生まれた新型「スープラ」発売。490万円から』Car Watch

490万円という価格、勿論絶対金額としては「高い」のだけど、そもそもSupraはフラッグシップスポーツカーなのだからもっと高いと思っていました(汗
まぁ、3グレードあるうちの「梅」グレードなので、竹/松とグレードUpするにつれて100万円づつ積み増しされていくのですけどね(^^A

似たようなSpecでLexus RCと比較した場合、同じ2Lターボ/8ATですが、RC300は245psで556万円也。Supraで馬力的に似ているのは「竹」にあたるSZ-Rですが、前述したように価格は590万円也。フラッグシップスポーツなだけに、流石にLexusより高い値付けをしてきているのですねぇ。
ちなみに、ある意味姉妹車といえるBMW Z4は566万円からで、エンジン的にはSupraの松/梅クラスに該当しそう。Supraより高い値付けになっているのは、流石に外車プレミアムということやオープンカーに対する付加価値なのでしょう。

個人的には…
正直流石にここまでの価格帯を「遊び」車(セカンドカー)に対して費やせないです。2シーターならRoadstarがいいところかなぁと思っているものの、家族構成が変わってくるまで待たないと手が出しにくいかな…orz


にほんブログ村 PC家電ブログへ

国内未発表モデル?!

2019.05.18.Sat.18:37
国内ではまだ発表されていない(はず)なのですが、TREKのロードバイクでエンデュランスモデルとなるDomaneの新型が海外では発表になっているようです。
モデル的には”Domane+”とのことで、バッテリが付いたeロードバイク(⇒つまり電動アシスト付)とのこと。流れてきたTwitter経由で知り、ググつたところ本国の同社Webサイトに辿り着きました。

eバイクはここ数年のトレンドでもあるのですが、個人的には自分で漕ぐ方が楽しいですし車重も軽いので、電動アシストに関してはあまり興味がありません。でも、モデルチェンジ間近と思われるDomaneの派生モデルなので、デザイン的に興味を持った次第。
SpecializedのRoubaixなど、エンデュランス系のモデルでもエアロ要素を組み込むのが最新のトレンドらしいのですが、今回のDomane+も見た目の印象としてはそうした感じで何となくMadoneに似ている様な(^^A

モデルチェンジ後のDomaneがこうしたデザインになるのであれば、個人的にはカッコイイなぁと好評価したいところ。一方で、Madoneの不満として散見される「ケーブル類の取り回し」や、それに伴う「車体の傷つき」は気になりますし、ギミック多用による複雑な構造が整備性に悪影響を与える可能性も(以下ry
このあたり、Domaneより後発なので、問題点をうまく修正してきてくれているといいのですけどねぇ(^^A



にほんブログ村 PC家電ブログへ

逆転する実質価格

2019.05.17.Fri.21:32
3大キャリア全ての夏モデルで「Xperia 1」が発売になる訳ですが、ちょっとばかり気になったので価格を調べてみようかと思い立ちました。各社、分離プランの発表やら機種代金の割引サービスの変更やらも重なっているので、実際のところ2年保有での実質価格はどうなのかなぁ・・・と。
ちょっとググってみたところタイムリーな記事を見つけた次第。
「Xperia 1」3キャリア価格比較〜最安はドコモ、しかしカラバリは2色のみ』engaget日本版

同じことを考える人っているんですねぇ。
調べてくれて、記事にしてくれているので助かりました(^^A

”2年後に端末を返却したケース”では、ドコモは単純に2/3になり、auは半額+OP料(390*12)、SBは単純に半額になるのですが、端末価格の見かけ上の安さを逆転する形でauが一番安くなる由。一番安価に見えたドコモが、結果的には一番高価というのも何だかなぁ(苦笑
但し、”返却時にドコモで機種変更をする必要がなく、回線契約の維持も必要ない”という条件の「甘さ」はあるので賛否両論かもしれません。

意外だったのが、カラーバリエーションの多さ。各社同じだと思っていたのですが、実質価格が一番高価になるドコモがたった2色。個人的に好きな「白」の用意がないのは見落としていましたorz
私が購入する頃に ①最新機種がXperia1なのか ②新色追加があるのか あたりも要チェックなポイントですね…


にほんブログ村 PC家電ブログへ

36回を24回にする手法

2019.05.16.Thu.20:57
ドコモが夏モデルと新サービスを発表した由。
ドコモ、36回割賦+端末下取りで12回分免除の「スマホおかえしプログラム」』ASCII.jp
他にもケータイWatch

夏モデルに関しては、Xperia 1とかGalaxy3機種、Pixel3aなど予想通りな感じですが、Xperiaのミドルレンジ機種が用意された点は少々驚きました。「5インチディスプレイを搭載するコンパクトモデル」とのことですが、いつもならコンパクトモデルでもスペックは妥協がないものだったような気が…(^^A

何といっても今日一番のサプライズは「36回払い」と「スマホおかえしプログラム」でしょう。競合他社が48回払いの導入と24回分の無償化を組み合わせてきているのですが、今後そうした手法は難しくなりそうなこともあり、どうやって端末代を「実質値下げ」していくのか興味を持って見守っていました。下取りを組み合わせた格好ですが、利用料は不要など目新しいなぁと。

新サービスは、下取り額の事実上の値上げとも取れるのですが、元々が異常に安く買い叩かれていた(市価との対比)ことを勘案すれば、ようやく正常に近づいた感。新モデルの価格帯も競合他社対比で抑制気味であることも考えると、「ドコモもわりとお得?!」という見方もできようかと。やっぱり全面移籍方向で正解かもしれません(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ

残るはヤマハのみ?!

2019.05.15.Wed.20:22
国内主要ドコロのメーカーが実は1つに…的な記事。
オンキヨー、ホームAV事業を譲渡へ。デノン・マランツを擁する米Sound Unitedに』AV Watch
他にもCNET.JapanIT Mediaなど

ホームAV事業から連想して「AVアンプ」を例にとると、ヤマハ / ONKYO / Pioneer / DENON / Maranzの国内5社で国内市場の大半を占めているはずです。このうち、ONKYOとPioneer、DENONとMaranzはともに持ち株会社を通す形で「実質同一先」になっている訳ですが、今回のニュースによるとそれら2グループも実質同一になる恰好。
オンパイの業況が芳しくない旨の記事は今年に入ってから散見されていましたので、いずれどこかに買収されると思っていたのですが、こういう場合によくある様に中華系資本の傘下に入るのではないのかと思っていました(^^A

こうなると、残る主要メーカーはヤマハのみが「単独」な恰好。我が家のAVアンプはヤマハ製なこともあって同社の動向は気になるところなのですが、今後どうなる(どうする)のですかねぇ…


にほんブログ村 PC家電ブログへ

600シリーズの情報

2019.05.14.Tue.22:17
Radeon RX600シリーズの噂が少しづつ漏れてきているようで、Web上でも情報がチラホラ散見されるようになってきました。

現時点で噂されているのはRX640と同630だけなのですが、どうやらPolarisベースとのこと。エントリクラスには旧世代のGPUを流用(リネーム)するという悪習があるので、ある意味想定内なことかもしれません。とはいえ、PolarisはRX400シリーズの世代からなので、3代続けて採用(リネーム)になる恰好ですから、ある意味手抜き感も・・・

上位となるRX680やRX660が今後用意されているのか、用意されている場合は流石にPolarisベースではないはずでは?
⇒Naviベースとなる場合だと、名称は600シリーズから切り離されて「Navi●●」を名乗るのか(Vegaの様に)
⇒Naviベースとなる場合、Vega64/56との関係(性能差)はどうなるのか
…あたりが今後気になるところです。

個人的には、昨年末にVega56を購入したばかりなので、新製品が出ても当面スルーする予定。でも、TDPやカードサイズ的に魅力があれば、価格次第では乗り換えてしまうかも(^^A
(年末近くに調整要員としてちょうど良さそうな予感も…)


にほんブログ村 PC家電ブログへ

魅力を感じない新料金プラン

2019.05.13.Mon.20:30
auの夏モデルと新料金プランなどが発表に。
au、2019年夏モデルと新料金プランを発表』ケータイWatch

Xperia 1が採用されたこと、Google Pixelシリーズが非採用だったことなど、概ね想定内でしょう。Galaxyが3機種も採用になったのは想定外ですが、個人的にはXperiaの小型版とかミッドレンジモデルにしてくれた方が良かったかも(^^A
まぁ、この中ではXperia 1の一択ですね>>私の場合

料金プランについてはあまり「安くなった」感がないのですが、そもそも家族回線をドコモへと今春に移してしまっているからかも。家族割で多少値引幅が広がった分、スマートバリューの割引幅は狭まっていますし、毎月2GB程度な使用量の私からするとピタットプランの段階区切り変更もメリットは感じられません。ピタットプランの上限値は20⇒7GBへと約1/3に圧縮されているのに、価格はたった▲500円なのも、何だかなぁ・・・と。

・・・そんなこんなで、今回の変更については、個人的にはデメリットこそあれ、メリットはない状況な様です。ますます、脱auの方向性が固まってきた印象デス(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ

正式(公式)対応はどこまで・・・

2019.05.12.Sun.20:59
Ryzen3000シリーズのメモリに関する情報が・・・
Ryzen 3000 seriesはDDR4-5000まで設定できる模様 他』北森瓦版

Ryzenシリーズ含め・・・ですが、AMD製品は搭載するメモリ速度によって発揮できる性能がリニアに変化する印象があります。多少なりIntel製の競合CPUより安価でも、高性能(O.C.)メモリを奢ってしまうとシステム全体としてのコストは(以下ry)・・・になる可能性もありえるのですよね。
昨今はメモリ価格が暴落傾向なので、そういう意味ではコスト負担増はかなり抑えめになっているようですが(^^A

現在使用中のメモリはCorsair製DDR4-2666ですが、Ryzen3000シリーズで組み直す際にはどうしようか思案中です。DDR4-3200クラス位なら割高感も控えめなのですが、それを越してくると割増料金感が強まります。どのあたりまでで妥協しようか、はたまた既存メモリを流用しようか、判断が難しいですな。やっぱり、M/Bが発表するQVLを直前までにらめっこですかねぇ(^^


にほんブログ村 PC家電ブログへ