FC2ブログ

Canonの新型機

2019.08.29.Thu.21:40
先日のEPSONに続いて、CanonもNewモデルを発表した由。
キヤノン、セットした用紙サイズを判別する「PIXUS」2019年秋冬モデル
キヤノン、6色インクの写真画質インクジェット複合機「PIXUS XK60」
ともにデジカメWatch

Newモデルで真っ先に確認したい点である「背面給紙」は今年「も」対応してくれているようで一安心。まぁココさえ満たしてくれれば、無線LAN対応とかは個人的にはどうでもいいかも(^^A

独立6色タンクモデルという条件で縛ってみても3機種用意されているのは昨年同様。
XK系やTS8*30とTS6*30系の相違点は大まかに言えば、①液晶サイズ②インクタンク容量に起因するランニングコスト③レーベル印刷ということで、③も利用する前提であるなら上位2つに絞ることが可能。後は②をどう考えるかという感じでしょう。

ざっくり調べてみましたが、大容量タイプのインクは1色あたり概ね500円程度の価格差があるようです。年2回のサイクルで全色買い替えたとすると500×6色×2=6000円也。一方、本体の価格差は現行モデルで現在約2万円。XK系でTS8*30系をトータルコストで逆転するには我が家の場合約4年近くかかる計算です。利用頻度が高い仕事場でXK系を、自宅では若干少ないのでTS8*30系という感じが望ましいのかもしれませんが、インクの在庫管理上は使用インクの共用化を図りたいところ。どちらにするのかは悩ましいところですが、もし今年後半以降に買い換えるのなら、いずれにせよ今度の世代もCanon機からの選択になりそうです(^^


にほんブログ村 PC家電ブログへ
スポンサーサイト