FC2ブログ

例年通りに12月開始

2019.11.13.Wed.20:40
次月よりドコモも学割がスタートする由。
ドコモの学割、1年間最大1500円引きで最安月額980円から』ケータイWatch

auから1か月遅れの格好ですが、例年は3社ともに12月スタートであったことを勘案すれば、”通常対応”している形。
かつての条件を知っている身としては、割引内容的にはショボい印象ですが、それでも先行実施したauに比較すれば大分マシかなといった印象です。

<対象プラン>
au:基本的に固定大容量プランのみ
  7GBプランでは▲500円のみ
ドコモ:段階制プランも対象で▲1000円
<期間>
au半年に対してドコモ1年

auに関して唯一評価できるのは、機種変更も対象にしている(=既存顧客も対象になれる)ことです。この点、ドコモは機種変更についてFOMA→Xiに絞りう混んでいるので、既存顧客ではメリットを享受しにくいところが難点ですな。このあたりは、総割引金額の規模の関係でトレードオフなのかも。
25歳以下は家族に2人いるものの、今春にドコモ移籍済であるため、個人的には今回の施策は対象外になる格好(というか、今春のMNP時に昨年度の学割を適用中です…汗)。家族の次回の機種変更タイミングは再来年春あたりですが、その時点では条件がどうなっていますかねぇ…


にほんブログ村 PC家電ブログへ
スポンサーサイト



破談からの再生策は?

2019.11.12.Tue.20:17
今日の朝刊で初めて知ったのですが、今春頃に報道されていたONKYOの事業売却の案件はいつの間にか破談になっていたのですね…。その影響で大規模なリストラが実施されるのだとか。
オンキヨー、ホームAV事業で約30%の人員削減。「手のひらサイズAVアンプ」提案』AV Watch

ONKYOとPioneer、DENONとMaranzの全てのブランドが1つの会社にぶら下がる格好になっていたはずだったので、今回の破談に関しては個人的には良かったなぁ…と。個性の違う各々のメーカーが根っこを1つにしてしまうと、開発予算やら何やらと大人の事情で今後の商品ラインアップ等がツマラナイものになる可能性もありそうですから。とはいえ、純粋に経営上の観点や資本効率などからしたらアレなのでしょうが。(⇒だから大幅リストラに繋がったのでしょう)

ONKYOは妻用のCDレシーバー一式、Pioneerはリビングのスピーカー5ch分、DENONはPCまわりのプリメインアンプや単品DAC、Maranzは実家でプリメインアンプ…と各々使用中なだけに、今後の行く末は気になるところです。今回のリストラ後の方向性も発表されていましたが、”AVアンプやHi-Fi製品への強い依存体質”を問題点に挙げていたのということは同事業の縮小を意味している訳で、まさにその事業のみに興味がある私としてはちょっと寂しいデス。

今回”手のひらサイズまで小型・軽量化した「ウルトラコンパクトAVレシーバー」”というものも新たに提案されましたが、実物を見る前ではあるものの素朴な疑問があります。このサイズ感だと、背面に入力端子をいくつ用意できるのかとか、スピーカーの出力端子を何Ch実装できるのかといった点です。AVアンプを使う層は基本的に入/出力のch数にこだわりがあると思うのですよね。BDレコーダーとゲーム機類(PS3/PS4/Wii U)、AppleTVとChromeCastと数え上げると我が家の場合は入力で6系統欲しいですが、あの筐体サイズだとそこまでは用意できないだろうなぁ。
入/出力共に少ないch数となると、必然的に価格帯も安価になる訳で、そうしたものがどこまで収益に貢献できるのかも正直疑問です。

う~ん、どうなってしまうのかな…。


にほんブログ村 PC家電ブログへ

久しぶりのロードマップを見て

2019.11.11.Mon.15:54
AMD謹製CPUのロードマップ記事が久々にUpされていたので…
7nmベースのRyzen APU「Renoir」を2020年に発表 AMD CPUロードマップ』ASCII.jp

仕事場用PCにRyzen5 3600を購入したばかりですし、今検討している自宅用のメインPCにはRyzen7 3700X/3800Xあたりを考えているので、当面”ロードマップ”的なものに対する必要性が少ない状況ではあります。しかも、前述のCPUは最近リリースされたばかりですから、近々でモデルチェンジされるという噂も聞かないですし(^^A

とはいえ、Zen2+NaviとなりそうなAPUの動向は(Ryzen5 3600を購入したばかりとはいえ)、やはり気になります。会社にはまだ従業員用や父用のPCの更新が控えているので、来年以降のどのタイミングになるのかは当方の入れ替え計画も左右してくるので(以下ry

気になっていた内容は、リンク先記事本文の最後まで引っ張られましたが、「来年第2四半期以降」という予想を見てある意味スッキリした感もあります。仕事場用PCは流石にそこまで引っ張れませんでしたから、Ryzen5 3600を購入して正解だったよなぁと。また、一方でその頃になるとZen3ベースとなる次のRyzenが用意されるという話には少々悩ましい気持ちも。3700X/3800Xを購入してすぐにZen3発売となると気が滅入りますから、自宅用メインPCの入れ替えは早めに実行したほうが吉そうですね(^^


にほんブログ村 PC家電ブログへ

5インチベイをあきらめるのか

2019.11.10.Sun.20:34
AMDの新型CPUが発表になった由。まぁ以前から噂があったものや、ラインナップの拡充程度なので、サプライズ的なものではないのですが…
AMD、Ryzen 9 3950Xと第3世代Threadripperの発売日と追加情報を公開』マイナビニュース

第3世代Threadripperについては、その衝撃が強すぎたのか、各所ではかなり記事として取り上げられている様子。個人的にもいくつかの記事を斜め読みしましたが、ハイエンド系のモデルなので価格帯的にはとても手が出ないですから、興味自体は正直それ程でもなかったり(^^A
一方で、メインストリーム(最上位だけど…)に属するRyzen 9 3950Xについては、自宅のメインPCの入れ替えを計画中なこともあって、当然ながら(以下ry
(でもCPUに$749はやっぱりキツイかも…)

Ryzen 9 3950Xで一番目を惹いたのは、
”Optimized for liquid cooling” ”280mm(or greater)AIO cooling recomemnded”
という一文。3900Xと同じTDP105Wのはずなのに、3900Xには空冷のWraith Prismクーラーが付属して、何故に3950では付属しないのか…と。素朴な疑問を持ったのですが、上記の文章を見て「水冷推奨だから空冷クーラーは付属しないのだ」と理解しました。それだけ熱いということなのでしょう…。

最近の筐体であれば、内部レイアウト的にも水冷に最適化されているので良いのでしょうが、5インチベイを使いたい私としてはミドルタワー筐体で280mmラジエターを設置するのは中々窮屈なことになりそうな予感。先日購入したDefineR5は型落ち購入なので1世代前の製品ですが、5インチベイ仕様前提となると280mmクラスのラジエターはフロント部にしか設置できません。そうなると、HDDなどのストレージ類の設置台数が犠牲になりそうです。調べてみたところ、最新型のR6でも同様な感じ。逆に言うと、そろそろ5インチベイはあきらめろ…ということなのかも。光学ドライブはUSBで外付けにした方がいいのかもしれないなぁ。

思わぬところで、現有システムにダメ出しを喰らったような気分になりました。素直に3800X以下にしておいた方が「身の丈」にあいそうです(苦笑


にほんブログ村 PC家電ブログへ

重なる交換時期

2019.11.09.Sat.18:38
週末恒例となっていますが、今朝もロードバイクに乗ってきました。
道中順調だったのですが、突然左足のビンディングが上手く嵌まらない事態が発生。ペダルはもう6年目に突入しているので「ペダルのメカトラ?」という考えが一瞬頭を過ぎったのですが、そういえばクリートも2017/12に交換して以来になるのでもうじき丸2年となり怪しい・・・。靴の裏側を確かめてみたところ、クリートのツメが皆無。これはやっぱりクリートが原因でしょうなぁ(^^A

そんなこんなで、往路途中の自転車Shopに立寄り、クリートを購入することに。交換作業をしてくれるとの店員さんの好意に甘える形で靴を預けたのですが…
①今回はクリート摩耗が原因⇒要交換
②靴のソールもかなり削れてきている
③靴のアッパーもかなりへたっている
とのことで、③を原因として「靴の中で最近足が遊んでいませんか?」という鋭い指摘を受けました。プロの目から見ると。もう靴自体も買い替え時期なのだとか。靴はペダルと同時期の購入なので、こちらも6年目。毎週末に履いているので、そろそろ寿命なのかも。

実は先週、現在使用しているヘルメット(4年目)もインナーパッドが破れてしまい、スペアが無くなってしまいました。そろそろメットも買替かなぁと思っていたのですが、用具の交換時期が重なってきてしまった格好。さて、どうしたものかなぁ…(苦笑


にほんブログ村 PC家電ブログへ

まだ発売前なのですね

2019.11.08.Fri.21:14
約1ケ月前のエントリの続き。
Nikon Z50の発売日が11月22日に決まったとの報。
ニコン、APS-Cミラーレス「Nikon Z 50」の発売日を決定』デジカメWatch

イイ夫婦の日だ?!とか、オリンパスもその日じゃね?!(昨日に当該記事を読んだばかりです)…などと思いついた訳ですが、それより先に頭を過ぎったのは「まだ発売前だったんだ…」という疑問。というのも、先週位にWeb巡回をしていた際に、「Nikon Z50が金賞受賞」的な記事をどこかで見かけた記憶があったので、てっきり発売済みだと思い込んでいた次第(汗

気になったのでもう一度調べ直してみたのですが、確かに「デジタルカメラグランプリ2020」の総合金賞<ミラーレス>を10月末に受賞していたようです。その旨はNikonの公式サイトでも掲載されているようです。
発売前なのに「金賞受賞」だとすると、どうやって評価したのよ?!という素朴な疑問に結びつくわけですが、やっぱりそうした疑問を投げかけるメディアもあるようです。
発売前のカメラがグランプリ受賞? 消費者不在の「賞」に意味はあるのか』BCN+R

実機の評価自体は、メーカーが評価機を発売前に審査委員/会社へと貸与していれば可能なのはわかります。でも発売前のモデルはその後に仕様変更が入る可能性も否定できないので、厳密には「実機」と見做せないのではないのかなと個人的には考えます。(発売前の製品ですので、仕様変更が入る可能性があります…的な但し書きがされたレビュ記事は散見されますので)
Nikon党員の1人として、同社や同社製品が表彰されるのは嬉しいと思う反面、本件に関してはあまり手放しでは喜べないなぁと。
発売前から変なところで文が付いてしまった格好ですが、実際のモデルはどんなものなのか、個人的には興味が増しました。しばらくしたら店頭にて触ってこようかなぁと思っています(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ

選択肢は35から10に…

2019.11.07.Thu.17:57
先日のエントリの続き。全35車種ノミネートされた今年のCOTYですが、一次選考を通過した10車種が発表になった模様。
2019-2020 日本カー・オブ・ザ・イヤー、「10ベスト」が決まる』Car Watch

先日の段階では国産車は全35車種中13車種でしたが、絞り込まれた結果として全10車種中6車種に。但し、その半分の3車種は「軽」なのが、国内市場の現況を表していてイヤハヤ何とも。普通車としてはカローラ/RAV4/Mazda3が残りましたが、概ね想定内な印象。個人的にはSupraも残ると思ったのですけどね…

残った選択肢の中からだと、個人的にはSUV好きなのでRAV4推しですが、評論家陣営はWebや雑誌紙面の論調でやけにMazda3をここまで推奨してきていた感もあります。スタイリングは玄人好みらしいのですが、一般受けするのかは個人的には正直疑問です。でも、選ぶのは評論家だからなぁ…。
XC40、XC60と2年連続で外車に獲られているので、今年は国産車に獲って欲しいなぁと思っているのですが、トヨタ車となるとプリウス以来の10年ぶりな計算。逆にこの10年だと、CX-5/デミオ/ロードスターと国内/国外併せて最多となる3回受賞しているのですよね>>Mazda。データ的にも、どうなるのか興味津々です(^^


にほんブログ村 PC家電ブログへ

新たな選択肢

2019.11.06.Wed.21:06
トヨタのSUVラインナップの一番弟分になるモデルが発表になった由。サイズ的にも当然ながらですがダイハツとの兄弟モデルだとか。
トヨタ、1.0リッターターボ搭載のコンパクトSUV「ライズ」。167万9000円から
ダイハツ、5ナンバーサイズの新型コンパクトSUV「ロッキー」
ダイハツ「ロッキー」とトヨタ「ライズ」の細部を解説! 2台並んで展示された説明会レポート』全てCar Watch

ここのところ小型SUVの新型をよく見かけるような気もします。2000年にクルーガーVを購入して以来ですから、足掛け20年もSUVにばかり好んで乗り続けてきている私なので、サイズ感は異なれど興味はあります。というか、現在の2ndCarであるデミオの後継にもちょうどいいサイズ感ですし(^^A

デザイン的に気に入っているCX-30だと排気量的にも価格的にもデミオより1~2段格上になりますし、新型JUKEは国内発売の情報がイマイチわかりません。C-HRもCX-30同様な印象がありますし、何より視界が悪いのも気になるトコロ。その点、今回の新型車であれば、デザイン的に角ばっているので車輛感覚もつかみやすそうですし、視界も多少なりマシになっていそうな予感もします。

2ndをSUVにすれば、現在のNX(メインカー)のポジションをSUVに限定する必要性も無くなるので、ステーションワゴン的な選択肢も可能になりそう。ということで、少しばかり気になってきた次第。近いうちに娘と一緒にディーラーへ冷やかしに出向いてこようかな…


にほんブログ村 PC家電ブログへ

+2,000円分

2019.11.05.Tue.22:36
前回エントリの続き。
念のため、dカードのGOLDデスクへ確認してみましたが、一部勘違いがあることや見落としがあったことが判明。やっぱり仕組みが複雑だとわからない…(汗
とりあえず【B】【C】は比較的単純で受領の目途もたっているため省略として、複雑なdカード関連はその会社に聞くのが一番かなと。

【A】dカードGOLD 関連
1)GOLD入会特典2,000円CB(iD)⇒受領済
2)ドコモ利用代金引落登録1,000円CB(iD)⇒受領済対象外
3)20,000円以上の利用で8,000円CB(iD)⇒未受領
≪追加≫
4)dカードGOLD新規申込1,000円CB(iD)⇒受領済
5)申込時VISA選択1,000円CB(iD)⇒11/中旬付与(4/末までの期限付)
6))ドコモ利用代金引落登録1,000dポイント⇒12月付与(2/末までの期限付)

2)と6)は排他条件とのことで、キャンペーンエントリを「どこ」のサイトでポチったのかによるとの由。私の場合はdポイント還元の方を利用していたようで、そもそも2)は対象外となり6)での対応になる由。
4)と5)は自動エントリなので完全に見落としていました。CB(iD)自体はすでに3,000円分受け取っており、その内訳は1)と2)だと思い込んでいたのですが、先方曰くは1)と5)だったようです。

結果的に、合計で2,000円相当の特典が追加になる格好なので良かったものの、キャンペーン特典自体はわかりやすくシンプルにして欲しいのと、付与時期は極力揃えて欲しいなぁと思った次第(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ

CB/ポイント還元の再チェック

2019.11.04.Mon.21:05
8/末にドコモへとMNPをして、9/1にドコモ光を申し込んだ訳ですが、その際に色々と特典(キャッシュバック等)がありました。というか、それを見込んでの移籍だったというのもありますが(^^A
条件などが複雑で、かつエントリが必要だったりと煩雑なこともあって、しばらく経過すると忘れてしまいます(大汗
備忘録代わりに、そのあたりを思い出しながら進捗確認が必要だなと思い立ち、ちょっとまとめておこうかと。

【A】dカードGOLD 関連
1)GOLD入会特典2,000円CB(iD)⇒受領済
2)ドコモ利用代金引落登録1,000円CB(iD)⇒受領済
3)20,000円以上の利用で8,000円CB(iD)⇒未受領

【B】スマホのりかえサポート
ドコモ光契約+MNPで10,260dポイント⇒受領済(4/末までの期限付)

【C】ドコモ光の新規契約(量販店独自サービス含む)
1)現金10,000円CB⇒受領済
2)25,000dポイント⇒11/中旬付与予定(4/末までの期限付)

当時の契約書やら説明資料やらを引っ張り出して確認し、各々のアカウントをチェックしながら受領状況を確認してみました。
電子マネーは普段Suicaを使用していることもあって、iDは使い慣れていません。既にCB(iD)を3,000円分受領していることは確認できましたし、これから更に8,000円分のCB(iD)がありますが、使用期限が6ヶ月に限られていることを勘案すると今後しばらくはiD決済を優先していかないと拙そう。とりあえずはセブンイレブンやファミマでの買い物はiDへ変更ですね…

dポイントについては今月中旬に追加されるポイントを待ってから、PCパーツなどの購入で一気に使用してしまうつもり。d払いができるところでNTT-XやAmazonを考えているのですが、うまい具合に安価な商品が見つかるといいな(^^


にほんブログ村 PC家電ブログへ