FC2ブログ

上から目線

2020.03.08.Sun.20:42
ちょっと前からニュースで話題になっている楽天の送料無料サービスの件ですが、裁判所の判断を待つ前に(暫定的ですが)一旦棚上げになってしまった模様。
楽天、送料無料化施策の一律導入を延期。新型コロナ影響で』Impress Watch

公取が立ち入り検査を経て、先月末に地裁へ「緊急停止命令の申し立て」を行ったので、裁判所の判断がどう下されるのかと興味を持って推移を見守っていたのですが、予想外の着地というか何というか…

自社販売(マーケットプレイスなどの一部を除く)しているAmazonは当然ながら自社で送料について価格設定をできますが、楽天はあくまでも「場所貸」なので実際の販売元に送料の決定権があるのは当然です。とはいえ、競合するAmazonが(一定価格以上で)送料無料対応している以上、楽天側もそうしたいと思うのもある意味理解はできます。でも「場所貸」業なのに(送料とはいえ)価格決定権まで握ろうというのは、「いいとこ取り」だよなぁというのが個人的には率直な感想です。
(消費者に対しては、あくまでも場所貸しなので販売面での瑕疵についての保障は限定的なのに、販売業者に対しては価格決定権に口を出してくるので…)


元々、消費者とて馬鹿ではないので、「送料込み」でいくらになるのかを把握した上で、どこで買うのかを決定しています。楽天も、自社に誘導したいのであれば、今より一歩前に進んで自社配送網を構築した上でAmazonのマーケットプレイスの様に出荷業務まで受託すれば良いと思うのですけどねぇ(^^A
強気の態度をとっていた同社ですが、裁判所に申し立てられた以上は白黒が付けられてしまうので、ちょうど良く「コロナ」を使った様にも見えて何ともなぁ…という感じです。
リンク先記事冒頭の画像を見ても、「準備ができた」ではなく、「ご協力いただけた」と表現できる会社であれば「優越的地位の乱用」などと指摘を受けることもなかったろうになぁなどと、つい考えてしまいます(苦笑


にほんブログ村 PC家電ブログへ
スポンサーサイト