FC2ブログ

ハイエンド空冷の新製品

2020.03.24.Tue.21:09
昨日読んでいて気になった記事。
8コアCPUもしっかり冷えるCORSAIRのCPUクーラー「A500」、光らない高性能モデル』AKIBA PC Hotline

つい数か月前まで、「いかにRyzen7 3800Xを無理なく冷やすか」ということで色々な製品のレビューを読みまくっていたので、自分が探していたモノと似たようなコンセプトの新製品はやっぱり気になりました(^^

塊感のある大型ヒートシンクに大型ファン2個構成というサイドフローCPUクーラーなので、頭に浮かぶのはNoctua NH-D15やCRYORIG R1 UltimateV2のほか、最近だとDeepcool ASSASSIN3あたり。当然これらも自分としては検討していたのですが、このあたりはどれを選んでも「冷えるけどデカイ」のですよね。本件A500も大きさの面では同様ですが、ファンをスライドさせる機構はなかなか秀逸かと。(そのトレードオフで、機構分だけ容積が更に大型化するけど)

肝心の冷却性能は、海外のレビューを漁ってみたところ、NH-D15やASSASSIN3に迫るような印象。容積勘案すると納得ですが、他社製品はファンサイズが140mmなのに対し、コレは120mmなので騒音関係は期待薄でしょう。あと、120mmファンなのに全高169mm なのはイタダケナイ。その分、メモリ上空のクリアランスは標準状態でも確保されているのかもしれないのですけどね…

ざっと見てみての感想ですが…
正直、価格次第かなと。年初に新発売となった製品ですが、Webサイトで商品説明はあるものの国内での販売事例は(並行品を除いて)まだ見つけられませんでした。
静音で定評のあるNH-D15は1.3万円、その他競合製品も1万円前後ですし、「静かでコンパクト、でも冷える」という観点で私が選んだNoctua NH-U14Sも約1万円。
120mmファンで煩いことや性能差を勘案すると自分なら9千円までかなと思いますが、海外では約100ドルとのこと。このあたり、Corsairのブランド力ということなのですかねぇ(謎


にほんブログ村 PC家電ブログへ
スポンサーサイト