FC2ブログ

ご祝儀レート

2021.03.05.Fri.21:23
先月末のエントリの続き。
AMD、1440pゲーミングに最適化した「Radeon RX 6700 XT」』PC Watch

事前予想通り、やはり今回の新製品発表は6700XTデシタ。
”1440p解像度+高画質設定”を可能にするべくビデオメモリの容量が12GBとのこと。解像度WQHD対応となると、我が家や仕事場の実環境と重なってくる点もNiceです。
(自宅では4K液晶をWQHD相当までスケーリングしています)

希望小売価格は$479なので、現在の為替レート換算だと5.2万円程度になる計算。でも、毎度のことながらAsk税が高額設定なので、7万円以上になるのは確実だろうなぁ。何しろ、売れ筋となるミドルレンジ製品で(ハイエンド対比では)手ごろな価格帯、しかも入荷量はかなり絞られる見込み、加えてマイニング需要も見込まれるため、需給バランスを考えると強気の商売がしやすい環境ですから・・・orz

米国での発売が3/17とのことですが、国内での発売時期はまだ未発表の状態。同時期の国内発売となると、週明け位には情報が出てくるはずですが、入荷量と価格設定は気になるところです。GeForce勢で近い価格のRTX3070は発売当初で8万円前後でしたが、市場在庫も払底気味で現在は倍近いプライスタグが付いている由。
初値次第では手を出したいところですが、様子見をしているうちに玉切れの可能性もあり得ますし、かといってRX6700XTの性能に7万円以上となると個人的には?な感もあるので悩ましいです。(何しろ、RX6800は昨年まで8万円前後だった記憶がありますからねぇ…)
素直な為替水準の価格帯+αで6万円を切っていればすぐに手を出したいのですが、まず無理なのだろうな(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ
スポンサーサイト