fc2ブログ

記憶域スペースの活用

2024.02.19.Mon.22:06
いつもの巡回先で今日気になった記事。
お荷物になってしまった240GB等の小SSDたち。実は“記憶域スペース”で大容量化可能。余ったSSDの有効活用方法とは』PC Watch

昨年に3台のPCを組み換えたましたが、各々のPCでCドライブとして小容量SSD(180/240/500GB)を使っていました。仕事場用やサブ用途のPCだったので、CドライブにはOS+α程度しか必要としないため、小容量SSDを選択するのが購入当時は合理的だったのです。他にも、未使用の120GBなSSDをストックしていたりしたのですが、今となっては小容量品は使い勝手が悪いので昨秋に全てまとめて処分したばかり。
有効活用できる方法があるとのことで、上記リンク先記事を思わず読んでしまった次第です。

記憶域スペースという(Windows10/11での)新たな機能を使う…というアイデア、自分では思いつかなかったので「なるほどなぁ」と感じました。半面、小容量品を複数まとめるということは、それだけの台数のストレージをまとめて積むということになるので、PC筐体内部に相応のスペースが必要になりますし、ケーブル類の取り回しや電源側の余力といった問題も出てきます。
筐体内をスッキリさせることで効率的な廃熱処理をしたいので、なるべく部品点数は減らしたいという自分の考えからすると、ちょっと向かなそうです。
やはり、私はまとめて売却処分で正解だったのかも(^^A

にほんブログ村 PC家電ブログへ

マウスは死亡かも

2024.02.18.Sun.18:40
昨日のエントリの続き。

戻ってきたPCを早速使っていたのですが、これまで使っていたマウスの挙動がおかしいことに気が付きました。先般の浸水事故の際、PCの横に置いてあったマウスも故障してしまった様です。水がかかってしまったことは気が付いており、できる限り拭き取り1週間乾燥させていたのですけど、やはりダメだったのかも。

現在使用中のマウスは2019年末に購入したLogicool製M590。購入後4年超経過しているので、外観はそれなりに経年劣化してきていますから、そろそろ買い替え時期だったと考えた方が良いのかもしれません。
取り急ぎ同社のHPで現行製品を確認してみたのですが、ボタン数と価格面で絞り込むとM650か(いつもの)M705あたりになりそうな感じ。サブ機用途なノートPC用なので、現在のM590や候補機種(M650/M705)だと少々大きいのが気になります。この際、安価なエレコムとかBuffalo製品に切り替えてしまおうかな?!


にほんブログ村 PC家電ブログへ

プレミアム保証 2

2024.02.17.Sat.20:39
1週間前のエントリの続き。
Dynabookの修理が完了し、宅配便での返送を今朝受領しました。

同梱されていた作業報告書を確認してみたところ…
・内部に浸水の痕跡と基板上の腐食を確認
・メインとUSBの両基板、キーボードを交換
・上記交換に伴い、PINコードを要再設定
…とのこと。プレミアム保証の適用で、送料含め無償対応でした。

動作確認をしてみたのですが、(当然ながら)問題なく起動。購入時からの問題として、電源ONからの起動に癖があるというか、電源ボタン押下からの反応?!に難があったのですが、今回の修理で正常に動作する様に改善されていることも確認しました。メイン基板を交換したからなのでしょうが、長年の問題点も今回解消されたことで助かった次第。
(延長)保証期間も残りあと半年、もう使う機会はほぼないと思いますが、保証料(約3万円/4年)の元は取れた様です(^^A

にほんブログ村 PC家電ブログへ

起爆スイッチを追加しようかな?!

2024.02.16.Fri.21:08
先週末のエントリでも書きましたが、3連休中に資料を完成させて連休明けに税理士さんに資料を預けました。ほぼ例年通りの日程進行なので、あとは申告書の作成をお任せするのみですが、まずは一安心といったところ。

資料を作成する際に昨年の買い物内容を改めて精査していたのですが、昨春に購入した「起爆スイッチ」の存在を思い出しました。
PC筐体の電源ボタンが壊れてしまったため、外付けのリモート電源ボタンを約千円程度で購入したのですが、丸っきり中華テイストな安っぽい外観が残念ではあるものの慣れてしまえば使い勝手はバツグンです。
わざわざPCのボタンを押さなくても、キーボード横に設置したリモートスイッチで起動できるので楽チン。ボタンのサイズも大きくて押しやすいですし、クリック感も悪くないのです。

昨秋から(仕事場用PCを組み替えたので)DeepCool製の筐体も使っていますが、電源ボタンのサイズ感や押しにくさに閉口しています。筐体外観はオシャレですし、内部の作りこみも価格にしてはよくできている方なので総じて人気製品ではあるのは首肯できるのですが、↑こうした↑落とし穴には購入前は気が付かなかった…(^^A
資料作成の最中に改めてリモートスイッチの存在を思い出したので、追加で買ってしまおうかちょっと思案中。


にほんブログ村 PC家電ブログへ

CBキャンペーンからの妄想

2024.02.15.Thu.19:59
SONY αの春のキャンペーンが始まるとのこと。
ソニー、カメラ単品最大5万円還元の「αスプリングキャッシュバックキャンペーン2024」

ぱっと見た限りではα7CIIやα6700は対象外になっている模様。キャンペーンの利用者層≒「1台目」需要として買う人が多い…と考えると両機種は価格帯的にも性能的にもボリュームゾーンになりそうな気がしますが、発売からまだ半年程度だからですかね?!

穿った見方ではありますが…
キャンペーン≒販売施策≒競合他社新製品の動向次第で変動 という図式で考えると、対Nikonでは予想されるZ6III には対抗策としてα7III/IVを価格勝負でぶつける。半面、APS-C機の新型は情報が出てきていないので、α6400のみで十分?!
一方、対Canonでは予想されるのがR1とR5IIなものの、両機種ともに上位機種であり、かつ発売時期も今夏との予想が主流なので、今回は特段の対策はなし。

…といったことを、本件ニュースから勝手に妄想してしまった次第(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ

ここへきて家族割の導入?!

2024.02.14.Wed.21:31
楽天モバイルが家族割制度を導入するとの報。
楽天モバイルが「最強家族プログラム」発表、家族で入ると料金割引』ケータイWatch

名称”最強家族プログラム”を見て思わず内容を調べてしまいましたが、イニシャルのポイント付与は別として、割引「額」自体は驚くほどのものではないなというのが率直な感想。とはいえ、元々の定価が安価なので、然程割り引かなくても適用後の価格も安価な水準です。
1プランを謳って、「余計な割引をしなくても素の状態で安い」ことを特徴にしてきたはずなので、当然といえば当然の結果ですが、「最強家族」などという単語を見てしまうと…(以下ry

従業員に契約の紹介を半ばノルマ化しているとまで昨年も各所で報じられてきていましたが、契約数を増やしたいのであれば単純に「家族割」キャンペーンを早期に実施すればよかったはず。これまでそれを避けてきていたのは、これ以上月額料金を安価にしたくなかったのか、はたまた「1プラン」を死守したかったのかなぁ…と個人的には想像していました。それなのに、ここへきて「家族割」を導入してきたということは、やはり業績が厳しいのかも?!と思ってみたり。

個人的には同社と契約するつもりはないものの、同社の参入による価格破壊によって既存キャリアの利用者もある程度の恩恵を受けてきていると思っているだけに、引き続き何とか頑張って欲しいものだと感じた次第。


にほんブログ村 PC家電ブログへ

あと10日程度で…

2024.02.13.Tue.19:42
先週末のエントリの続き。
CP+2024開幕まで残り約10日、ここ数日程度で新製品情報が各社から出てくるのではないのかな?!と想像しています。

Nikonの場合、2機種が予想されていますが、Z6III(仮称)に関しては外観予想なるものもWeb上では散見される様になってきています。Z8に似た筐体で現行Z6IIより大型化するとの予想なので、重量的にも増えるのだろうなぁ…。「軽さは正義」だと思っているので、個人的には「う~ん」というのが率直な感想です。
ここへきてまたZfの納期が長期化しているという情報も見聞きしているので、Z6III待ちなのか、割り切ってZfなのかの判断は難しいですな。

一方で、もう1機種についてはZ6IIIほどの情報を見かけていません。Z50IIなのか、Z「90」なのかというところでも諸説ある様ですし。
APS-C機でBody内手振れ補正機構付き(だといいな)という希望的観測の情報も見受けられますが、もし本当だとするとこちらの方が私のニーズにはピッタリなのですよね。
そういう意味でも、納期の問題でZfを予約してしまいたい誘惑と悩んでいる次第。
早く発表にならないものですかね(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ

高めの価格設定

2024.02.12.Mon.20:31
ちょっと気になったレンズアダプターの新製品紹介記事。
MonsterAdapter、ニコンF→ソニーEの電子マウントアダプターを発売。カプラー方式のAFに対応』デジカメWatch

ニコンFマウント資産の有効活用ができるかも?!…と記事を読んでみました。
レンズ内にモーター非内蔵のAFレンズ(≒Dタイプ)に対応ということなので、AF-S以前な古めのレンズ向けという感じ。
私の手持ちのレンズは基本的にGタイプのAF-Sレンズ(相当)が中心ですが、Tamron17-50mmF2.8の1本だけがDタイプ相当です。APS-C機ではメインで使う焦点域のレンズでしたが、ニコンのミラーレス機ではFTZ経由でもAF非対応なのですよね。それが他社マウントでは使えるのか…と。

一方で、価格が税込7.7万円と結構な価格に驚きました。
流石にこの金額を払ってまで使いたいレンズはないよなぁ>>Tamron17-50mmF2.8。EマントのAPS-C機で使うなら、同焦点域ではSONY純正やシグマなどで新品の選択肢がありますしね。
7.7万円を支払ってまでも使いたいレンズとなると、Fマウント全体でも結構少ないよなぁと思った次第(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ

例年通りの手離れへ向けて

2024.02.11.Sun.20:19
今年も確定申告の時期が近づいてきました。
申告期間は2/16(金)~3/15(金)なので”まだ申告期間「前」”ではあるものの、税理士さんに処理していただく関係上なるべく早めに手離れさせる必要があります。

例年、申告期間の開始日前後に税理士さんへ依頼していることや土日を勘案すると、猶予は残り5日間。これに対して、進捗状況は3連休前の時点では6割程度といった状況でした。このままでは結構厳しい?!と思い、昨日/今日と現金出納帳を何とか作成し、その他説明資料なども準備が完了した次第。
あとは、もう一度資料に漏れがないかを確認し、各種資料の整合性をチェックするのみなので、進捗率9割といった感じにまで何とか辿り着きました。

連休明けに税理士さんにアポを取りつつ、最後の仕上げを予定。今年もギリギリ例年通りの手離れができそうです(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ

プレミアム保証

2024.02.10.Sat.21:24
私のDynabookは購入してから約3年半経過しています。これまで特段問題なく使ってきたのですが、妻に貸した際にうっかり水をこぼされてしまいました。

電源が入っていなかったですし、外側で気が付く範囲の水は拭き取りましたが、おそらく筐体内部にも水は侵入してしまっていそうな感じ。完全に乾燥するまでは電源を入れて確認することができないですし、内部の水をが乾くまで待っていると基板の腐食の原因にもなりかねません。かといって、勝手に分解清掃する訳にもいかないですし…

ふと思い出したのがDynabookのプレミアム保証。落下/水没までカバーしてくれていることもあり、今回はお世話になることに。4年間で付保していたので助かりました。電源スイッチの反応が以前からおかしかったこともあり、修理のタイミング的にはちょうどヨカッタのかも。引き取りから配送まで全てメーカー側で手配してくれるので、当方としては手間いらずな点もGood。納期は10日間程度とのことなので早速お願いしましたが、どんな(点検)結果になるのかちょっと楽しみ(^^A

にほんブログ村 PC家電ブログへ