fc2ブログ

記憶域スペースの活用

2024.02.19.Mon.22:06
いつもの巡回先で今日気になった記事。
お荷物になってしまった240GB等の小SSDたち。実は“記憶域スペース”で大容量化可能。余ったSSDの有効活用方法とは』PC Watch

昨年に3台のPCを組み換えたましたが、各々のPCでCドライブとして小容量SSD(180/240/500GB)を使っていました。仕事場用やサブ用途のPCだったので、CドライブにはOS+α程度しか必要としないため、小容量SSDを選択するのが購入当時は合理的だったのです。他にも、未使用の120GBなSSDをストックしていたりしたのですが、今となっては小容量品は使い勝手が悪いので昨秋に全てまとめて処分したばかり。
有効活用できる方法があるとのことで、上記リンク先記事を思わず読んでしまった次第です。

記憶域スペースという(Windows10/11での)新たな機能を使う…というアイデア、自分では思いつかなかったので「なるほどなぁ」と感じました。半面、小容量品を複数まとめるということは、それだけの台数のストレージをまとめて積むということになるので、PC筐体内部に相応のスペースが必要になりますし、ケーブル類の取り回しや電源側の余力といった問題も出てきます。
筐体内をスッキリさせることで効率的な廃熱処理をしたいので、なるべく部品点数は減らしたいという自分の考えからすると、ちょっと向かなそうです。
やはり、私はまとめて売却処分で正解だったのかも(^^A

にほんブログ村 PC家電ブログへ
スポンサーサイト