fc2ブログ

早春イベ2024…後半戦

2024.03.31.Sun.18:40
前回エントリの続き。
4日前にE-3を攻略した当鎮守府ですが、現在最終海域E-4の最深部に到達したところです。

【進捗】
最終海域E-4で第1~3ゲージをクリアし、最深部となる第4ゲージを昨晩に表示させました。
資材は現時点で鋼材が34.9万、燃料4.4万、弾薬5.9万、ボーキ5.6万、バケツは約2,680といったところ。

【レアドロップ】
新規実装組:なし
実装済未所持組:なし
既所持組:磯風、朝日ほか

【雑感】
第1ゲージは大和/武蔵の両艦に加えて正規空母3艦を使っての連合艦隊運用なので、資材消費はかなり多め。続く第2ゲージは連合艦隊なものの駆逐艦中心の輸送艦隊なので資材消費は少な目。第3ゲージも潜水艦主体の遊軍艦隊で消費資材は少な目。”潜水タッチ”含め、カットイン対応のために補強増設推奨なので、在庫数の少ないアイテムの消費が…(以下ry
最終海域最深部到達時点としては、資材在庫は比較的余裕がありますが、全4海域の中規模イベントなだけに時間的な余裕があとどの程度残っているのか、少々不安ではあります。

にほんブログ村 PC家電ブログへ
スポンサーサイト



価格改定で反転値上げ

2024.03.30.Sat.20:44
Ryzenシリーズの価格改定(値上げ)があったとの報。
Ryzenシリーズが値上げ 「Ryzen 7 7800X3D」が6.3万円に』IT Media

リンク先記事によると、価格改定は今週だったとの由。CPU相場に関する別記事を先週読んだ際には軟調な印象を持っていたので、本件記事にちょっと驚いている次第。
最大6.2GHzの「Core i9-14900KS」が登場、Ryzen/Ryzen Threadripperが全体的に下落 [3月後半のCPU価格]』AKIBA PC Hotline

個人的には3800Xの入替を予定していたのですが、購入候補と考えていた5700X(24,600⇒24,600)や5700X3D(39,800⇒37,600)に関しては無風状態な印象。”旧世代も総じて値上げ”という記事内容でしたが、新旧両記事内の画像/情報を比較した限りでは下位モデルは影響が少ないor「これから」なのですかね?!

ドル円相場は一時落ち着いていたものの、今週はずっと150円/$前後で推移しているので、円安基調が影響しているのかも。自分自身の調達はGWあたりを考えていましたが、どうしたものかな…(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ

新製品はレンズだった件

2024.03.29.Fri.22:24
数日前のエントリの続き。
前回エントリをUpした日が「Nikonの新製品発表のX-Day」と噂されていたのですが、実際にはその日の発表はなく、翌日にかねてより噂されていた新レンズ「28-400㎜」が発表に…。
ニコン、高倍率14.2倍のズームレンズ「NIKKOR Z 28-400mm f/4-8 VR」』デジカメWatch

既にZマウント用の高倍率ズームは「24-200㎜」が販売されていますが、ワイド端を多少犠牲にしつつテレ端側を伸ばしたレンジの新製品。結果的に重量は+155gの増加となり、テレ端のF値もF6.3⇒F8へと暗くなっています。スペックや海外のレビュー動画から判断すると、屋外での「運動会」用途に向いていそうですが、個人的にはその用途はもう「終わってしまった」ので何とも…。

Zマウントの新レンズではむしろ、昨日発表になったタムロン製品の方が気になります。
タムロン、ニコン Z用の大口径標準ズームレンズ「28-75mm F/2.8 Di III VXD G2」』デジカメWatch

APS-C用ではあったものの、タムロンの17-50mmF2.8を長年愛用していた私としては、「F2.8通し」や「軽さ」といった観点から興味を持った次第。同一レンジではタムロンOEMと噂されるZ28-75㎜F2.8が「純正」として販売中ですが、新旧比較は気になるところです。加えて、レンジが丸被りなZマウントレンズの発売をNikonが他社に対して認めた点も気になっています。
タムロン製品であれば、SONY(E)や富士(X)用に発売されているAPS-C用の17-70㎜F2.8がNikon Z用にも展開してくれるといいのだけどなぁ…。


にほんブログ村 PC家電ブログへ

新プランが発表になったものの… 2

2024.03.28.Thu.21:38
1週間前のエントリの続き。
新発表の料金プラン(オプション)はコスパ的にイマイチだよなぁ…と感じていましたが、損益分岐点分析的な記事がやっぱりUpされていました。
ドコモ新料金プラン「ahamoポイ活」の”損益分岐点”を考える』ケータイWatch

ポイント還元のルールから逆算すれば自明ではあるものの、前回エントリで私が書いていた”上限ポイントを獲得するためには8万円/月、OP料金分だけでも4.4万円分のd払いを利用する必要がある”という内容と同じ指摘が上記リンク先記事でも書かれており、「キャンペーン終了後のハードルが一気にアップ」と結論付けられていました。

実際のところ、私のメインカードでの毎月の支払い額は最低でも約8~9万円程度で推移していますが、これは光熱費や水道代に加えて医療保険などの支払いも1本化しているから。サブで利用している他のカードは1~3万円程度/枚なので、d払い比率を増やしたとしてもとても元は取れません。

リンク先記事の本文中でも指定されている様に、①還元率が高いキャンペーン期間中のみの利用、②期間終了後は解約、③大きな買い物をするときのみOPを再設定 という限定的な使い方になるのだろうなぁ…(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ

早春イベ2024…中盤戦

2024.03.27.Wed.21:43
前回エントリの続き。
先週末にE-2を攻略した当鎮守府ですが、昨晩E-3乙も突破しました。

【進捗】
E-3乙クリア済で今晩より最終海域E-4に突入予定。
資材は現時点で鋼材が34.8万、燃料6.1万、弾薬7.0万、ボーキ7.9万、バケツは約2,710といったところ。

【レアドロップ】
新規実装組:Drum(クリア報酬)
実装済未所持組:なし
既所持組:Scamp、初風ほか

【雑感】
第1ゲージは長門/陸奥の両艦に加えて伊勢を使っての連合艦隊運用なので、資材消費は多め。続く第2ゲージは遊軍艦隊なものの戦艦2/正規空母1の構成なので資材消費はやや多め。最終第3ゲージはE-2同様に潜水艦主体なので消費資材は少なめなものの道中での大破撤退があり得るのが難点(司令部装備で途中退避対応)。新装備「特4式内火艇(改)」をフル活用しましたが、”潜水タッチ”用の梯形陣ではなく単縦陣を選択することでS勝利が安定することに途中で気が付きました。
新艦”平安丸”についてはまたしても未邂逅だったので、完走後の堀に期待。完走優先なのでE-4は難易度甲/乙の選択が悩ましい…(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ

Ver.1.62

2024.03.26.Tue.21:27
某所で仕入れた噂によると、Nikonの新製品は今日発表予定とのこと。
期待しながら夕方にデジカメ関係の情報サイトへとアクセスしてみたものの、同社製品に関する特段の記事はUpされてません。本家サイトも確認してみたところ、今日のプレスリリース情報には新製品発表ではなくZ6II/7IIの新ファームウェアのリリース発表が…。

今更Z6II/7II?!と思ったものの、発売時期こそ2020/11~12月と古いものの、両機種とも同社のラインアップ上はまだ現役製品です。フルサイズ機の新しいモデルは画像処理エンジンがExpeed7世代に切り替わっていますが、両機種は「6」世代なので何となく型落ち感があるのですよね(汗
最新Ver.となる「1.62」の内容も確認してみましたが、基本的にはバグFix程度。Z9/8ではVer.数字の1桁目が変わる様な大きな修正や機能追加があるのですが、モデル末期に近いZ6II/7IIでは小数点以下の数字の変更にとどまり依然1桁目の数字は「1」のまま。

そもそも論として、Z6II/7IIはZ6/7からのマイナチェンジ版という見方もありますし、Z6/7では1桁目を変えるようなファームアップが過去にはあったことを勘案すると、ある意味「これ以上(新機能の追加)はない」ということなのかもしれないなぁと改めて感じた次第。


にほんブログ村 PC家電ブログへ

R8再考

2024.03.25.Mon.18:36
昨日のエントリの続き。
CanonのR8について、今一度冷静に検討してみようかと。

上位機R6IIの方が万能機であるのは承知していますが、重量的にはD80/70並みの約670g前後でZ6II(705g)よりやや軽い程度。劇的に軽くするのであれば、R8(461g)かな?!と。R8の中身はR6IIに劣るもののかなり近いですし、BODY内手振れ補正機能がないのはNikon製APS-C機と同条件です。

BODY内手振れ補正機能は「可能なら欲しい」機能ではあるものの、Nikon製レフ機の頃はそもそも無かった機能。「無ければ無いでどうにかなる」とも言えます。従来同様に望遠レンズ購入時に手振れ補正付きのものを選べば良いのかと。
そういう観点で合わせるRFレンズを選ぶと24-105㎜F4Lあたりが欲しいのですが、約700gとかなりの重量級になりR8と組み合わせると前後の重量バランスや見た感じのバランスが悪そうな感じ。かといって同焦点域の非Lレンズでは395gと軽くできるものの、テレ端F7.1とかなり暗くなるのが難点です。

今回の春のCBキャンペーンを利用すれば、R8(23万)+24-105F4L(16万)-CB(計5万)=実質34万円也。予算内ではあるものの、追加のレンズは既存Fマウントレンズを全部売却して70-200F4LISを買うのが限界です。
↑そう↑考えると、ちょっと非現実的かもと思ってみたり(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ

Zfの実機に… 2

2024.03.24.Sun.18:22
約2週間前のエントリの続き。
先日の量販店に昨日も出向いたのですが、まだ展示機が残っていたので再度触ってみることに。でも感想は前回同様で、「機能的には面白そうだけど、やっぱりちょっと重いのでグリップが欲しい」。でも外付けグリップを追加すると更に重いんだよなぁ…。

重かった記憶があるD300はバッテリやメモリカード込で約910g程度でしたが、その前に使っていたD80/70だと約670g前後(←このあたりが限界)。グリップがない状態でのZfの710gはやっぱり微妙な重さなのです(微妙に重いのでグリップが欲しい)。また、フルサイズ機に付けたいレンズである24-120㎜F4や28-75㎜F2.8は各々630/565gですが、今まで使っていたTamron17-50mmF2.8(430g)や純正18-200㎜(560g)よりも重く、カメラとの組み合わせで考えると重量差は更に拡大します。

本来の私のニーズ「軽さは正義」に立ち返ると、現状のNikon機ではAPS-C機から選ぶしかなさそうです。「動画は使わない」「スポーツ撮影はしない」という使用環境だと、殊更に最新性能を追い求めず、(古い世代となる)Zfcでも十分な気もします。
もしくは、どうせマウント変更するのだから、この際Canon機に変えて軽量なR8でも…
(以下、次回へ続く)


にほんブログ村 PC家電ブログへ

早春イベ2024…前半戦

2024.03.23.Sat.14:20
前回エントリの続き。
先週末にE-1を攻略した当鎮守府ですが、昨晩E-2甲も突破しました。

【進捗】
E-2甲クリア済で現在E-3乙に突入中。
資材は現時点で鋼材が35.0万、燃料7.3万、弾薬7.9万、ボーキ8.9万、バケツは約2,730といったところ。

【レアドロップ】
新規実装組:なし
実装済未所持組:なし
既所持組:昭南、Massachusettsほか

【雑感】
第1ゲージは長門/陸奥の両艦を使っての連合艦隊運用なので、ストレートにクリアすることは容易いものの資材消費はやや多め。続く第2ゲージは潜水艦主体なので消費資材は少なめなものの道中での大破撤退があり得る他、最後の装甲破砕ギミックが面倒だった印象。
新艦”平安丸”については未邂逅だったのでE-3に期待ですが、完走優先なので最後に時間と資材が残れば周回でE-2に戻ってくるかもしれません(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ

乗換先の案内が…

2024.03.22.Fri.20:05
先週のエントリの続き。
ドコモの3G停波予定の件について先般のエントリで書きましたが、ちょうどタイムリーに公式からも発表があった模様。
NTT、「FOMA」と「iモード」を2026年3月に終了。124の料金プランや423のFOMA端末対象』PC Watch

「FOMA」および「iモード」サービス終了の案内”なる公式サイトを早速チェックしてみました。
終了予定なサービス名や料金プランに加えて、使えなくなる機種名などが具体的に列記された点は「わかりやい」という点でGoodです。一方で、3Gからの乗り換え先の案内が相変らずダメなのですよね…。

今回も上記公式サイトには「ケータイプラン」の具体的な説明やリンクなどはみあたらず、唯一「はじめてスマホプランのご案内」がリンク先として表示されているのみです。
見ようによっては「このプランしかない」とも受け取られてしまう可能性があるだけに、何となくモヤモヤ感。何とかしてガラケーからスマホに移行させてARPUを向上させたい…という思惑が透けて見えすぎです。

4Gサービスで現在ラインナップしている具体的な機種名とその価格、その機種へと機種変更した場合の具体的な料金体系の新旧比較…というものが本来は必要なのではないのかと(以下ry


にほんブログ村 PC家電ブログへ