FC2ブログ

予定通りのパワーアップ

2018.02.10.Sat.19:34
マツダCX-5がまた商品改良されるとの報。
マツダ「CX-5」商品改良。ガソリンエンジンに新技術「エッジカットピストン」「低抵抗ピストン」採用』CarWatch

現行CX-5の発売は一昨年の12月だったはずなので、まだ1年2ヶ月程度。この車は人気車種でもありますし、MMCの時期としては少々早すぎるような気もするのですが、一方で最近のマツダは出し惜しみをせずに他車で用意できた新技術をどんどん既存車種に載せてくるようになっていますから、そうした流れの中の話なのでしょう。とくにクリーンディーゼルエンジンでは、CX-8が既存エンジンの改良版を採用して発売になったばかりですから、早晩アテンザやアクセラ、CX-5なども小変更してくるだろうなぁという予想もしていましたので(^^A

何度かCX-5/8を試乗しているのですが、先進安全装備を全部載せにしてこの価格なのは(普段、レクサスやトヨタ車に乗り慣れている私からしたら)とても良心的に感じます。デザイン面でも最近のマツダは頑張っているので、個人的には好評価したいところ。
でも、ところどころ残念な部分も目に付くので、手を出しにくいのですよねぇ。
例えば、エンジンのラインナップですが、ちょい乗りが多い私からすると、クリーンディーゼルは手を出しにくい。かといって、2,000㏄や2,500㏄のN.A.だと非力に感じるので、これまた却下。3,000㏄クラスのパワーを持つダウンサイジングターボの設定があれば、CX-5/8といった重量級ボディーにもベストだと思うのですが…。せめて米国では販売している2,500㏄ターボも国内採用してくれるといいのですけどねぇ…


 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する