FC2ブログ

コンシューマー向け製品

2014.09.22.Mon.19:53
東芝が一部地域で一般消費者向けのPC事業から撤退との報。
東芝、一部地域でコンシューマPC事業から撤退』GIZMODO

SONYのVAIOに続いて東芝もか?!…と記事のタイトルだけを見て想像してしまいましたが、中身を読むと”不採算の新興国市場では個人向け販売を打ち切り”とあったので、なるほどなぁという感じ。スマホ市場でもそうみたいですが、新興国では機能の差別化より価格勝負な感じが強くなるので、中国メーカー等の方が競争は優位でしょうからね…。
顧客法人毎に要求される仕様が異なるのを個別に対応しつつ、サービス面でも付加価値を付けて収益機会を探れる先進国の法人向けの方が確実に収益が期待できるので、そこへフォーカスしていくのもある意味当然かと(^^A

8年ほど前に東芝の直販モデルである”dynabook Satellite AW6”を購入して、1年余り使用していたことがありますが、サポートもまともでしたし、製品自体の出来もまずまずでした。それ故、同じく使用経験があったVAIOとは異なり、東芝製PCには個人的には好印象を持っています。今でも、ノートPCを選ぶときにまず第一に検討するメーカーの一つですし…

そんなこんななので、某社の時とは異なり、国内では一般消費者向け製品でも何とか頑張って欲しいなぁ…と思った次第デス(^^




 
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する