FC2ブログ

ACアダプタのリコール

2018.06.23.Sat.20:04
東芝製ノートPCのACアダプタでリコールが発表された由。
東芝製ノートのACアダプタに発火の恐れ。自主回収へ』PC Watch

2009年12月~2011年7月に生産された一部の型番のものが対象となるそうなのですが、記事を読んでちょっと違和感も。

1)発表時期の問題
7~8年前のモデルなので今更感が強いです。CPUで言えばCore2からCore i5/7シリーズへ切り替わった直後あたり、OSではWindows7あたりなイメージ。リースの期間でも通常3~5年程度で設定されることが多いノートPCですが、要するにその程度の期間でかなり陳腐化してしまいますし、そもそも故障のリスクも増大します。7~8年前のモデルなんて、現在どの程度が稼働しているのかと(^^A
2)明示されるのはACアダプタの型番のみ
公式サイトで明示されているのはACアダプタの型番のみで、そのリンク先を辿らないと具体的なPCの機種一覧がわかりません。使用者側からすると、ACアダプタの型番よりPC側の型番の方に馴染みがあるのですが…
3)SHARPとの絡み?
東芝のPC部門はSHARPへの売却がつい半月前あたりに発表されたばかり。譲渡後に本件が発覚してバタバタするよりも、今のうちに膿を出しておこうということなのかも…なんてつい考えてしまいたくなるタイミングです。事態についてはもっと前から把握していたのに、発表をこの時期迄引き延ばしていたとすると、かなりのイメージダウンになると思うのですが…

東芝製ノートPCは2007~2008年あたりで私も使っていましたが、1年チョイで手放した経緯があります。以降、ThinkPadを買いつないできていたのですが、所有していた当時の印象で東芝製PCには好感を持っていただけに、ちょっと残念な気持になった次第デス。



スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する