FC2ブログ

省略仕様に割り切り

2019.02.23.Sat.20:25
割り切った仕様ながら、これが正解ではと思える新製品が発売に。
RTコアを省略したTuring世代のミドルレンジ、NVIDIA「GeForce GTX 1660 Ti」解禁』hermitage akihabara
レイトレ非対応だけど本命のGPU? 「GeForce GTX 1660 Ti」が登場』IT Media
NVIDIA、279ドルからのTuring GPU「GeForce GTX 1660 Ti」』PC Watch

NVIDIAの現行(Turing)世代GPUではレイトレーシング機能が”売り”でしたが、そもそもレイトレはマシンパワーを喰うので最上位であるRTX2080クラスで「なんとか」というレベル。ミドルローなRTX2060では非実用的な印象でしたから、「どうせOff設定なら省略して」というのもある意味政界ではなかろうかと。事実、レイトレ切った状態でGTX1070並みらしいですから…

3万円台という価格帯も中々戦略的な感じ。性能的にはVega56がいい勝負になりそうですが、Vega56は(時折入る処分セール特価)を除けば5~6万円台と高止まりしたままですからねぇ。北森瓦版さんの記事によれば「対抗値下げ」があるかもしれないようですが、①高価なHBM2を搭載しているのにそこまで値下げできるのか、②下位のRX590/580が3万円台に控えているので玉突き値下げが必至…などを勘案するとAMDもGPU分野は苦戦が続きそうな予感。

そもそも…ですが、AMDはPolaris(RX5*0)を引っ張りすぎですし、Vegaは出荷(流通)量が少なすぎたからこういう事態に至っている訳で、何ともなぁ…と。当面の間ハイエンドはVIIで凌ぐとして、RX5*0系の後継にNaviを早期投入して商品力をUpさせないとシェアは細るばかりでしょう。Vega56を購入したばかりの私としては少しばかり残念な気持ちになってしまいますが、ある程度は織り込み済みだったので仕方がないですね(^^A


にほんブログ村 PC家電ブログへ
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する