FC2ブログ

Lモード…

2019.09.22.Sun.19:45
仕事場で使用中の電話機のうち、1台がついに逝かれました。
普段は使用していない「裏」回線用に設置しているので、実家で使わなくなった古いモデルを流用していたのですが、ふと気が付くと親機と子機のリンクが切れていて、親機はコンセントに挿しているにもかかわらず電源が入っていない状態。コンセントの抜き差しで何度か再起動させたのですが、しばらくすると再発しているので、やっぱり寿命なのでしょう。

故障していた機種はNTTより購入したDCP-560L。調べてみたところ、2002年に発売になったモデルのようで、何と「Lモード」対応。i-modeの固定電話版サービスだったと記憶していますが、全く普及せずにサービス終了になったヤツです。古いなぁ~(^^A
電話機自体は、都合17年モノになる計算ですから、「寿命」と判断して間違いないかと。

新規調達にあたり、電話機は自宅でも使い慣れているPanasonic製の物を選びました。といっても、もう選ぶほどメーカーの選択肢がある訳でもないのですけどね。新しく調達したものをメイン回線に繋ぎつつ、今迄メイン回線に繋いでた古い機種を今度は「裏」回線へとコンバート。鉄骨3F造のためか、従来はつながりがイマイチ悪かった裏回線の親子間の無線通話品質ですが、これで少しは改善されますかね?!


にほんブログ村 PC家電ブログへ
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する