FC2ブログ

サブブランド対応

2020.10.27.Tue.21:55
2週間前のエントリの続き。
前回はSoftbankでしたが、今回はau(というかUQ)。
「UQ mobileで20GB/4000円以下」、NHK報道にKDDI「さまざまな方法を検討」』ケータイWatch

20GB/4000円以下という水準、先般のSoftbankでの噂対比で上限容量は△10GBですが価格的にも△千円。個人的には、今回の方が多少はマシかなと思いますが、auは本体ではなくサブブランドでの対応なのですよね。こうなるとたぶんSoftbankもYahooで揃えてきそうな予感がします。一方でドコモはTOBの絡みもあるのでしばらく条件提示ができないそうですが、現状同社はサブブランドを持たないだけに今後の動向は気になるところです(私自身もドコモユーザーになりましたしね)

日中、TVで情報番組を見ていたのですが、本件話題が取り上げられていました。番組内で専門家は「今後、サブブランドで割安料金化がさらに進み、キャリア側は現状維持になるので2極化が進む」と(比較的肯定的に)コメントしていました。一方でゲストコメンテーターは、「納得がいかない」「サブブランドではなく本丸で実施するのが筋では?」「こういう結末を期待しての政策誘導ではないはず」と厳し目のコメント。
個人的には…後者に賛成です。

ドコモのTOBは来月中旬が締め切り予定らしいのですが、そのタイミングで「本体での大幅値下げ」をプラン提示してきたらまた潮目が変わるはず。そのあたりを期待しながら、約3週間後を楽しみに待つとしますかね(^^A。


にほんブログ村 PC家電ブログへ
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する