FC2ブログ

連日のリコール情報

2020.10.29.Thu.21:16
私自身も使用している自動車2車種でリコール事案が発生した由。
トヨタ、「ノア」「ヴォクシー」など39車種で燃料ポンプに不具合 計21万363台をリコール
日産、「セレナ」計2万2955台をリコール LEDフォグランプが保安基準を満たさないおそれ』Car Watch

MC前後の差はあったりしますし、利用頻度の差もあったりしますが、NXとセレナは自分自身が”現行型”に乗っているのでリコール情報には敏感に反応してしまいます。(といいながら、今夏のデミオのエアコンの件は完全に見落としていましたが…大汗)
本家サイトなどでじっくり読んでみましたが、結論から書くと、2台とも今回は対象「外」になりそうです。

まずは日産セレナ。
対象は昨夏から秋の生産分なので、一昨年納車なウチのセレナはとりあえず対象外。でも、内容的には気になる部分もあるのですよね。
”LED仕様のフォグランプにおいて、製造過程で搬送する際の荷姿設定が不適切なため、搬送時の衝撃によりレンズの位置がずれ、光軸が保安基準を満足していないおそれがある”
”改善措置として、全車両の左右のLEDフォグランプを点検して、レンズの位置がずれている場合は良品に交換して光軸調整”
①搬送時に不具合発生⇒そんなにヤワなら納車後の通常使用時でもズレ易いのでは?
②ディーラーはそもそも引き渡し時に点検してからの納車ではないのか?⇒納車費用とか取っているのにね(苦笑
何ていうか、ちょっと酷いなと。

続いてLexus NX300。
リンク先記事だけ読むと対象車種と生産期間から判断して「対象」となるのですが、本家サイトには車種ごとの生産期間が書かれており、そちらから判断すると「対象外」。ややこしいですな。
部品の共用化が進めばコストダウンができる反面、一度設計不良が生じると他車種で影響が出てしまうという典型のような印象。そもそもLexusには共用によるコストダウンした部品を使うなよなぁ…と言いたい。その分のコストは顧客からすでに貰っているでしょうに。また、同種のリコールを春先に実施しており、今になって対象拡大するのも何だかなぁと。イメージダウンですな。

そういえば、旧タカタ(現JSS)が最近発表したシートベルトの件、どうなっているのだろうか。それこそ、前回のエアバッグ並みに大きな影響が出そうなのだけど、どうなるのですかねぇ…

にほんブログ村 PC家電ブログへ
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する