FC2ブログ

予定調和

2021.01.14.Thu.21:30
auがようやく新料金プランを発表したとの報。
「au」「UQ mobile」で新料金一挙発表、本誌記事まとめ』ケータイWatch

先行したドコモ(ahamo)、追随したSB(オンライン)からかなり遅れる形で越年となったauですが、結局のところは横並びな着地デシタ。これも「後出しじゃんけん」の効果なのか、3社横並びの予定調和な感じで何とも…。
au(povo)は見かけ上では安く見える反面、「1回5分の通話定額機能」が付いておらず、+500円で同機能を追加すると先行2社に並ぶ格好。+500円/GBで容量追加ができるところも、もっといえばオンライン申込専用のプランという立て付けも同一なので(以下ry
通話しない層「だけ」には向いているのでしょうが、その層は「200円で24時間」オプションも使いそうな感じで、結局メリットを享受できるのは一部に限られそうな予感がします。

既存の低容量向けな「ピタットプラン」は、①当面現状の形で提供、②ユーザーの要望を踏まえ、対応する必要があれば検討との社長談話があったそうです。「対応する必要があれば」とは「他社が値下げすれば」というのが本音なのでしょうが、「ユーザーの要望を踏まえ」などと取って付けたような言い回しをしているところも嫌ですな。

NTT再編に対して「公正な競争環境を」と訴える同社ですが、実際には競争とは正反対な現状を維持したいだけにしか見えず、どうにも同社の主張に対して共感できません。たしかに、NTTに対するDDIやauの発足時には「対抗軸」としての社会的な役割を果たしていたとは思うのですがねぇ…。


にほんブログ村 PC家電ブログへ
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する