FC2ブログ

10年間分の進化

2021.05.11.Tue.19:45
先日は外灯が切れましたが、今回はトイレのLED電球が寿命となりました。
どちらも設置から10年程度、寿命といえば寿命ですが、トイレの方は1日の間の点灯時間が短いので、少々早すぎる気もします。(現に、1Fトイレはまだ切れていないのに、2Fトイレだけですし…)

今まで使用していたのは、Pana製の50W相当モデル。約300°を照らす広角タイプですが、消費電力は11Wもありました。サイズ的にも全長124mmと結構長いです。広角を謳う割には、上方向への照度は然程でもないのですよねぇ。それでも当時は、まぁこんなモンかと思っていました。

今回購入したのは東芝の60W相当180°モデル。消費電力は7.3Wで全長98mm。サイズ的には白熱電球を下回わる程度なので、大分小さくなった印象。配光は狭くなったものの、光量が増したことや、セード内にすっぽり収まるサイズになったことで、全体的にかなり明るくなりました。価格的にも、前回購入時の約1/3程度なので、安くなったものですなぁ。

約10年ぶりにLED電球を購入しましたが、価格低減や省電力、そして小型化など色々な部分でのかなりの進化に驚いた次第です(^^


にほんブログ村 PC家電ブログへ
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する